生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. オシャレママ向け!運動会の服装ルールを守って周りと差をつけるファッションアイテム

オシャレママ向け!運動会の服装ルールを守って周りと差をつけるファッションアイテム

秋の大きなイベントの1つである運動会ではお弁当や場所取り以外にもママたちの頭を悩ませることがあります。それは服装。派手すぎたり場所にそぐわないファッションで行くと白い目を向けられ、かと言って地味な格好だとそれはそれで味気ない。そこで、運動会に着て行っても問題ないものの、他のママとはファッションで差をつけることができるコーディネートを紹介します。その際、どのアイテムはOKでどれがNGなのかを覚えておきましょう。

2014年07月11日作成

 views

春と秋のイベントである運動会。お子さんの勇姿を目に焼き付けようと、学校中のママが集まる年に一度の機会でもあります。

どうせならオシャレなファッションで決めて、大勢のママの中でも一際輝きを放ちたいですよね。でも、暗黙の服装ルールを守らないと周りのママたちから白い目で見られてしまいます。お弁当を考えるだけではなく、ファッションも考えなくてはならないなんて、大忙し。

そこで、運動会ファションの服装ルールを守りながら、周りのママとちょっと差をつけられる、役に立つオシャレコーディネートのポイントをご紹介します。

目次

運動会ファッションのルール1:ヒールは厳禁

ヒールは絶対NGアイテム!

運動会のプログラムには、保護者参加の競技や演目が含まれているときもあります。動きにくいヒール靴では出場するのは難しいですよね。

また、例え競技に参加しないとしても、準備や片付けなどのお手伝いのときにヒールを履いていたら、足手まといになること間違いなし。

そもそも、運動会にヒールを履いてくると、手伝う意思がないと思われてしまうので、絶対にやめましょう。

おすすめ靴:ハイテクスニーカー

運動会ファッションには、ハイテクスニーカーを合わせるのがおすすめです。もちろん動きやすさは抜群!特にハイテクスニーカーは運動に適しているので競技の参加もお手伝いも軽々こなせます。

ハイテクスニーカー:最先端のテクノロジーを盛り込んだもので、足への負担を軽減したり、運動に適したスニーカーです。

カラフルなので、コーディネートの差し色としても使えます。ちょっとゴツめのデザインなので、ハズしアイテムにもなりますね。トレンドアイテムなので一気におしゃれ感がアップしますよ!

運動会ファッションのルール2:スカートもダメ

立ったり座ったりできないスカートもNG!

動きにくいこともそうですが、立ったり座ったりが多い運動会にスカートは適しません。基本的に地面にシートを敷いて座るスタイルですから、パンツが見えてしまうなんてハプニングも‥。

おすすめボトム:細身なスウェットパンツ

動きやすく、その上伸縮性があるので立ったり座ったりもラクラクなスウェットパンツは運動会ファッションにピッタリ!しかも海外セレブからも愛されるオシャレアイテムです。

もちろん、ダボッとしたものや部屋着用のスウェットでは逆に野暮ったくなってしまうので、細身で裾がすぼまったタイプのものを選びましょう。少し裾をクシャッとさせて、くるぶしを見せるように履くのがポイント!

オシャレなスウェットパンツ:細身で裾がすぼまったデザインのもの。

運動会ファッションのルール3:帽子はあった方がいい

日射し対策のために帽子をかぶろう!

晴れた日の運動会っていいですよね。でも、日射しが強いと応援中のママはちょっと辛いもの。お子さんの活躍をしっかり見届けるためにも、日射し対策は必要です。

サングラスをかけるという手もありますが、それだとお子さんの様子があまりよく見えないですよね。やっぱり帽子をかぶるのが最適です。

おすすめ帽子:ベースボールキャップ

ママが運動会でかぶる帽子の定番は、チューリップハットなどつばの広い物です。それなら日射し対策はバッチリですが、オシャレに決めるのはなかなか難しいもの。

一方、ベースボールキャップは何にでも合わせやすいし、若々しくスポーティーな印象になるので、運動会の雰囲気にもピッタリ!さらに流行のアイテムなので、トレンド感も満載です。

ボーイッシュなアイテムなので、髪型を女性らしくゆるい巻き髪などにすると好バランスです。

運動会ファッションのルール4:羽織ものも持って行く

日傘は迷惑!日焼け対策は羽織もので

屋外にいるときは日傘が手放せない!という人もいるかもしれませんが、日傘をさすのは周りの人の迷惑になります。日焼け対策は、日焼け止めと羽織もので行いましょう。

羽織るものを持っていれば、気温が変わって急に涼しくなったときにも重宝します。

おすすめ羽織もの:チェックシャツ

チェックシャツは定番ですが、やっぱりオシャレにキマるアイテムです。サラッと羽織るだけでオシャレに着こなすことができます。

使わないときは、腰に巻いておくとコーディネートを引き締めてくれますよ!

運動会ファッションのルール5:トップスはTシャツが正解

胸元が見えるのはご法度!

トップス選びで注意しなければならないのが胸元です。屈んだときに下着が見えるなんてご法度!

シャツだとボタンを開けて着ないと暑苦しいですが、そうすると胸元が見えてしまう可能性が高まりますよね。動きやすく胸元も気にならないTシャツを選んだ方がよさそうです。

おすすめトップス:浅めVネックの白Tシャツ

Vネックは小顔効果があるので、スッキリとした印象に見せてくれます。

胸元が気にならない浅めのものを選びましょう。色は、汗ジミの気にならない白がおすすめ。下着は線や色が透けないものをつけましょうね!

ルールを守ってオシャレを楽しもう!

運動会は大勢の保護者やこどもたち、教職員が集まるいわば公共の場所です。

服装ルールを守りながら、オシャレを楽しみましょう!

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140704103017 53b603a936899

本記事は、2014年07月11日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る