生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 男心にぐっとくる!?思い切ってハロウィンで着てみたい女性のコスプレアイディアまとめ

男心にぐっとくる!?思い切ってハロウィンで着てみたい女性のコスプレアイディアまとめ

2014年08月06日作成

 views

お気に入り

「トリック・オア・トリート!(お菓子をくれなきゃいたずらしちゃうぞ!)」という可愛いフレーズとともにお菓子をもらいにやってくる可愛い子どもたち。見ているだけで微笑ましい気持ちになりますよね。

とはいえ、最近のハロウィンは子どもより、もはや大人が主役。可愛いコスプレが楽しめる貴重な1日に、胸を高鳴らせている女性も多いのではないでしょうか?

どうせコスプレをするなら、意中のお相手に胸きゅんしてもらいたいと思うもの。今回は、恋の相手を仕留めたい女性におすすめな、グッとくるハロウィンのコスプレをご紹介します。

目次

ハロウィンのコスプレ:王道編

小悪魔

決め台詞:「わたし、こんな格好したのはじめて…!」
グッとポイント:ふりふりのスカート

「可愛いことが言えない…」という人にオススメなのが小悪魔コスプレ。服装を小悪魔モードに切り替えてしまえば、小悪魔な言葉も浮きません。デビル役になりきれればあとはこっちのもの。「ここに来たのはじめて…!」や「もし私が付き合ってほしいって言ったらどうする?」なんていうあざといセリフもなんのその。

ポイントはふりふりのミニ丈スカートと網タイツの間からのぞく太もも。見えそうで見えないぎりぎりのラインにはそそられるものがありますね。

黒猫

決め台詞:「恥ずかしいにゃんにゃん」
グッとポイント:背中からお尻にかけてのカーブ

「小悪魔モードは過激すぎてムリ!でも似たような格好がしたい…」という人は、黒猫になりきってみましょう。小悪魔をほんの少しだけ清楚にした黒猫は、コスプレ初心者の人にぴったり。気づいたときには、何のためらいもなく「にゃーにゃー」言っているかもしれません。

ポイントは、背中からお尻にかけてのカーブ。女性的なラインが綺麗に決まります。

魔女っ子

決め台詞:「おソノさん……。(黙ってうつむく)」
グッとポイント:紅潮した頬

「正直、コスプレなんかしたくない。でも友達が一緒にやろうって言うから…」とあまり乗り気でない人にオススメなのは魔女っ子コスプレ。露出も少なく、シンプルに出来上がります。やりすぎたコスプレに引いてしまう、清楚指向の男性にもウケがいいので、思い切ってトライしてみるのもありかもしれません。

とにかく「こんな格好をしてしまって恥ずかしい」と顔を赤らめていれば充分に可愛く見えるので心配ありません。どうせなら、「魔女の宅急便」の台詞も言ってみましょう!なお、荷物が重くなるのが嫌ならホウキは持たなくてもオッケー。

ハロウィンのコスプレ:不思議の国のアリス編

アリス

決め台詞:「白いウサギ、見なかった?」
グッとポイント:白エプロンに隠された胸

手っ取り早くハロウィン感を出したいなら、「不思議の国のアリス」は王道です。可愛いうえに知っている人が多くて、親しみやすいのが特徴。特にアリススタイルは流行っているので、カジュアルに着られそうです。

ポイントは「清楚な色気」。あえて見せない色気を演出するのに、アリスコスチュームはぴったりです。

ハートの女王様

決め台詞:「私の靴をお舐め!」
グッとポイント:きわどい網タイツ

強気に攻めたい人は女王様キャラに徹するのもあり。赤×黒の配色を選ぶと、女らしさと凛としたセクシーさが浮き立ちます。ハートやティアラなどの可愛らしいグッズを取り入れるのもポイントです。

仕上げに網タイツで決めれば、女豹にも負けない挑戦的な女王様に。

ハロウィンのコスプレ:流行りもの

ヒット・ガール

決め台詞:「野郎ども、どこまでやれるかみせてみな」
グッとポイント:見えそうで見えない表情

ネット上でも大人気の「キック・アス」。そこに出てくるクロエ・モレッツ演じる「ヒット・ガール」のかっこよさとセクシーさが話題を呼んでいます。紫色のボブヘアと色っぽい衣装。仮面をかぶってしまうので、顔を見られたくないという人にはもってこい。

見えそうで見えない表情に、気になる男性をドキッとさせることができるかもしれません。

セーラームーン

決め台詞:「月にかわってお仕置きよ!」
グッとポイント:童心にかえるこころ

90年代に大ヒットしたアニメ「美少女戦士セーラームーン」、ここのところ20周年ということで再ブームがきています。胸元の大きなリボンとミニスカート。萌えどころ満載のセーラー服はハロウィンのコスプレにもぴったり。

セーラームーンを知っている世代同士が交流する場では、自然と盛り上がるはずです。月にかわってお仕置きをいっぱいしちゃってください。

コスプレに「恥じらい」は不可欠!

「コスプレなんて初めてだし…」「やったことないから恥ずかしい」とためらっている人もいるかもしれません。ハロウィンとはいえ、コスプレに恥じらいはつきものです。むしろ「恥じらい」こそがグッとくるポイントのひとつになることも。

これまでコスプレに挑戦したことがなかった人も、今年こそはぜひトライしてみてくださいね!

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20141027154502 544de9eede0fb

本記事は、2014年08月06日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る