生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. まだ夏気分?オシャレな人が実践している「暑苦しくない秋コーデ」のポイント

まだ夏気分?オシャレな人が実践している「暑苦しくない秋コーデ」のポイント

2014年07月23日作成

 views

お気に入り

もう店頭には続々と秋物の洋服が並び出しはじめましたね。流行に敏感なオシャレさんなら、周りより一足先に秋コーデに挑戦したいものではないでしょうか。

だからといって全身秋物でコーディネートしてしまうと、せっかくトレンドアイテムを取り入れても、季節感がなさすぎて浮いてしまいますよね。

そこで、今から取り入れられる秋コーデのポイントについてご紹介します。

目次

夏から取り入れる秋コーデのポイント1:色みを暗くする

暗めのトーンで一気に秋らしく

夏服は全体的に明るいトーンのものが多いですよね。それを少し暗めの色みに変えるだけで、秋らしい印象に仕上げることができます。たとえば同じ赤でも、鮮やかな色合いのものから、えんじ色や朱色のような黒みがかったものに変えるだけで秋コーデを取り入れられますよ。

トレンドカラーも要チェック!

また、毎年夏頃までには秋冬の流行カラーが発表されているので、積極的に取り入れてみましょう。

夏から取り入れる秋コーデのポイント2:柄物を取り入れる

まずはチェック柄!

秋コーデの定番といえばチェック柄ですよね。コーディネートに1つチェック柄のアイテムをプラスすれば、さりげなく秋らしさを取り入れることができます。

特にタータンチェックやグレンチェックがおすすめ!

千鳥格子やレオパードなども

他に、千鳥格子やレオパードなども秋らしい柄です。自分の好きな柄をチョイスしましょう。

夏から取り入れる秋コーデのポイント3:素材を変える

スエードやベロアなど起毛した生地が秋らしい

夏と秋では、洋服に使われる生地の素材も変わってきます。スエードやベロアなど、表面が起毛している生地は秋にピッタリの素材です。

厚めの生地を選ぶ

また、生地の厚さも夏と秋では違いますよね。夏は薄くてふんわりした生地がほとんどですが、秋らしさを出すためには、厚手で重みのある生地を取り入れましょう。

夏から取り入れる秋コーデのポイント4:ショートブーツを履く

サンダルをショートブーツにチェンジ!

オシャレは足元からと言いますよね。夏らしいサンダルをショートブーツにチェンジするだけで、秋を感じさせるコーディネートに。簡単で手軽なテクニックです。

色は黒や茶色などを選ぶと秋らしさがアップします。

ブーティーでもOK

筒部分がほとんどないブーティーは、パンプスに近い感覚で取り入れられるので、ショートブーツだと暑苦しく感じる人にもおすすめです。

夏から取り入れる秋コーデのポイント5:長袖を腕まくりして着る

袖の長さから秋を取り入れよう

もっとも季節感が出やすいのは袖の長さではないでしょうか。トップスを半袖やノースリーブから長袖に変えるだけで、一気に秋らしいコーディネートになりますよ。ただ、普通に着るだけではまだまだまだ暑くるしいので、腕まくりをして着るようにしましょう。

手首を見せることで、着痩せ効果も得られますよ!

上に羽織るのもOK

夏仕様のコーディネートの上から、長袖シャツやカーディガンを羽織るだけでも秋らしさを取り入れられます。もちろん腕まくりは忘れずに。

夏から取り入れる秋コーデのポイント6:小物から取り入れる

小物なら簡単に取り入れられる!

コーディネートの色や素材を変えるのは、なかなか加減が難しいという人は、小物で取り入れる方法が簡単でオススメです。普段の夏スタイルに秋物のバッグやアクセサリーを取り入れるだけでOKです。

夏から取り入れる秋コーデのポイント7:ネイル、メイク、髪色を変える

ネイル、メイク、髪色もコーディネートの一部

オシャレ好きな人にとってネイルやメイク、髪色はコーディネートの一部ですよね。細部から取り入れることで、自然に違和感なく秋スタイルに移行することができます。

スモーキーな色合いにチェンジ!

それぞれを夏らしい鮮やかなカラーから、スモーキーな色合いにチェンジするだけで秋らしい印象を与えることができます。

夏から取り入れる秋コーデは暑苦しくならないように!

夏から取り入れられる秋コーデのポイントは、秋物のアイテムを、暑苦しくならないように見せるというところです。

ぜひ、一足先に秋コーデを取り入れて周りの人と差をつけてくださいね!

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140812183455 53e9dfbfa4771

本記事は、2014年07月23日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る