生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 担当者の準備はOK?防災訓練マニュアルの基本&無料イラスト集まとめ

担当者の準備はOK?防災訓練マニュアルの基本&無料イラスト集まとめ

2014年08月05日作成

 views

実際の防災訓練は数時間で終わりますが、主催側は準備しなければなりませんね。マニュアル作り1つとっても種類がたくさんあり、案外手間取るのものではないでしょうか。

この記事では防災訓練を行う団体の担当者が参考にできるマニュアル作成の基本と、使えるイラストをまとめてみました。

目次

これで安心!マニュアルに盛り込むべき4つのこと

ここでは一般的に防災訓練のマニュアルに盛り込んでおくと良い内容とポイントをご説明します。施設や団体によってそれぞれ災害への対策は異なるので、基本的な部分だけご説明します。

ここでの災害は、地震の発生を想定しています。

1:知識…災害の被害・災害後の対策知識

予備知識として、災害が起きたときにどのような被害が出るのか記します。例えば地震の場合、震度のレベル別に起こりえる被害状況を説明します。

また、災害後の避難場所、位置も載せます。

災害後のライフライン・配給などの復旧状況を、時系列順に図を入れて説明すると、より具体的に震災時の生活のイメージがつきやすいので、おすすめです。

意外と見落としがちなのが二次災害(津波・火災・余震・土砂災害・液状化など)。知識があるかないかが命取りになることもあるので、しっかりと盛り込みましょう。

2:実践…シミュレーション訓練・避難訓練方法

災害発生時の実際の動きを想定して説明します。実際の災害時にはマニュアルを見ている余裕がないので、訓練時で理解・具体的にイメージできるように、避難訓練の方法、避難経路、行動パターンを載せましょう。

フローチャートや図で、具体的なアクションのパターンを説明するとわかりやすくなります。

二次災害の火災や津波が起きた場合について、どのように避難をするのかも記すようにします。

3:情報管理…緊急時の情報連絡手段・組織体制の確認

災害時には電話・メール等が繋がらなくなることが予想されるので、それに頼らない連絡手段をあらかじめ用意しておくことが大切です。

もしもの時に誰が中心に動くのか、安否の確認はどうするのかを組織体制を明確にしておきましょう。

人数の多い企業などの場合、何十人かずつで班をつくっておく、ネット上やアプリを使っての安否確認方法を用意しておくのも手です。

デマの情報に惑わされず、正しい情報の確保・判断が各自で行えるように備えましょう。

4:その他の項目

様々な種類のマニュアル(職場の災害対策マニュアル例)がWEBで公開されているので参考にしてみてください。

また文部科学省内閣府消防庁、各市町村の運営するホームページなども参考になります。

これだけ押さえる!マニュアル作成時の3つのポイント

実践可能で簡単なものにする

マニュアルはあくまで想定した自然災害に備えて作るもの。机上の空論で終わらないように、実行可能かどうかに注意して災害時の対策を記すようにしましょう。

PDCAサイクル(計画→実行→評価→改善)が大切です。1度防災訓練を終えたら、反省点・問題点を洗い出し、次の訓練へ活かしましょう。

動きを明確に・覚えやすくする

突然の震災のときは、知識はあっても慌ててしまうものだと思います。パニックになっていても、冷静に行動するにはマニュアルで読んだこと、行ったことがスムーズに出てくるようにしなければなりません。

そのためにも誰が読んでも簡潔に、わかりやすく仕上げることが重要です。「この場合はどう動く」がわかる、被害別のパターン行動をたくさん入れるとよいでしょう。

覚えやすい合言葉を作っておくのも有効です。筆者も小学校で教えてもらった火事のときの合言葉「おかしも(押さない 駆けない しゃべらない 戻らない)」を今でも覚えています。

環境の特性を考える

災害は自分のいる場所によって被害の規模、ライフラインが異なることを頭に入れて置かなければなりません。そのため、ここが郊外なのか都市なのかといった、環境・土地の特性を配慮してつくることが大切です。

どのような二次災害が予想されるのか、現在地から自分の避難する場所、医療機関や警察署などへの位置・距離を把握できるようなマニュアルを目指しましょう。

ハザードマップという、予想される自然災害と被害を地図上で表したものが参考になります。

マニュアル作成に大活躍!無料イラスト素材集6選

実際にマニュアルを作るときには、イラストを一緒に使うと見やすく、内容が伝わりやすくなり効果的です。ここでは無料で使える防災訓練のイラストをまとめています。

上記「マニュアルに盛り込むべきこと」で使用しているイラストは、ここで紹介しているフリーイラストの一部です。

防災全般:防災と安全イラスト集

自然災害のイラストから避難所まで、防災訓練全般のイラストを網羅しています。サイズが小さめなのでワンポイントとして使うのにおすすめです。

防災訓練:秋の季節・9月の行事イラスト

防災の日1/秋の無料イラスト【白黒イラスト素材】

白黒の無料イラスト素材、カット、線画

www.sozai.rdy.jp

モノクロのイラスト素材もあるので、カラープリントしない場合に適しています。

火事:季節のイラスト・画像・フリー素材「花鳥風月」

防災の日部分では、主に火災関連のイラストが載っています。二次災害での火災発生時の説明と一緒に使うと効果的です。

防災訓練・避難:こどもや赤ちゃんのイラストわんパグ

防災訓練のイラスト/無料イラスト・フリー素材

防災訓練のイラスト無料(フリー)素材です

kids.wanpug.com

避難状況のイメージイラストとして使えそうな、かわいらしいイラスト素材です。カラーともモノクロの2種類があります。

応急処置:「保建だより」イラスト素材集

学校での保健だよりや、保健指導教材向けのイラストですが、応急処置のイラストが段階別にまとまっています。

養護教育以外の人が使用する場合は連絡が必要です。

自然災害:災害・事故関係フリーイラスト素材

災害・事故 - Disaster and Accident

災害/事故関係のフリーイラスト素材

disaster-accident.com

黒い影絵のようになっている自然災害や事故のイラスト集です。ベーシックに使えるので、職場などで活躍しそうですね。

防災訓練は心構えから!

2011年に起きた東日本大震災で、100年に1度の大災害に耐えられると言われていた堤防が壊れ、津波で多くの被害が出ました。これをきっかけに、避難対策への関心が高まった方も多いのではないでしょうか。

地震、津波、火事、台風などはいつ誰に起こるのかわかりません。マニュアルを活用して自分の命は自分で守れるよう、1人1人がしっかり気を引き締めておいてくださいね。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140731155517 53d9e8553f033
  • 20140804121912 53defbb03c76a
  • 20140804121148 53def9f4a222a
  • 20140804122220 53defc6ce265a

本記事は、2014年08月05日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る