生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. クロコダイルとアリゲーターの違いを簡単に見分ける方法

クロコダイルとアリゲーターの違いを簡単に見分ける方法

高級なバッグの代名詞ともいえる「エルメス」の「バーキン」ですが、その中でも「クロコ」と呼ばれるワニ革のバッグは1つが1000万円くらいするものも……!ワニといってもいろいろいますが、バッグに加工されてそんなに高いのは主にクロコダイルだけ。種類で値段が全然違うのです。一見似ているけれどクロコダイルとアリゲーターの違いとその見分け方についてまとめました。くれぐれも動物園でワニを見たときに「あのワニいくらになるんだろう」などとは考えないでくださいね!

2014年07月29日作成

 views

ジャングルやサバンナの水辺に潜む獰猛な爬虫類、ワニ。

ワニというと日本語ではこの一単語しかありませんが、英語ではクロコダイルやアリゲーターという呼び方があるのを聞いたことはありませんか?呼び方はどちらも知っているけれど、どこがどう違うのかまで知っている人は意外に少ないです。

そこで今回は、顔を見るだけでクロコダイルとアリゲーターを見分ける簡単な方法をご紹介します。

目次

クロコダイル

クロコダイルはワニ目クロコダイル科の仲間です。

特徴1:下あごの、前から数えて4番目の歯がとても大きく、口を閉じても歯の尖端まではっきり見える。
特徴2:真上から見た時の頭のシルエットが、シャープなV字型。

気性の荒い種が多く、人間を襲う人食いワニの多くはクロコダイルです。

アリゲーター

アリゲーターはワニ目アリゲーター科の仲間です。

特徴1:下あごの4番目の歯の尖端は、口を閉じると見えない。

特徴2:真上から見た時の頭のシルエットが、幅広いU字型。

ちなみにカイマンはアリゲーターの仲間。しかし、カイマンの1種であるメガネカイマンのなかには、4番目の歯がクロコダイルのように大きく露出している個体もいるようです。

ガビアル

ちなみにワニにはさらに特徴的な仲間がいます。ワニ目ガビアル科のガビアルです。

特徴1:口がすごく長い。ひたすら細長い。

ガビアルは流れの速い河川に生息しており、この細長い口で素早く魚を捕まえて食べています。

さいごに

顔だけでワニを簡単に見分ける方法、いかがでしたでしょうか。

これらの特徴を覚えておいて動物園や雑貨屋さんでワニを見かけた時にサッと見分けてみせると、ちょっとだけ尊敬される、かも、しれません。

(image by Wikimedia Commons 1 2 3 4)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140729015939 53d6817bbbfc2
  • 20140729020338 53d6826a153d9
  • 20140729020408 53d6828809a11
  • 20140729020819 53d683833bf13

本記事は、2014年07月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る