生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 時間に余裕のある方におすすめ!石川県でおすすめのマイナーな観光地

時間に余裕のある方におすすめ!石川県でおすすめのマイナーな観光地

2014年07月18日作成

 views

筆者は、石川県には年2度から3度、毎年訪れています。大抵は1泊なのと、電車や飛行機の時間があるので、何時間か時間が余ることがたびたびあり、その間に、行けるところがあれば観光してきました。

なので金沢市内、小松空港近辺、松任駅界隈の大抵の史跡や名所は制覇しています。金沢城公園(冒頭画像)、日本三名園の兼六園、ひがし茶屋、近江町市場、香林坊辺りは旅行情報誌でも必ず掲載される名所なので、それ以外の意外性のある地を、これら定番巡りと併せて行けるようご紹介します。

目次

筆者が経験した石川旅行の概要

  • 旅行時期:直近では2014年3月上旬
  • 旅行日程:1泊2日(出張旅行)
  • 誰と行ったか:ひとり
  • 移動手段:飛行機(羽田空港から小松空港)
  • 訪れたエリア:金沢市内、小松市内、旧松任市内(現白山市内)

旅行詳細

石川県に旅行する際、小松空港を利用されるという方も多いのではないでしょうか。大抵の方は金沢駅行きのリムジンを利用しますが、空港からは小松駅行きも運行しています。

空港から小松駅間はおよそ3キロ離れており、筆者はぶらぶらと歩いたこともあります。金沢市内観光をする前に立ち寄る地としてはおすすめです。

安宅の関

小松空港から徒歩15分、日本海沿岸に安宅の関があります。

九朗義経と弁慶一行が兄頼朝の追手迫る中、奥州藤原氏を頼り北上する際、富山県の如意の渡しでの弁慶が義経を殴り、主従でないことを関守・富樫泰家に示したもので、江戸時代より歌舞伎の演目、勧進帳ではその舞台がここ安宅の関となっていたというところです。

現在は海岸沿いの安宅公園内にあり、園内にはこの3人の銅像や安宅関址、勧進帳ものがたり館などがあります。

タクシーなら5分とかかりませんので、時間があれば訪れてみるのもよいのではないでしょうか。

勧進帳ものがたり館の詳細は、こちらです。

小松城址・芦城公園

小松空港から小松駅までの途中にある名跡なのが小松城址芦城公園です。

ここは、前田利家の三男で、側室の子だった加賀三代藩主前田利常の居城として建てられた城で、三の丸跡が芦城公園となっています。

空港から小松駅行き路線バスで市役所前バス停徒歩数分です。空港から歩くと30分ほどだったでしょうか。

兼六園も三名園だけあってすばらしいですが、この芦城公園もその流れを汲む、四季折々の姿を見せてくれる池泉回遊式庭園です。特に夜桜や藤、ツツジなど花々が美しい公園となっています。

芦城公園の詳細は、こちらです。

小松駅前商店街アーケード

ここは、JRの電車待ちでよく散策する商店街です。小松は南米系の方が多いようで、商店街にはブラジル人のための本場のお店が多いのが特徴です。

本場のシュラスコを1000円程度のランチバイキングで頂けるお得なレストランもありますので、おすすめです。

松任駅周辺

松任駅は小松と金沢の中間に位置する駅です。北国街道の松任の宿として古くから栄えていました。最近再開発が進み、新制白山市では町おこしに江戸時代初期の女俳諧師加賀千代女に注力しているようで、銅像や資料館などを目にするようになりました。

加賀といえば京に負けない美しい和菓子が有名で、金沢市内にもひがし茶屋に向かう手前に菓子文化会館がありますが、実は加賀を代表する和菓子の半分ほどはこの松任の生まれです。

特に旧道沿いにはきんつばやあんころ餅の老舗を多く見かけます。筆者が必ず毎回立ち寄るのがあんころ餅の円八です。創業270年を超える老舗で、あんころ餅が名物です。駅から徒歩数分に本店があり、仕事の客先が1件、松任にあることから、かならずおみやげに本店で購入しています。

ちなみに金沢駅前や小松空港内でも販売していますが、製造元の本店で購入すると、出来立てなので柔らかさが違う気がします。

円八の詳細は、こちらです。

宝円寺

宝円寺は兼六園の小立野口から徒歩10分ほどにある寺院で、前田利家まつ夫妻の菩提寺です。

1万坪を超える広さの境内には、東照宮を凌ぐともいわれる美しい伽藍があり、5代藩主で利家の孫の前田綱紀公により建立されたという山門や庫裡、本堂は国の登録有形文化財に指定されています。

兼六園観光で時間が余裕があれば立ち寄ってみるのもよいのではないでしょうか。

これらの名所は小松空港利用での金沢市内観光のちょっとした寄り道で立ち寄れるので、時間に余裕のある方にはぜひ立ち寄ってほしい地です。

旅行の良かったところ・イマイチだったところ

良かったところ

小松城址は石川観光では兼六園に隠れ、とてもマイナーですが、とても美しい庭園でした。

宝円寺は拝観料がかかりますが、建造物は世界遺産東照宮に劣らぬ風格がありました。

イマイチだったところ

安宅の関は、空港からあまりに近く、頭上を旅客機だけでなく、自衛隊の戦闘機も爆音を立てて通過します。小松空港は民軍兼用だからです。

飛行機好きにはたまりませんが、史跡巡りとしては環境は良くないと感じる方も多いかもしれません。

これから石川旅行に行く方へアドバイス

小松空港から小松駅へのバスや、JR北陸本線はローカス路線バスやローカル鉄道ですので、ダイヤに限りがあります。旅程を組む際には、必ず時刻表を確認することをお勧めします。

また宝円寺は、通常他県からの観光客があまり使わない兼六園の小立野口が最寄りですので、出入口を把握しながら旅程を立てると回りやすいです。

筆者は四季それぞれかの地に訪れていますが、春秋は過ごしやすく、夏は日中は蒸し暑く、夜は涼しい、そして冬は市街地でも雪かきして積んだ雪が2m以上になることはざらです。

夏に訪れるなら、夜用の衣服のほか、昼用には暑さ対策は必須です。冬は雪国仕様の衣服やシューズが必要になります。

おわりに

2015年の北陸新幹線開業では、今後小松や松任など県西部への足が遠のくことが予想されています。

新幹線で金沢旅行される方にも、足を延ばす価値のある観光地は数多くあることがお知らせできれば幸いです。

(image by 筆者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140714231806 53c3e69ea412c thumbnail
  • 20140714235948 53c3f064ba102 thumbnail
  • 20140715004220 53c3fa5c30f9b thumbnail

本記事は、2014年07月18日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る