生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. 冷房で冷えた体をホットに!きのこ入りキムチスープの作り方

冷房で冷えた体をホットに!きのこ入りキムチスープの作り方

2014年08月05日作成

 views

お気に入り

長時間冷房にあたっていると、手足が冷たくなったり、体がだるくなってきますよね。そんなときは温かくて辛いものを取り入れて、思いっきり汗をかいてみてはいかがでしょうか。

今回は、夏にこそ食べたい、きのこ入りキムチスープの作り方をご紹介します。

目次

材料(2人分)

  • キムチ・・・100g
  • ぶなしめじ・・・1/2袋
  • 卵・・・1個
  • 小口ねぎ・・・6本
  • ごま油・・・大1/2
  • 鶏がらスープのもと(顆粒)・・・小1
  • 水・・・400g

作り方(調理時間:10分)

STEP1:食材をカットする

ぶなしめじは根元を切り落とし、小房に分けておきます。

小口ねぎは5cmの長さにカットします。

STEP2:炒める

ごま油を熱した鍋に、ぶなしめじ・キムチを入れて1分ほど炒めます。火加減は最後まで中火です。

STEP3:煮込む

水・鶏がらスープのもとを入れて沸騰させ、そのまま3分煮込みます。

STEP4:ねぎと卵を入れる

小口ねぎを入れます。ねぎはシャキシャキの食感を残すために、卵を入れる直前に入れます。

溶いた卵を回し入れ、20秒ほどで火を止めます。

STEP5:完成

卵が半熟状になったら完成です。

作り方のコツ・注意点

今回はぶなしめじを使用しましたが、しいたけやエリンンギ、えのきなど他のきのこでも試してみてくださいね。スープが残ったら、白いご飯を入れてクッパ風にして食べても美味しいです。

さいごに

卵で少しマイルドになっていますが、熱いキムチスープが食べた瞬間から体をホットにしてくれます。きのことネギ入りで栄養も取れるので、夏バテしたときにもおすすめですよ。少しでも参考にしていただけたら嬉しいです。

(image by 筆者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140805104029 53e0360d56d79
  • 20140804201223 53df6a97e111e
  • 20140804201816 53df6bf828d57
  • 20140804201834 53df6c0ac1667
  • 20140804201907 53df6c2b31829
  • 20140804201928 53df6c4062e42
  • 20140804201949 53df6c550c20b
  • 20140804202008 53df6c68937dd
  • 20140804202031 53df6c7f04cc7

本記事は、2014年08月05日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る