生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 高速バスってこんなに快適なの?乗り心地バツグンな高速バスまとめ

高速バスってこんなに快適なの?乗り心地バツグンな高速バスまとめ

2014年07月07日作成

 views

安かろう悪かろうというイメージや安全性に対する不安など、マイナスイメージが少なからずある高速バスですが、法律の改正に伴って仕組みが大きく変わり、安全性と快適さの両方が向上しました。

また、長時間の移動もゆったりと落ち着いて過ごせる高級志向の高速バスも増えてきています。

この記事では、そんな乗り心地バツグンの高速バスをまとめてご紹介します。今までのネガティブな印象がくつがえりますよ!

運行会社名の五十音順でご紹介しています。
片道運賃は目安です。変動する場合もありますので、ご注意ください。

目次

ムーンスター号(イーグルトラベル)

運行区間

川越・新宿・秋葉原~京都・大阪

片道運賃

4,800円~11,500円

特長

3列のシートはそれぞれの座席の間に通路がある独立型で、一人あたりのスペースが広く設けられています。さらに通路と座席の間にカーテンがかかっているので、女性1人で乗っても安心です。

長時間バスに乗っているとどうしても腰が痛くなってしまったり、座席がむれてしまったりしますが、通気性とクッション性に優れた独自の座席シートにより、身体に負担をかけずに移動することができます。

コクーン(ウィラーエクスプレス)

運行区間

東京ディズニーシー・新宿・池袋~京都・大阪・ユニバーサルスタジオジャパン

片道運賃

6,880円~13,860円

特長

車内に入ると他のバスには見られない特徴的なデザインのシートが左右1列ずつ並んでいます。バスの名前にもなっている繭をイメージしたシートで、シェル型パーテーションが周りの座席の存在を忘れさせてくれます。

座席が斜めに配置されているので、リクライニングを倒すときも遠慮なく最大限まで倒すことができます。

そのほかにも、各座席に1つずつ配置されたプライベートモニターで映画やゲームを楽しめたり、レッグレストや充電用のコンセントが用意されていたりと、乗客の快適さを考えて作られた設備が充実しています。

マイフローラ(海部観光)

運行区間

東京・新宿~徳島・阿南

片道運賃

13,400円

特長

東京と徳島を結ぶマイフローラの車内は、徳島県産の木材を使ったウッド調の落ち着いたデザインになっています。

特筆すべき点はなんといっても、国内最大級の大型シートです。普通なら45席ほど配置できる座席を横2列縦6席の12席にし、成人男性でも広々と使えるようにしました。

着替えに使える化粧室も用意されているので、仕事帰りにスーツのまま飛び乗っても、車内で着替えてゆったりくつろぐことができます。

さくらクオリティエクスプレス(さくら観光)

運行区間

新宿~名古屋

運賃

3,500円~8,900円

特長

3列シートの座席は電動リクライニング仕様で、ふくらはぎをのせるレッグレストと、前の座席の真下部分に入り込むように作られたフットレストがあり、前後を気にすることなく足を伸ばすことができます。

高級志向のバスには珍しく、超割・特割プランというものが利用でき、上記の運賃よりもさらに安く乗車できます。しかもクーポンを使った割引サービスとも併用可能なので、非常にコストパフォーマンスに優れたバスといえるでしょう。

プレミアムドリーム号・プレミアムシート(西日本JRバス)

運行区間

東京ディズニーランド・東京・新宿~京都・大阪・奈良

バスの路線によって停車しない場所もあるので、目的地に応じて路線を選んでください。

運賃

10,000円~13,000円

特長

プレミアムドリーム号に乗るならぜひ一度試していただきたいのが、3席だけ用意されているプレミアムシートです。4列シートの1.3倍幅のシートはほぼ水平に倒すことができるうえに、低反発素材でできているため、プレミアムなドリームをみることができます。

ドリームスリーパー・ゼログラビティ(中国バス)

運行区間

横浜・町田~福山・西条・広島

運賃

11,150円~14,500円

特長

ドリームスリーパーにも、上記のプレミアムドリーム号のように席数限定のゼログラビティシートというものがあります。

サッカー日本女子代表の澤選手がイメージキャラクターを務めた「ムアツふとん」シリーズのムアツクッションをシートに採用した座席で、クッション性と通気性に優れた、他のバスにはない乗り心地を体感できるシートです。

リクライニングやフットレストの角度もその名の通り、無重力空間を体感できるように計算されて作られています。

はかた号・プレミアムシート(西日本鉄道)

運行区間

新宿~北九州・福岡

運賃

14,500円~18,500円

プレミアムシートの料金を含んだ金額です。

特長

走行時間の長さからかつては「キングオブ高速バス」の異名をとったはかた号ですが、プレミアムシートに座れば長時間の移動も苦ではありません。

国内最大級とご紹介したマイフローラのシートと同サイズの座席に加えて、耳栓やおしぼりなどのアメニティグッズも充実しています。

グランシアファースト(VIPライナー)

運行区間

大宮・新宿・横浜~京都・大阪・神戸

運賃

6,100円~9,500円

特長

見るからに高級そうな革張りのシートはバックシェルシートといって、飛行機のビジネスクラスの座席と同じタイプのシートです。固定されたシェルの内側のシートがスライドしてリクライニングできるようになっているので、前の人が座席を倒しても自分の空間が狭まりません。

またグランシアファーストを運行しているVIPライナーでは、発着場付近にラウンジを用意していて、早朝に目的地に到着してもそのラウンジで時間をつぶすことができ、余計な出費をおさえられます。

番外編その1・イギリス・ベッドバス

運行区間

ロンドン~スコットランド

移動距離は729kmで、東京~岡山と同じくらいの距離です。

運賃

15ポンド~60ポンド

1ポンド170円で計算した場合、2,500円~10,200円です。

特長

日本ではまずお目にかかることのないベッド付きのバスです。日本の道路交通法では、こういった寝台付きの車両が走行することが認められていないため日本には見かけないのです。

アイマスクなどのアメニティは日本のバスと変わりませんが、フリードリンクがついているところと、ジャージの貸出をしているところが日本との違いといえるでしょう。

ベッドそのものなので寝心地は良さそうですが、二段ベッドになっている席から人が落ちてこないか心配です…。

番外編その2・ドバイ・スーパーバス

運行区間

ドバイ~アブダビ

移動距離は123kmで、東京~宇都宮と同じくらいです。

運賃

公開されていません。

特長

映画に出てきそうな近未来的デザインのこの車は、オランダ初の宇宙飛行士として有名な大学教授とF1チームの空気力学専門家がタッグを組み、オランダ・アメリカ・サウジアラビアの三カ国が共同開発してつくった「スーパーバス」という名前の新しいバスです。

太陽エネルギーで動くエンジンを使っているにもかかわらず、超軽量素材で車体を作っているため、最高速度は250kmにも及ぶというモンスターマシン。スーパーバス専用車道が建設されれば、ドバイからアブダビまでの123kmを30分で結べるそうです。

もちろん速いだけでなく、車両の安定性や内装の細部まで計算されてつくられているので、乗り心地はリムジンと比べても遜色がないんだとか。

ちなみに一台の値段は約8億3千万円!さすがパトカーにもスーパーカーを採用するお金持ちの国ですね。

乗って分かる高速バスの快適さ

座席の狭い格安高速バスを経験して以来、「もう二度と乗りたくない…」と思っていた著者でしたが、それから数年経ってちょっと高めのバスに乗ってみると驚くほどに乗り心地が向上していて、高速バスを見直しました。

平日や閑散期などは特にお得な乗り物だと思いますので、ぜひ一度おためしください。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140603165940 538d806cb5824

本記事は、2014年07月07日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る