生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. 人感センサーにハイタイプ!?注目の「最新こたつ」と選び方

人感センサーにハイタイプ!?注目の「最新こたつ」と選び方

2014年07月23日作成

 views

こたつにみかんは最高!家族でひとつの卓を囲んで談笑するのは、日本ならではの冬の過ごし方ですよね。ところで、ちゃぶ台に掛け布団が定番の「こたつ」ですが、最近では「人感センサー」付きのこたつやテーブルの位置が高い「ハイタイプ」のこたつなど、さまざまな種類が出回っているようです。

そこで今回は、そんな最新のこたつと、家具調こたつを選ぶときの大切なポイントをご紹介します!

話題沸騰中!こたつの最新アイテムまとめ

人感センサーこたつ

今、もっとも話題になっているのが、スイッチを押さなくても暖めてくれる「人感センサー」付きのこたつ。外から帰ってきてこたつに脚を入れると、すぐさまセンサーが察知して自動でスイッチオン!また、一定の時間、こたつ内で人の不在が続くと自動的にオフにしてくれます。

うっかり「こたつ、つけっぱなしにしてきちゃった…」なんて外出先で気づいたときも安心です。面倒なスイッチの手間が省けますし、煩わしいリモコンもないので、人気を集めています。

「人感センサー」はこたつの脚の部分についています。蹴ったり乱暴に扱って壊したりしないよう注意してくださいね。

ハイタイプこたつ

机の脚が高く、椅子に座っていても入れるタイプの「ハイタイプこたつ」。床に座るこたつとは違い「脚がしびれない」「ダイニングテーブルと兼用しやすい」などの理由から、小さなお子さんのいる家庭を中心に人気のようです。

座布団やラグマット、座椅子に座るこたつとは違い、お尻や脚が痛くなりにくいのは嬉しいところ。これなら一家団らんも楽しめそうですね。また、おうちで仕事や作業をする人にもぴったりです。

掛け布団に一辺ずつ大きな切れ目が入っているので、布団を無理やり引っ張らずに暖まれるのもポイントです。

和洋折衷こたつ

「こたつ」と言えば、日本ながらのちゃぶ台タイプが思い浮かぶのではないでしょうか?こちらのこたつは、なんと猫脚タイプ!掛け布団をはずすと、アンティーク調のクラシックなデザインのテーブルに早変わりです。

机の裏側には、しっかりとヒーターがついています。猫脚タイプのこたつは、部屋のインテリアにこだわりのある女性に人気があるようです。

モダンこたつ

洗練されたシンプルモダンなこたつです。天板が薄いので、狭い部屋でも広々と見せてくれます。余分なものがないシンプルなデザインだから、フローリングの床にもぴったり。

こたつというと野暮ったくなりがちなテーブルも、こんなにスタイリッシュに。「こたつがほしいけど、インテリアにこだわりが…」という人にも太鼓判のこたつです。

家具調こたつを選ぶ3つのポイント

冬場だけでなく、掛け布団をはずせば夏でもリビングテーブルとして活躍する「家具調こたつ」。選び方や気をつけたいポイントは3つあります。

ポイント1:机の形

  • 正方形タイプ

1~4人で座ることのできる正方形。空間を広々と使いたい部屋にオススメの形です。小さいサイズはコンパクトで使いやすいという理由から、一人暮らしの人に人気です。

  • 長方形タイプ

4~6人で座るのにぴったりな長方形。狭い部屋でも使いやすい人気の形のため、種類も豊富に売られています。使用人数が2人以下のときは105cm×75cm、それ以上なら120cm×80cmの大きさがオススメです。

  • 円形

直径100cm程度なら4人で座ることもできる円形。正方形や長方形タイプと違って、机に角がないので詰めて座ることができます。ただし、奥行きもあるので広い部屋に置きたいところ。

円形とは別に、楕円形のタイプもあります。こちらはシャープでお洒落な印象です。

ポイント2:脚の形状

  • 折れ脚

普段はあまり机を使わないという人にオススメ。机の脚を折ってしまえるタイプなので、スペース節約にもってこいです。年中無休、机を出しっぱなしにしておいてもいいという人は、そこまで重視しなくても◎。

  • 固定脚

ずっと机を出しっぱなしにしておく人や、夏や冬でも使えるように「家具調こたつ」を選んだ人は、固定脚にしても問題ありません。固定脚タイプのこたつのなかでも、脚をネジではずせるものもあるので、「こまめに持ち運びたい…」という人は確認してから選びましょう。

  • 継脚

こたつの高さを調節できるタイプです。脚を長くすると天板が高くなるので、座椅子を使う人や、足元に余裕をもって暖まりたい人にはぴったり。継脚は付属品やオプションとして専用のものが売られていたり、ホームセンターなどで汎用タイプが売られていたりすることもあります。

ポイント3:掛け布団のサイズ

こたつの掛け布団のサイズは、こたつの各辺の長さ+100cmが理想です。たとえば、105cm×75cmのこたつの場合、205cm×175cmの掛け布団が理想のサイズ。ちなみに、敷き布団を使う場合は、こたつの各脚から50cm以上のサイズが理想的。

だいたい、4.5畳の部屋には机の大きさが120cm×80cm、6畳の部屋には135cm×85cm、10畳以上ならどんなサイズのこたつのサイズを選んでもいいようです。

日本の「こたつ」でホットな冬を!

みんなで脚を寄せ合いながら、家族や友人と暖まり合えるこたつ。話に花を咲かせれば、凍えるように寒い冬の日も乗り越えられそうです。身体も心もホットな冬を過ごしてくださいね!

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140722175353 53ce26a13ecd0 thumbnail

本記事は、2014年07月23日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る