生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 子どもの手紙から学ぶ!「敬老の日」に書きたい手紙・メッセージの事例とコツ

子どもの手紙から学ぶ!「敬老の日」に書きたい手紙・メッセージの事例とコツ

2014年07月22日作成

 views

お気に入り

年に一度の「敬老の日」。日頃の感謝をこめて、気持ちが伝わる手紙を書こうと試みるも、いざ便箋を前にすると「何を書けばいいんだろう?」「どんな内容を書こう…」と頭を悩ませてしまう人もいるかもしれません。

素直な気持ちを綴る手紙に、模範解答はありません。ですが、どうやって書いたらいいのか気になりますよね。

そこで今回は、子どもの書いた「敬老の日」の手紙やメッセージを参考にしつつ、感動的な手紙を書くコツをご紹介します。

ほかにも「敬老の日」をより良くさせる情報がいっぱい!
これを見れば安心!「敬老の日」のハウツーまとめ

目次

「敬老の日」に贈りたい手紙・メッセージ

シンプルイズベスト

一生懸命に書いた文字とカラフルさがポップなお手紙。シンプルな言葉で綴られていて、まっすぐに伝わってきますね。また、「こんどあそびにいくね」というメッセージもうれしいところ。未来に楽しいことが待っていると思うと、生活にも張り合いが出そうです。

イラストつき

子どもの描く絵は、いつだってとっておきです。顔が判別できなくても、身体が透けていても関係ありません。孫ががんばって描いた様子が伝わってくればそれだけで嬉しいもの。いつでも遊びにきてほしいですね!

伝えたいことはしっかりと

丁寧に書かれた綺麗な文字のお手紙です。どんな言葉よりも大きく書かれた「大好き」の言葉がインパクト大。伝えたいことはひとことで、大きめに書くことで他の文面もぐっと引き立ちます。囲った文字のデザインも素敵ですね。

子どもの素直さ

こちらはお誕生日のときに書かれたお手紙です。70歳をお祝いしておきながら「あとなん年いきるのかな?」というストレートかつ素直な疑問…。大人ならぎょっとしそうですが、子どもならご愛嬌というところでしょうか?この手紙の続きを読んでみたいものです。

長文

子どもの字でずらりと長文が書かれると、かなりの力作に見えますね。短文の手紙も魅力的ですが、長文はじわじわと気持ちが伝わってくるのがうれしいところ。ちなみに最後の文章は…。

「にいがたのおうちのおにわにゆきがつもってて、たのしかったよ。こないだいったときは、たんぼのみどりがきれいだったよ。」

おじいちゃんとおばあちゃんの家へ遊びにいったときの情景が綺麗に描かれています。

ずっとまってたよ

これはうれしい!孫が会いにくるのもうれしいですが、会いに行った孫が歓迎してくれたら感動してしまいますね。「きてくれてありがとうね!」という言葉と「ずっとまってたよ」という素直な気持ちに、ぐっと心を揺さぶられます。何度でも会いに行きたくなりそう…!

感動的な手紙を書くコツ

魔法の3フレーズを使う

誕生日でも結婚記念日でもない「敬老の日」に書く手紙として使えるのが、次の3フレーズ。

  • ありがとう
  • 大好き
  • 長生きしてね

王道ですが、素直でまっすぐな気持ちが伝わるベストワードです。迷ったらこの言葉を使いましょう。

「前置き」にこだわる

感動をより引き立たせるには、前置きにこだわりましょう。このときの前置きは、「ふだんは胸に秘めている」という趣旨の内容が◎。

  • いつも言えないけど
  • なかなか素直になれないけど

「長生きしてね」よりも「普段はなかなか伝えられないけど、長生きしてね」という言葉のほうが感動もひとしお。

「とても」「すごく」で感情表現をアップ

言葉に現実味やリアルさを表現するには大事な言葉の前に「とても」「すごく」などの言葉を直前に投入するのがグッド。

  • とても
  • すごく
  • ずっと

「本当はとても感謝しています」「ずっと長生きしてね」など、後に続く言葉を最大限に発揮させることができます。

レターセット選びにも心を込めよう

もちろん手紙の内容も大事ですが、言葉を綴るレターセットもとびきりのものを用意しましょう。子どもの頃はキャラクターもののレターセットを使っていたかもしれませんが、大人になった今は、上品な花柄などで落ち着きを演出したいものです。花柄というと女性向けのイメージですが、青や緑であれば、おじいちゃん用にも使えます。

シンプルに短い言葉を綴るのであれば、グリーティングカードがオススメです。インコのほっぺたがハートになっているこちらのカードは、色合いも穏やかで優しい印象です。

たくさんあるレターセットやカードの中から、ぜひとっておきのものを選んでくださいね。

手紙で「言葉」を贈ろう!

自分の手で書いた文字で、言葉をプレゼントすることのできる手紙。相手の喜ぶ顔を浮かべると、もらうほうはもちろん、送る側もわくわくするはずです。

何度も読み返して宝物にしたくなるような手紙を、ぜひ届けてみてくださいね!

(image by amanaimages1 2)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140711172705 53bf9fd98a81b
  • 20140718160707 53c8c79b48858

本記事は、2014年07月22日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る