生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 周りのビジネスマンに差をつけろ!毎日の通勤で目立てる楽しい乗り物12選

周りのビジネスマンに差をつけろ!毎日の通勤で目立てる楽しい乗り物12選

2014年07月18日作成

 views

お気に入り

最近、通勤にバスや電車ではなく、クロスバイクやロードバイクなどの自転車を利用する人が増えているようです。交通費の節約や健康維持など、いろいろなうれしい効果が期待できそうですよね。

自分も自転車通勤を始めたい!と思っている人もいらっしゃるかもしれませんが、どうせなら人とはちょっと違う乗り物で周りのビジネスマンに差をつけてみませんか?

ここでは、ちょっと変わった乗り物から実用的な乗り物まで、通勤におすすめの乗り物をご紹介します。

目次

通勤に使いたい楽しい乗り物:自転車系

1:漕がない自転車

ドイツで開発されたという漕がない自転車です。この自転車、なんとペダルとサドルがありません!ハンドルと2つのタイヤがかろうじて自転車らしさをとどめています。フレームに宙吊りになって地面を蹴って進むそうです。坂道はかなりしんどそう……。

2:飛べる!?自転車

スーパーマンのように空を飛びたい……と思ったことはありませんか?その夢を叶えてくれるのがこちらの「Street Flyer(ストリートフライヤー)」という自転車。

両手を広げて地面スレスレを滑空できる自転車なので、まるで飛んでいるような気分になれそうです。とてつもなくシュールな画ですが、乗っている人はとびきりの笑顔なので、きっと楽しいはず。

3:腰痛知らずの自転車

乗り手の腰痛を和らげてくれるという、医療機器顔負けの自転車もあります。たしかにこの姿勢は楽そうですね。小回りもききそうなので、通勤用の乗り物には持ってこいです。

4:水陸両用自転車

陸の上も水の上もスイスイ走れる自転車。タイヤがとても大きく、もはや自転車と呼べるのか怪しい形状です。海の上に会社があるという方(!)でも安心して自転車通勤ができますね。

通勤に使いたい楽しい乗り物:キックボード系

5:健康にいいキックボード

キックボードに足踏み健康器がくっついたような、「FLIKER(フリッカー)」という乗り物。交互に足踏みをすることで前に進む仕組みです。ステップ運動でエクササイズしながら通勤できてしまうという、運動不足気味な方にピッタリな乗り物。

6:荷物も運べるキックボード

キックボードとスーツケースをくっつけただけという、「その手があったか!」と膝を打つ乗り物。「Micro Luggage(マイクロラゲッジ)」といって、キックボードの大手メーカー、マイクロモビリティ社とスーツケースの有名メーカー、サムソナイト社が共同開発したという画期的な商品なんです。荷物が重くて肩がこる、なんて悩みも吹き飛ばしてくれそうですね。

7:オシャレ通におすすめのキックボード

カブトムシの角のようなデザインのハンドルが、かなりオシャレな雰囲気を醸し出しています。「キックボード=ダサい」という一般的な認識を打ち破るようなキックボードですね。しかも前輪が2輪になっているので安定感も抜群です。

8:書類サイズになっちゃうキックボード

見た目は普通のキックボードですが、くるくると折りたたむとなんとA4サイズにまでまとまってしまうキックボード。持ち運びにとても便利なので、通勤だけでなく外回りのときにも活躍しそうです。

通勤に使いたい楽しい乗り物:スケボー系

9:まわるスケボー

スケボーを9つつなげて作った、ハムスターの回し車のような乗り物(?)です。ぜひこの動き、動画でご覧ください。実用性はほぼないに等しいですが、目立つことは間違いないですよね。周囲の視線を一身に受けたい人には持ってこい。

10:座るスケボー

「イス+スケボー=イスケボー」です。座りながらスケボーに乗れてしまうという、画期的な発明。座ったまま地面を蹴ることによって走ります。走行中に足を置くことができるので、疲れ知らずですね。

11:どんな悪道でも平気なスケボー

「Dirtsurfer」(ダートサーファー)」というこちらの商品は、コンクリート面だけでなく、砂利道、海岸、芝生などといったあらゆる場所で乗られるパワフルなスケボーです。山を越えて通勤する!という猛者は重宝しそうです。

12:ひねりながら走らせるスケボー

こちら「ESS BOARD(エスボード)」と言って、右足と左足を前後に別れたボードにそれぞれ乗せ、身体をひねることによって進むスケボーです。コツをつかむのがちょっと大変ですが、地面を蹴らなくていいので、余計な体力を使うこともありません。くびれもできそうですね!

楽しい乗り物で通勤すれば目立つこと間違いなし!

通勤に使いたい楽しい乗り物をご紹介しました。ちょっと変わった乗り物で通勤すれば、街中で目立てることは間違いなしです!

でも、もしも途中で周りの目が気になってしまったら、無理せず手で押して行きましょう。

キックボード等は、法律上軽車両ではなく玩具としての扱いなので、「交通のひんぱんな道路」で乗ると道路交通法違反になります。マナーや騒音に注意して楽しく乗りましょう!

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140718150544 53c8b93897ba6

本記事は、2014年07月18日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る