生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. あなたは知ってる?「天網恢々疎にして漏らさず」の意味

あなたは知ってる?「天網恢々疎にして漏らさず」の意味

2014年08月12日作成

 views

「天網恢々疎にして漏らさず」という言葉をご存知でしょうか?

日常生活ではなかなか聞き慣れない言葉ですので、「どこかで目にしたことはあるけど、意味はわからない」「そもそも読めない」「聞いたこともないけどなんか強そう」という印象を持たれている方も少なくはないはずです。

そんな方のために、ここでは知っておいて損はない「天網恢々(てんもうかいかい)疎(そ)にして漏(も)らさず」の意味や語源・使い方をご紹介致します。

天網恢々疎にして漏らさず

言葉の意味

まず「天網恢々疎にして漏らさず」は「てんもうかいかい そにして もらさず」と読みます。「恢々」とは広くてゆったりしていること、「疎」とは目が粗いことを指します。それを踏まえてこの言葉の意味を考えると、

天が悪人を捕らえるために張り巡らせた網の目は広くて粗いが、悪事を犯した者は一人も漏らさず取り逃がさない。

という意味になります。ひいては「悪いことをすれば必ず天罰が下る」ということを意味しているのです。

この格言は『老子』『魏書』が出典元とされ、それぞれ『老子』に「天網恢恢、疎ニシテ失ワズ」、『魏書』に「天網恢恢、疎ニシテ漏ラサズ」とあるのに基づいています。

『老子』の記述により「天網恢々疎にして失わず」ということもあります。

類義語

「悪事を働けば天罰がくだる」という意味の言葉は他にもあります。

  • 当たる罰は薦着ても当たる
  • お天道様はお見通し
  • 天罰覿面(てんばつてきめん)
  • Heaven's vengeance is slow but sure.(天罰はすぐには来ないが、必ず来るものだ)
  • Murder will out.(悪事は必ずばれるもの)

国境や文化・宗教を越えて「悪いことをすると天罰が下る」という認識があったことがわかりますね。いつか罰を与えるという「天」や「神」という価値観、そして実際に罰を下す法律が、「悪いことをしないように」という秩序を生み出していたのでしょう。

さっそく使ってみよう!

「天網恢々疎にして漏らさず」という言葉の意味がわかったところで、早速使ってみましょう。

食い逃げに遭遇したとき

「あの巨漢、あれだけ食べておいて逃げきれるはずないよ!天網恢々疎にして漏らさずという言葉もあるしね」

食い逃げが逮捕されたのを目撃したとき

「まさに『天網恢々疎にして漏らさず』だね。悪いことをすれば必ず自分に返ってくるものさ」

自分が食い逃げをしてしまったとき

「な、なんとか逃げ切れた…しかし今は良くても、天網恢々疎にして漏らさずという言葉のとおり、いつかは罰を受けるんだろうな…」

食い逃げ実行から数年後、自分でオープンした店で食い逃げされたとき

「今ほど『天網恢々疎にして漏らさず』という言葉を実感したことはないよ」

食い逃げはやめましょう。

知的に効果的に使おう

「天網恢々疎にして漏らさず」という言葉の意味がわかったら、日常生活でもどんどん使っていきましょう!あなたの知的なイメージがさらにアップするかもしれませんよ。

(image by amanaimages 1 2)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140812175524 53e9d67c4dea1
  • 20140812185149 53e9e3b5d0cd0

本記事は、2014年08月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る