生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. 暑いときでもさっぱりといただける!冷奴丼の作り方

暑いときでもさっぱりといただける!冷奴丼の作り方

2014年08月05日作成

 views

お気に入り

暑い日が続くと、ご飯のメニューを考えるのもおっくうですが、ここでは、火を使わずに簡単に作ることができて、さっぱりといただける、冷奴を使った丼の作り方をご紹介します。

目次

材料(1人分)

  • 絹ごし豆腐:1人分
  • ミョウガ:1個
  • 小ねぎ:1/2本
  • オクラ:2個
  • 焼き海苔:1/4枚くらい
  • かつお節:適量
  • シラス:大さじ1程度
  • 醤油:適量
  • ごはん:1人分
  • 生姜(チューブ):適量
  • 塩:小さじ1程度

絹ごし豆腐は、1人分でパックされているもので、1/8丁くらいの大きさのものを使いました。

作り方(調理時間:15分)

STEP1:豆腐の水抜きをする

豆腐をパックから出して、お皿などの重しをして10分ほど置き、水抜きをします。

STEP2:ミョウガと小ねぎを切る

ミョウガと小ねぎをみじん切りにします。

STEP3:オクラを下ごしらえする

オクラに塩をまぶし、まな板の上で手のひらで転がします(板ずり)。

塩を水で流して、小口切りにします。

STEP4:盛り付ける

丼に、ご飯をよそります。

海苔を細かくちぎって散らします。

かつおぶしを振りかけます。

適当な大きさに切った豆腐を乗せます。

オクラ、ミョウガ、小ねぎ、かつおぶしを、きれいに乗せます。

STEP5:出来上がり

シラスと生姜を乗せ、醤油をまわしかけて出来上がりです。

作り方のコツ・注意点

豆腐は、軽くで構わないので水切りをした方が、べしゃっとせずに美味しくいただけます。

おわりに

乗せる具材は、お好みで量を加減してください。ポン酢しょうゆや、食べるラー油を使っても、美味しくいただけます。暑くてメニューが思い浮かばないときの一品に、是非、試してみてください。

(image by 筆者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140805001421 53dfa34de7f61
  • 20140805001437 53dfa35dc96e8
  • 20140805001453 53dfa36d8ecdd
  • 20140805001510 53dfa37e05ce9
  • 20140805001525 53dfa38df3ce2
  • 20140805001544 53dfa3a04d63b
  • 20140805001602 53dfa3b2d19cf
  • 20140805001626 53dfa3cade0e9
  • 20140805001654 53dfa3e687e88
  • 20140805001707 53dfa3f3ddba5
  • 20140805001725 53dfa405808ab
  • 20140805001740 53dfa414b6c1c
  • 20140805001421 53dfa34de7f61

本記事は、2014年08月05日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る