生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3. 恋人との喧嘩をエスカレートさせないためのコツ

恋人との喧嘩をエスカレートさせないためのコツ

2010年12月07日作成

 views

大切な恋人や配偶者は、かけがえのないパートナーです。そう分かっていても、なぜか喧嘩してしまいます。

身近すぎて、他の人には言わないような言葉が口から出てきてしまうのかもしれません。

喧嘩になってしまったとき、エスカレートさせないために何ができるか、3つのポイントをご紹介します。

目次

ポイント1:考えてから話す

何も考えずに、感情的になって話すと、大事な恋人を傷つけてしまうことを言ってしまいます。

どうして自分が怒っているのか、まずは良く考えてから話すようにしましょう。

一回深呼吸をするだけでも、だいぶ落ち着くことができます。衝動的に言葉を返さないようにしましょう。

ポイント2:恋人のせいにしない

いつの間にか、問題になっていたことはそっちのけで、恋人や配偶者の普段気に入らないところなどを責めてしまうことがあります。

そうなると、相手もますます怒るばかりで、雰囲気は険悪になっていきます。

何が問題なのか、自分がそのことについてどう思っているのか、上手に伝えるようにしましょう。

恋人の言動やクセが原因だったとしても、本人の人格を否定するような言い方は、決してしてはいけません。

ポイント3:口調に気を付ける

何を言うか、ということよりも、どのように言うか、というほうが重要になるときも多々あります。

たとえ謝っていても、心がこもっていなかったり、皮肉っぽい口調で言うなら、状況は悪化します。

一度、頭が冷えるまで時間を置きたいときは、「もういい!」ではなく、「今はこの話はやめよう。」と穏やかに言ってみましょう。

その場の雰囲気がガラッと変わるかもしれません。

おわりに

自分では何気なく言った一言が、大切なパートナーを深く傷つけたり、自分から遠ざけたりしてしまうこともあるのです。

一度出した言葉は、相手が許して忘れてくれないかぎり、取り消すことはできません。

常に感謝の気持ちを持って、普段から穏やかな言葉遣いを心がけるようにしていれば、喧嘩そのものが減るはずです。

大切なパートナーとの幸せな日々が続きますように!

(Photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20101207191856

本記事は、2010年12月07日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る