生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 喜ばれる東京土産の新定番!「東京たまご すいーとぽてたまご」

喜ばれる東京土産の新定番!「東京たまご すいーとぽてたまご」

2014年07月31日作成

 views

お気に入り

夏休みということで東京観光に行かれる方も多いのではないのでしょうか?東京といえばこれ!という定番のお土産も良いですが、正直「またこれか…」となりますよね。

そこで、ここでは人と被らない東京土産「東京たまご すいーとぽてたまご」をご紹介いたします!

目次

紹介するお土産

お店・場所

銀座たまや

本店:東京都中央区銀座7-14-14

東京駅内の購入可能店舗は、銘品館東京中央店と銘品館東京南通路店です。

「銀座たまや」の詳細はこちらです。

特徴・値段・おすすめのポイント

徳島県産さつま芋「鳴門金時」を使用したさつま芋あんを紫芋を混ぜ入れたホワイトチョコと国産小麦粉100%のカステラ生地で包んだお菓子です。

値段は、税込で8個入り 800円、12個入り 1190円、18個入り 1750円。

おすすめのポイントはなんとしても、この紫色のたまごというミステリアスな見た目!開けた途端「なんだこれ?!」となること間違いなし!

お土産を購入した際の体験談

友人とスカイツリー目当てで東京観光に行った際に家族のために購入したのがこの東京たまご すいーとぽてたまごでした。

出発前に母から「お土産は甘いものがいい」とリクエストされていたので、銘品館で何かないかと探していたところ、一際異彩を放つ紫色の卵を発見。「なにこれ?」と思い、取り敢えず8個入りを購入して帰りました。

帰宅して母に手渡すと早速開封。そして一言「なにこれ!」著者自身も気になっていたので母と一緒に食べて見たのですがびっくり!

「なにこれ?!めっちゃ美味しい!」

見た目が紫色だったのは、紫芋を混ぜたカステラ生地で、中身はしっとりとしたスィートポテトのような芋あんでした。

どうやら母だけでなく父もとても気に入ったようで、以来、著者家では誰かが東京へ行った際のお土産は、すいーとぽてたまご というのが定番となりました。

注意点

賞味期限は3週間なので、食べる際や渡す際は注意しましょう。

おわりに

いかがでしょうか?手渡すと大抵「なにこれ!」と言われますが、「まあ食べて見てよ」と得意げに言うのもお忘れなく!

ぜひ参考にして下さい。

(image by amanaimages)
(image by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140727191941 53d4d23d52d04
  • 20140727192156 53d4d2c40b030

本記事は、2014年07月31日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る