生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 【2014年版】割引使っておトクにドライブ!高速道路の最新料金情報まとめ

【2014年版】割引使っておトクにドライブ!高速道路の最新料金情報まとめ

2014年07月10日作成

 views

お気に入り

長い休みは家族や友人・恋人と車で遠くまで足を伸ばしたくなるものですよね。しかし、思った以上に高速道路の料金で予算を削られてしまい、目的地で使えるお金が減ってしまった、という方は多いのではないでしょうか。

最近では消費増税などの関係で高速道路の料金も値上がりしています。ただでさえ普段から気にかけることが少ない部分ですので、今回の値上がりを機にしっかり把握しておきましょう。

ここでは、2014年最新版の高速道路料金と割引の情報、裏技などをご紹介します。

目次

2014年変わった高速料金

背景

やはり高速料金に大きく関わってくるのは、消費増税です。税金がかかっている以上、高速料金に変化がないわけはありません。

高速料金は区間によって料金が決まっており、それに走行距離をかける、という方式で決定されています。区間の基本料金自体は2014年も変わっていませんが、そこにかかる消費税が増えたことで値上がりしました。

また、国土交通省と高速道路会社3社が2008年に経済対策として始めたETC割引の財源が2013年度末でなくなってしまったために、それまでのETC割引制度の廃止・縮小が行われました。こうしたことも利用料金の値上がりに大きく関わっています。

高速料金はどれくらい値上がりしたの?

上がったと言っても3%でしょ?と思っている方、要注意です。その3%が実際にどう影響しているか、いくつかの例を挙げて比べてみましょう。

  • 練馬IC→仙台南IC:前)8300円→後)8770円
  • 東大阪北IC→名古屋南IC:前)5070円→後)5240円
  • 練馬IC→名古屋南IC:前)7600円→後)8160円

首都高速道路や都市高速道路など、独自の料金体系を採用している高速道路意外では、だいたい500円から2000円ほど増えているようです。

たいして上がっていないように見えますが、往復でこの値段の2倍必要だと考えると、案外馬鹿にできない値段になってきます。恐るべし3%、というところですね。

高速道路の最新割引情報

もう上がってしまった料金を嘆いていても仕方ありませんので、どうすればできるだけ安く目的地まで辿り着くことができるのかをご紹介します。割引のサービスは多く存在しますので、上手く活用しましょう!

休日割引

休日割引 | 料金・割引・ETC | 料金・ルート・交通情報 | ドラぷら

休日の地方部は30%OFF。ETCを使ってお得に高速道路をご利用ください。「E-NEXCO ドラぷら」は、高速道路やサービスエリア情報中心に、ドライブ旅行やお車でのお出かけの、楽しい思い出作りを演出します。

www.driveplaza.com

出かける機会の多い休日こそ充実した割引サービスを利用したいところです。そこでおすすめなのが、この超お得な「休日割引」です。休日に高速道路を利用する場合は、自動的に割引になります。

土曜日曜・祝日、普通車・軽自動車等(二輪車)限定の割引となります。
  • 平成26年4月1日~6月29日:50%割引
  • 平成26年7月5日~:30%割引

7月から30%に割引額が下がってしまったのが残念ですが、それでも高速料金の30%OFFはかなりお得ですね!

ETC整備車限定の割引なので、これを機にETC整備を考えてみてはいかがでしょうか!

深夜割引

深夜割引 | 料金・割引・ETC | 料金・ルート・交通情報 | ドラぷら

深夜は毎日全高速道路30%オフ。ETCを使ってお得に高速道路をご利用ください。「E-NEXCO ドラぷら」は、高速道路やサービスエリア情報中心に、ドライブ旅行やお車でのお出かけの、楽しい思い出作りを演出します。

www.driveplaza.com

時間を有効に活用するために移動は夜中のうちに、という方も多いのではないでしょうか。そんな方や深夜に移動することが多い方にとっては最高の割引サービスが、この深夜割引です。

「深夜割引」はすべての車種が対象で、毎日0~4時の間が割引の対象時間となります。毎日割引を利用することができる、というところが嬉しいですね。

深夜割引のために無理をして深夜の運転をすることは危険です。事故を起こすことのないよう、しっかり体調を整えて臨みましょう。
こちらもETC整備車限定の割引サービスとなっています。

【ETCマイレージサービス登録者のみ】平日朝夕割引

平日朝夕割引 | 料金・割引・ETC | 料金・ルート・交通情報 | ドラぷら

ご利用回数に応じてポイント還元率が変わるETC平日朝夕割引をご紹介しています。「E-NEXCO ドラぷら」は、高速道路やサービスエリア情報中心に、ドライブ旅行やお車でのお出かけの、楽しい思い出作りを演出します。

www.driveplaza.com

最後に、ETCマイレージサービスに登録という条件付きですが、とても有用な割引サービスをご紹介します。サービスに登録してさえいれば、すべての車種に適応されます。

1ヶ月間の割引対象となる利用回数に応じた還元率を、割引対象区間の通行料金のうち最大100km相当分に適用する、というものです。対象時間は平日(祝日を除く)朝6時~9時、17時~20時です。

ざっくり言ってしまえば、5回以上対象区間を利用すると回数に応じて還元してくれるというものです。10回以上だと約50%分も還元できます。

間違いなくその区間を利用する、という方は利用しないと絶対に損する割引サービスですね!

ETCマイレージサービスの詳細・登録はこちら

ここでおさらいしておきたい首都高の料金

首都高の料金制度が変わったんです

平成24年から首都高も料金体系が変更されました。実はこれは、利益を追求したものではありません。

首都高速道路公団は民営化しましたが、独立行政法人の高速道路保有・債務返済機構が所有する首都高をレンタルする形で運営しているので、その分のリース料と管理費を支払わなければならないそうです。この金額を完済すれば、首都高利用料は無料にするという契約を結んでいます。

これらのリース料、管理費のために、首都高の料金も見直されました。

なお、実質的な値上げともとれますが、調査に基づいて利用者の負担がおおよそ700円ほどになるように設定されているものだとも言われています。

首都高の料金~ETC編~

まず覚えておきたいのが、首都高に乗るならETCが断然お得だということです。現金で支払うと一律で930円ですが、ETCなら最高930円で、走行距離によってはもっと安くなります。

ETCの場合の料金は、6kmごとに、510、610、720、820、930円と変わっていきます。最安値は510円なので、現金払いよりも400円ほどお得!

また、料金所で先行車の支払いを長く待つ必要はありませんし、車の中で現金を用意する必要もありません。さらに渋滞緩和にもつながるため、自分だけでなくみんながストレスなく運転できるようになりますね!首都高を利用するなら、ETCがおすすめです。

首都高の料金~現金編~

上述の通り、一律930円です。ただし一部区間を除きます。

なお、首都高を降りる際の料金所通過では、首都高に乗るときにもらう領収書が必要です。受け取った後、車内で紛失しないようにしましょう。案外大勢で盛り上がって運転していると、短時間でどこに置いたか忘れてしまうことはありがちです。

持っている人を決める、決まった場所に置くなど、あらかじめ対策を立てておけば問題ありませんね。

高速道路に安く乗るためのちょっとした裏技

時間を調整して割引を活用する

高速道路の割引にはそれぞれ対象時間がありますが、その時間帯の中で1分でも走れば割引対象になるのです。ですので、無理して急がずに、対象時間にかぶるように時間を調整してみるのも1つの手ですよ。

例えば早朝3時59分に高速に乗って、SAでしばらく寝て9時に起きて、10時に高速を降りても深夜割引が適用されますし、金曜日22時に高速に乗り、土曜の深夜2時に高速を降りたら休日割引が適用されます。

ぴったり時間通りではなくても、あえてSAなどで時間を潰すことも行程に組み込んでみるのはいかがでしょうか!

1つ手前で降りると安いかも!?

こちらは下調べが必要ですが、効果的な裏技です。

高速道路を走っていたとしても、実はその下に高速に沿った信号の少ない一般道があったりすることがあります。そういったことは実際に走った方、地元の方ならではの情報でもありますが、そういった情報を上手くつかむことができれば、節約にもつながります。

もちろん都内でも応用可能です。

例えば、国立府中から千葉市方面へ行くとします。この場合、中央道から首都高までを削るだけで1200円の節約になります。しかも、朝でも中央道が渋滞することもあるので、その渋滞も回避することができます。

ただし、一定の速度を保ちながら走っている方が燃費はいいので、一般道ですとどうしても燃費が悪く、燃料代にお金がかかる可能性もあります。

完璧な方法とは言えませんが、ぴったりハマれば気持ちいいドライブになることまちがいなしです!

おわりに

高速道路の奥は深いですね!高速道路を走るということは情報戦でもあるわけです。情報を得て、いかに正確な判断が下せるか、あとは運です。そういった部分を試しながら走るのも楽しみの1つかもしれませんね。

公共の場でもありますので、みんなが快適にドライブできるように心がけましょう!

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140612122035 53991c83542af

本記事は、2014年07月10日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る