生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 今年の十五夜(中秋の名月)はいつ?お月見を楽しむための基礎知識

今年の十五夜(中秋の名月)はいつ?お月見を楽しむための基礎知識

2015年09月25日更新

 views

お気に入り

日本の秋の行事といえば……そう、お月見です!日本では十五夜の月を「中秋の名月」と呼んでお月見を楽しみますよね。

2015年の中秋の名月は、9月27日の日曜日です!ぜひ月を見たいですね。

でも、「お月見」「中秋の名月」という言葉は知っていて、なんとなくのイメージはあっても、実際何をするのか、そもそもなんでそんな行事があるのか、わからない人も多いはず。そこでここでは、十五夜を存分に楽しむために、中秋の名月に関する基礎知識や、お月見をの楽しみ方をご紹介します!

中秋の名月とは?

中秋の名月とは、十五夜とも呼ばれ、旧暦8月15日に見える月を意味します。旧暦で秋は7~9月となっており、その真中の日が旧暦の8月15日になるため「中秋」と呼ばれます。

秋は、最も空が澄みわたり月が明るく美しいとされていたため、平安時代から十五夜には観月の宴が開催されてきました。江戸時代には、その宴と秋の収穫を感謝する祭事が合わさって一般に広まり、今の「お月見」が形成されて行ったようです。

「十五夜」と言うからには、15日が中秋の名月だろうと思ってはいませんか?しかし実際は、毎年9月中旬~10月上旬の間に旧暦の8月15日がやってきます。これは、旧暦と現在の暦の数え方の違いから。なので毎年日にちが違うんですね。

今年以降の中秋の名月の日程は以下のようになっています。

  • 2015年(平成27年):9月27日
  • 2016年(平成28年):9月15日
  • 2017年(平成29年):10月4日
  • 2018年(平成30年):9月24日
  • 2019年(平成31年):9月13日
  • 2020年(平成32年):10月1日

中秋の名月は満月とは限らない

十五夜の日は満月の日に近い日ではありますが、必ずしも満月になるわけではありません。新月から満月に至る期間が、毎回ぴったり15日間ではないことから、年によって多少ズレるようです。

2011~2013年は満月の年でしたが、2014年から2020年までの7年間は完全な満月ではなく、ほんの少しだけ欠けた名月の年になります。つまり、月は毎年その年だけの形をしているんですね。

十五夜、十三夜、十日夜の3月見

「中秋の名月・十五夜」はひときわ美しいと言われますが、他にも十三夜(じゅうさんや)、十日夜(とおかんや)のお月見行事があるのを知っていますか?

十三夜

十三夜とは、十五夜の後に巡ってくる十三夜を指し、旧暦9月13日のお月見のことを言います。十三夜は、十五夜に次いで美しい月だといわれ、昔から大切にされてきました。

また、十五夜または十三夜のどちらか一方のお月見しかしないことを「片見月」と呼び、縁起が悪いといわれています。2015年の十三夜は10月25日となっています。

十日夜

十日夜とは旧暦10月10日に行われる収穫祭で、東日本を中心に行われています。西日本では旧暦10月亥の子の日や11月に、類似する収穫の行事があります。

十日夜はお月見がメインではないため、月齢に関係なく新暦の11月10日に祭りを実施する地方が多いようですが、昔から十五夜、十三夜、十日夜の3日間が晴れてお月見ができると縁起が良いとされています。

お月見はどこでする?

お家でゆったり

家から月が見える場所があれば、テーブルを用意して即席の月見席を作っちゃいましょう!

  • マンションなら……窓辺やベランダにテーブルを置いて
  • 庭があるなら……庭にテーブルと椅子を用意して
  • 縁側があるなら……縁側にちゃぶ台を出して

ポイントは、月がのぼってくる東側と南側の空が見えること。可能なら屋上に登って見られると最高ですね!

より美しく見えるように、部屋の明かりは消しておくことをおすすめします。

月見イベントに参加する

ちょっと違ったお月見を楽しみたい方は、月見イベントに参加してみてはいかがでしょうか?十五夜には、東京タワーやスカイツリー、各地の神社や公園などで毎年お月見イベントが開かれています。家族や恋人と優雅にお月見を楽し見たい方にはおすすめです!

お供え物は?

月見団子

お月見と言えばやっぱり月見団子。穀物の収穫に感謝し、米を粉にして丸めて作ったのが始まりです。月に見たてた丸くて白い団子が一般的ですが、地域に根ざした様々な月見団子があります。

月見団子を供える数は、一説には、その年に出た満月の数として12個。もう一説には十五夜だから15個(十三夜には13個)と言われており、どちらでもOKです。せっかくなので是非手作りの月見団子を作ってみましょう!

レンジでお団子を作るにはこちら:レンジで簡単!団子の作り方

里芋

里芋などの芋類の収穫を祝う行事でもあるため、里芋やさつまいもなどをお供えします。

ちなみに、こうした月見団子や里芋などの食べ物のお供えは食べることで健康と幸せを得ることができると考えられているため、供えた後はしっかり体に取りこみましょう。

その時期にとれた収穫物を供えるため、十三夜には栗や枝豆を、十日夜には稲穂やお米を供えます。

すすき

すすきを飾るのは、すすきが稲穂に似ているためで、稲穂そのものを飾る場合もあります。すすきと一緒に秋の七草などの季節の草花を飾るのも風習です。

お月様に供えたすすきは、月見が終わったあと家の軒に吊るしておくと、一年間病気をしないと言われています。

日常を忘れて夜長を楽しもう!

忙しい日常を忘れて、たまには風雅にお月見でリラックスタイムを楽しんでみてはどうでしょうか。美しい月を眺めながら月見酒……なんてできたら最高ですね!

(image by 写真AC)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140903115534 54068326a7d44

本記事は、2015年09月25日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る