生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 踊る阿呆によさこい祭り!豪華絢爛太鼓台まで!四国三大祭の基礎知識

踊る阿呆によさこい祭り!豪華絢爛太鼓台まで!四国三大祭の基礎知識

2014年08月01日作成

 views

お気に入り

夏に入り、全国各地では様々な祭りが催されています。中でも、徳島の「阿波踊り」、高知の「よさこい祭り」、愛媛の「新居浜太鼓祭り」から構成される「四国三大祭り」には、毎年多くの観光客が訪れ賑わいをみせています。

今回はそんな「四国三大祭り」の基礎知識について紹介します。祭りの特徴や見どころを知ることで、それぞれ祭りの魅力について探っていきましょう!

目次

四国三大祭り1:徳島県「阿波踊り」

EMBED://www.youtube.com/watch?v=YRSjvFknAU8

-開催日時:2014年8月12(火)~15日(金)
- 開催場所:徳島県徳島駅周辺地域
- 来場者数:120~140万人

阿波踊りは、「踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らな損損」のフレーズでお馴染みの徳島を代表するお祭りです。

「四国三大祭り」のひとつとしてだけでなく、「日本三大盆踊り」のひとつとしても知られている日本を代表する大祭りです。

なお、「日本三大盆踊り」に関しては、以下の別記事を御覧ください。

古き良き伝統を堪能しよう!日本三大盆踊りの基礎知識

【nanapi】 夏といえば盆踊り!太鼓や笛で奏でる音楽にあわせて、老若男女みんなで輪になり踊る姿は夏の風物詩といえます。しかし、盆踊りと一括りに言っても、各地域によってその種類は様々です。中でも、日本三大盆踊りである「西馬音内盆踊り(秋田県)」「郡上八幡盆踊り(岐阜県)」「阿波踊り(徳島県)」は長...

nanapi.com

祭りを彩る「連」たち

EMBED://www.youtube.com/watch?v=RZQcHeN2LNA

阿波踊りの主役である踊り子たちは、それぞれ「連」と呼ばれるグループに所属しています。

連の規模は様々で30人程度から500人程度まであり、中でも技量練達した連は「有名連」と呼ばれています。

動画は、有名連のひとつである「さゝ連」の演舞です。

多種多様な演舞体系!

EMBED://www.youtube.com/watch?v=tp10ihSRfHA

徳島市阿波おどりの参加連は1000組にも及びますが、それぞれ鳴り物や踊りには違いがあります。その中でも、「三大主流」と呼ばれる主な形態は以下のとおりです。

  • のんき調:有名連「のんき連」に由来。つま先を立て、腰をブラさず、上半身は自由に明るく踊る。
  • 娯茶平調:有名連「娯茶平」に由来。腰を低く落とし、前傾姿勢を維持したタメのきいた踊り。
  • 阿呆調:有名連「阿呆連」に由来。リズムカルに、跳ねるように踊る。

連を支える多様な「鳴り物」たち

EMBED://www.youtube.com/watch?v=Ht7hdVP1D_0

連の演舞を支えるのが「鳴り物」と言われる楽器です。主に、以下のような楽器を使用して踊り子の演舞に華を添えます。

  • 鉦:指揮的役割を担当。全体のリズムを整える楽器。
  • 篠笛:澄んだ音色で踊り子たちの踊りを盛り上げる。
  • 大太鼓:腹の底まで響く迫力で踊り子や観客を魅了させる。
  • 三味線:歯切れのいい演奏で踊りにメリハリをつける。
  • 締め太鼓:高く乾いた音色で全体の演奏にさらなる厚みを持たせる。
動画は三大主流のひとつ「阿呆連」の鳴り物です。

四国三大祭り2:高知県「よさこい祭り」

EMBED://www.youtube.com/watch?v=kZo7WylngSY

-開催日時:2014年8月9日(土)~12日(火)
- 開催場所:追手筋本部競演場、中央公園競演場はじめ全15会場
- 来場者数:約100万人

「高知よさこい祭り」は、毎年8月9日の前夜祭、8月10日と8月11日の本番、8月12日の全国大会・後夜祭の4日間で行われる高知県の祭りです。

8月10日・11日の本番では、市内15ヶ所で約150のチーム、1万5000人が演舞を繰り広げる日本を代表する大祭りです。

ポップスあり!ロックあり!サンバあり!自由に踊れる祭り

  • チームあたりの参加人数150人以下であること
  • 鳴子を持って前進する振り付けであること
  • よさこい鳴子踊りのメロディーを必ず入れること
  • 地方車は各チーム1台必須

という大まかなルール以外は基本自由である「よさこい祭り」。出場チームの中には、ロック調を取り入れたり、ポップス調を取り入れたりと、各チームが個性豊かな踊りで表現します。

千差万別!祭りを彩る踊り子の衣装

踊りが自由なら衣装も自由!各チームそれぞれの踊りの世界観に合わせて、多種多様な衣装に身を包みます。

なお、衣装は追手筋本部競演場における本番での審査基準のひとつであるため、踊りと同様にチームのプライドをかけた表現の一つになっています。

EMBED://www.youtube.com/watch?v=io8Z5xQp3BA

例えば、高知県理容生活衛生同業組合から構成されるよさこいチーム「り組」は、理容室のサインポールに因んだ衣装で、「第58回 高知よさこい祭り」にて審査員特別賞を受賞しています。

一糸乱れぬ華麗な演舞!

華麗な衣装を身に纏い、大勢の踊り子が列になって踊るさまは圧巻の一言。特に、何度も表彰されている有名チームの踊りは息を呑むほどの美しさです。

中でも、例年受賞チームに名を連ねる有名チーム「十人十彩」の踊りは優雅かつエネルギッシュ!このチームは、第59回の金賞受賞チームでもあります。

四国三大祭り3:愛媛県「新居浜太鼓台祭り」

EMBED://www.youtube.com/watch?v=OLSZEj7PnkA

-開催日時:2014年10月16日(木)~2014年18日(土)(一部地域では10月15日から10月17日、10月第3週末に開催)
- 開催場所:愛媛県新居浜市
- 来場者数:約30万人

「新居浜太鼓祭り」は、太鼓台と呼ばれる豪華絢爛な山車を担ぎ、新居浜市内を練り歩く愛媛県を代表する秋祭りです。

中でも、互いの太鼓台を向かい合わせ勢い良くぶつける「喧嘩」は、この祭りの名物となっています。

祭りの詳細に関しては、以下の別記事にも記載していますので、合わせてご御覧ください。

EMBED://nanapi.jp/117816/

###金銀糸で作られたきらびやかな「太鼓台」

EMBED://www.youtube.com/watch?v=0y-op_EqVjk

新居浜太鼓祭りの主役である太鼓台は、神社の祭礼において練り出される山車の一種で、内部に太鼓が積まれているのが特徴です。

太鼓台全体は金銀糸で縫われた幕で覆われており、各太鼓台によって模様が異なります。

動画は、昨年新調した金栄太鼓台の映像です。

迫力満点な「かきくらべ」

EMBED://www.youtube.com/watch?v=S2N9TdGA0-g

数台の太鼓台が一箇所に集い、かき夫の力だけで太鼓台を勢い良く動かす「かきくらべ」は、この祭りの目玉です。

「男祭り」でもある新居浜太鼓祭りでは、かきらべの会場が男衆の大声と低く轟く太鼓の音色によって熱気に包ます。

一発触発!危険いっぱいの「喧嘩」

EMBED://www.youtube.com/watch?v=YYzl1l5Yw9o

「かきくらべ」同様、新居浜太鼓祭りの名物である「喧嘩」。新居浜太鼓祭りが別名「喧嘩祭り」とも呼ばれている由縁はこの喧嘩にあります。

もともと、漁師達の漁業でのトラブルから始まったとされるこの行為ですが、時を経った現在も伝統として続けられています。

互いの太鼓台を向かい合わせて勢い良くぶつける喧嘩では、会場が緊張感に包まれ、異様な盛り上がりをみせます。

それぞれの良さが光る四国三大祭り

数多の楽器から成り立つ鳴り物が特徴的な「阿波踊り」、一糸乱れぬ華麗な演舞で人々を惹きつける「よさこい祭り」、豪華絢爛かつ豪快な「新居浜太鼓祭り」とそれぞれ魅力あふれる祭りを紹介しました。

祭りには歴史があります。今回は踊り子や太鼓台、鳴り物など祭りの表面的な部分を紹介しましたが、その裏に隠された祭りの歴史なども探ってみるとより楽しむことができるでしょう。

今回の記事を参考にして、今年のお祭りは四国で堪能してみてはいかがでしょうか。

(image by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140729181907 53d7670b4bbb7

本記事は、2014年08月01日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る