生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 敬老の日ギフトで本当に喜んでもらえるのは?もらう側とあげる側のズレを埋められるプレゼントの選び方

敬老の日ギフトで本当に喜んでもらえるのは?もらう側とあげる側のズレを埋められるプレゼントの選び方

2016年11月18日更新

 views

お気に入り

「9月の第3月曜は何の日?」と聞かれて、すぐに「敬老の日」と答えられる人はおそらく少ないのではないでしょうか?母の日や父の日と比べて存在感がややうすい敬老の日ですが、身近なお年寄りに普段なかなか言えない感謝の気持ちを言葉やプレゼントにして贈ることができる素敵な日です。

敬老の日は長年にわたって社会に尽くしてきたお年寄りを敬愛し、長寿を祝うおめでたい日です。血のつながったおじいさんとおばあさんはもちろん、日頃お世話になっているお年寄りにも感謝の気持ちを伝えましょう。

そこで感謝の気持ちを伝えるのには手紙や贈り物が効果的ですが、実際お年寄りにはどんなものが喜ばれるのでしょう?

ここでは、贈る側ともらう側の意見を参考に、本当に喜んでもらえる敬老の日ギフトをご紹介します。敬老の日に贈り物をしたことがなかった人、毎年あげているけれどマンネリ気味だった人のどちらにも参考になりますよ。

敬老の日にもらってうれしいものと贈りたいものにはズレがあった!

もらってうれしい物ランキング

  • 1位:一緒に外食に行く
  • 2位:お花
  • 3位:旅行
  • 4位:電話や手紙
  • 5位:身につけるもの
  • 6位:食べ物
  • 7位:健康機器

贈りたいものランキング

  • 1位:身につけるもの
  • 2位:食べ物
  • 3位:一緒に外食に行く
  • 4位:お花
  • 5位:電話や手紙
  • 6位:旅行
  • 7位:健康機器

くらしの情報局世論調査センターが行った意識調査では、敬老の日の「もらってうれしい物」と「贈りたいもの」にはズレがあることが分かりました。

ランキングを見比べてみると内容はほとんど同じですが、順位が大きく違いますね。特に贈りたいもので1位の「身につけるもの」が、もらう側では5位というのが驚きですね。

おすすめのプレゼントは「定番プラスアルファ」

前出のランキングを参考に、おすすめの敬老の日ギフトをご紹介します。相手のことを考えながら準備していると、喜ばせるためのアイディアがどんどん湧いてきますね。そのアイディアを活かして、定番のプレゼントにひと工夫してみましょう。

自分ではなかなか行けないお店での食事

「あのお店はおいしいらしいけど、わざわざ予約して行くのもね……」「このお店はかなり入りくんだところにあるから自分では行けないかな……」と、若い人のようにフットワーク軽く出かけるのは難しい年配の人たち。敬老の日くらいは普段行けないようなお店に連れていってあげたいですよね。

予約困難なお店なら前もって予約しておき、アクセスしづらいお店なら車で連れていってあげましょう。プレミアム感が増すほど、特別な経験として心に残ります。

自分で作ったプリザーブドフラワー

ただお花を贈るだけでも喜んでもらえますが、せっかくの機会にプリザーブドフラワーを自分で作ってみるのはいかがでしょうか?細かい色やデザインの調整など、オリジナルならではの良さがありますし、より強く気持ちが伝わりそうですね。プリザーブドフラワーは2、3年ほど持つので、長く楽しんでもらえるというのもいいですね。

インターネットで手軽に手作りキットを購入でき、詳しい作り方の説明書も添付されてきます。既成品を購入する場合の半額近い値段で作れるのもうれしいポイントですね。

手作りキットの購入は、花工房・知ianianがデザインが良く、お値段もお手頃なのでおすすめです。

お花と一緒に手紙やメッセージカードを贈るとより良いでしょう。「あなたをイメージしてこの色にしました」など、贈る人のことを考えながら作ったことを伝えると喜んでもらえます。

車で至れり尽くせりの旅行

皆でわいわい電車で旅行に行くのもいいですが、至れり尽くせりの車での旅行もおすすめです。

どんなに元気なお年寄りでも、たくさん歩いた日の夕方には疲れが出ますし、おみやげを持って歩くのも骨が折れます。

車なら家の前まで送り届けてあげられますし、レンタカーならカスタマイズした旅程にも対応できます。まだ暑い9月の旅行でも、車のクーラーで快適に楽しむことができるなどメリットがたくさんです。

日帰りなら足湯、泊まりなら温泉など、お年寄りが疲れを癒やしながら楽しめるような旅程にするようにしましょう。

手作りのフォトフレーム

電話やシンプルな手紙を贈るのも素敵ですが、さらに手の込んだ手作りフォトフレームを贈るのもおすすめです。特にお孫さんから祖父母へのプレゼントとしていいと思います。

大きめの額縁だけ画材屋などで購入すれば、あとは色画用紙や折り紙やペンなどの身近な材料だけで作れるというのもうれしいですね。

また、「写真やメッセージだけでは物足りないな」という人には、「まごのきもち」という声が録音できるフォトフレームがおすすめなので、チェックしてみてくださいね。

メッセージや名前入りのお酒

こちらはお酒が好きな男性に人気のプレゼントです。手書きのメッセージをお酒のボトルに貼ったり、名前をボトルに彫ったりして贈ることができます。メッセージは短めの文からちょっとした一言まで書け、字体やレイアウトも細かく注文できるようです。

ちなみに「手書き」は自分で書くのはなく、お店の書家さんが真心を込めて手書きで書いてくれるというものです。

わくわくブルワリー名入れのラベルお酒工房中村屋では名前やメッセージ入りのお酒を贈ることができ、Kikusui Sake Designではラベルはもちろん瓶の形から選ぶことができます。また、贈る酒.comでは徳利やおちょこにも名前を彫ってもらえるので、スペシャルな贈り物になること間違いなしですね。

ブランド焼酎や大吟醸の日本酒など、気軽に買えない、ちょっとお高めのお酒をあげるとさらに喜んでもらえると思います。

身につけるものはリサーチしてから

前出のもらう側のランキングでは身につけるものはさほど人気ではありませんでしたが、それはもらったときに「この色は好きじゃないって言ったのに……」「ストールならたくさん持ってるのに……」などと感じさせてしまうことが多いからですよね。せっかくのプレゼントですからそういった残念な気持ちにさせないように、贈る相手をよく観察し、心をつかめる贈り物をするようにしましょう。

筆者は昔、祖父の手袋が傷んでいるのに気がつき、ちょうど敬老の日も近かったので新しいものをプレゼントしました。すると祖父は「ちゃんと見ててくれたんだね」と涙を流して喜んでくれました。

ですので「困っていることはないかな?」「新しいものが欲しいんじゃないかな?」と贈る相手の行動を観察して、相手が驚き感激してくれるようなものをあげましょう。

または、まわりの人に「何か欲しいって言ってなかった?」とリサーチしてみるのもおすすめです。

流行のスイーツやお惣菜など

一般的に「お年寄りは和菓子が好き」というイメージがあるようですが、実際は「和菓子も好きだけど、流行りのスイーツも味わってみたい」「むしろ洋菓子の方がいい」という声も多いようです。

ですので、地域限定のスイーツや話題のパティシエの入手困難なスイーツなど、お年寄りが買いに行くのが難しそうなものに絞ってプレゼントしてみましょう。パソコンに苦手意識をもつお年寄りの代わりに、インターネットでスイーツをお取り寄せしてあげるのもいいと思います。

マッサージ器具などの健康機器

体の痛みに悩んでいるお年寄りはとても多いので、健康機器はとても喜んでもらえます。お年寄りは腰や脚のお悩みが多いそうなので、マッサージチェアやフットマッサージャーなどの下半身の疲れや痛みを癒す機器がいいのではないでしょうか。

素敵な敬老の日になりますように

プレゼントを選ぶのって本当に楽しいですよね。もらう方はもちろん、あげる方も幸せな気持ちになります。

「これなら驚いてくれるかも」「おいしそうに食べてくれるだろうな」とあげる人の顔を思い浮かべながら、これまでとはひと味違うギフトを選んでみてくださいね。

(image by amanaimages1234)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140613184239 539ac78f8b832
  • 20140701163450 53b2649ae56c7

本記事は、2016年11月18日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る