生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 「使わない」でエコする方法

「使わない」でエコする方法

2010年12月08日作成

 views

エコカー減税やエコポイントでエコという言葉が浸透しましたが、エコの意味をご存知の方はどれくらいいらっしゃるでしょうか?

エコはとても幅広い意味で使われています。本稿では使わないエコについてご説明します。

使わないエコとは、言い換えると資源を使わないことでCO2削減に貢献するということです。では、どのような資源を使わないことがエコになるのか、ひとつずつご紹介します。

目次

ポイント1: 電気を使わない

電気の作り出す際には多くのCO2が排出されています。これらCO2の排出を減らすことは非常にエコになりますので、電気の使用量を減らす節電がオススメです。

節電はとても簡単です。
- 使用しない電気を切る
- 使用頻度の低い家電のコンセントを抜く
- 暖房の温度を上げすぎない
- 冷房の温度は下げすぎない

最近、電気代節約などで注目されているLED電球やLEDテレビなども節電になっていいですね。

ポイント2: 水を使わない

水道水を作り出す時にも大量の電気が使われ、CO2排出に繋がっています。そのため、節水することもエコに繋がるのです。

節水はとても簡単です。
- シャワーを出しっ放しにしない
- 洗濯機は節水モードで使用するか浴槽から汲み取る
- 食器はつけ置き洗いにする

一番水を使うのが洗濯機ですが、最近では節水タイプの洗濯機が多く販売されています。

ポイント3: 車を使わない

車を使わないことでCO2削減するエコです。車を使わないエコはとても簡単です。

  • 公共交通機関を利用する
  • 自転車を利用する
  • 徒歩の範囲を広げる
最近ではハイブリッドカーが販売され、CO2排出量の削減に大きく貢献しています。新車を購入する場合には、CO2排出が少ない車を選びたいですね。
公共交通機関が少ない地域の方は、出掛ける日を減らすだけでもエコに繋がりますよね。

おわりに

今回ご紹介したエコはとっても基本的なことばかりでしたが、基本的だからこそ、誰でも実践できるエコ活動だと思います。ほんの些細な活動がエコになるのですから、ぜひ実践したいですね。

本記事は、2010年12月08日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る