生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. 初盆に招かれたらどうするの?初盆に参加する側のルールまとめ

初盆に招かれたらどうするの?初盆に参加する側のルールまとめ

2014年06月30日作成

 views

1年に1度、亡くなった人の霊は家に戻ってくると言われています。その霊を供養する時期・行事のことを「お盆」といいますよね。

初盆(または新盆)とは、その年に亡くなった人が四十九日を過ぎてから初めて迎えるお盆のことをいい、故人が初めて迎える盆として、親族や親しい人を招いて丁寧に供養します。

ここでは、その初盆に招かれた際の服装、香典、挨拶などの基本的ルールとマナーについてご紹介します。

なお、四十九日を過ぎていないのにお盆を迎えた場合には、初盆・新盆の法事法要は翌年に行われます。

目次

当日の流れ

初盆法要は、基本的には自宅で行われることが多いです(ご先祖は家に帰ってくるため)が、お寺、時にはホテルなど、外部の会場に招かれる場合も考えられます。法要の流れ自体は余り変わりません。

法要が行われる会場についたら、まず遺族に挨拶をします。「このたびは亡き◯◯さんの新盆の供養にお招きいただきありがとうございます。」などがいいでしょう。

このとき、「御仏前にお供えください」と言って持参した香典を渡します。

一般的に、法要の流れは

  • 1.僧侶入場
  • 2.施主の開始の挨拶
  • 3.僧侶の読経
  • 4.ご焼香
  • 5.法話
  • 6.僧侶退場
  • 7.施主の終了の挨拶
  • 8.会食(御斎)

といった順に行われます。菩提寺や檀那寺で行う場合は、僧侶の退場後にお墓参りを行います。会食はない場合もあります。

服装のマナー

喪服が1番いいでしょう。ただ、暑い時期なので、喪服の上着まで着る必要はありませんし、身内での法要の場合は黒、濃紺、グレーを基調とした地味な服装であれば問題ありません。

男性なら、ワイシャツは白で、スーツ、ネクタイ、靴下、靴はすべて黒やグレーなどの地味な色で揃えます。

女性の場合は黒やグレーの地味なワンピースかスーツに、ストッキング、バッグ、靴も黒系で揃えましょう。アクセサリー類は、真珠のもので、1連のネックレスあるいは1粒のイヤリングのみ。指輪は結婚指輪など、揃いのものまではOKです。

学生は制服が基本です。制服がない場合や子どもは、白いブラウスやシャツに黒、紺、グレーのスカートやズボンを合わせます。

香典のマナー

表書き

お盆は仏教行事です。香典袋(不祝儀ののし袋)の表書きは「御仏前」「御佛前」「御供物料」、品物の場合は「供物」と書きましょう。下段にはフルネームを書きます。

御供物料ののし袋は、黒白または双銀の結び切りの水引の袋を使います。

表書きの名前は、ご夫婦の場合は、夫の名前だけでも良いのですが、故人とのご縁が深かった場合には連名にします。夫の氏名を中央に書き、妻の名前だけをその左側に書きます。

金額

金額の目安としては、5千円~1万円程度が一般的のようです。4枚、9枚といった「死、苦」を連想させる枚数には決してしないようにしましょう。

使用する紙幣は、新札を使うと「前もって死を予期して用意していた」という意味があることから、すでに使用して折り目のついたお札を包みましょう。

香典袋の出し方

のし袋はふくさに包んで持参するのが正式なマナーです。ふくさがない場合は白または黒、もしくはグレーなどのハンカチで代用できます。

包み方についてはこちらを参考にご覧ください。

盆提灯は贈る?

初盆には親戚が盆提灯を贈る習わしがありますが、最近では住宅事情などから飾らないところも増えています。先方に聞いてから贈るのがよいでしょう。

提灯の代わりに「御提灯代」として1~2万円程度の現金を包む場合もあります。

欠席しなければならないとき

やむをえない事情で法要を欠席しなければならないときは、出欠の返事の他に、おわびの手紙を添えて生花や御供物、または現金で御供物料を送るようにしましょう。

御供物料を贈る場合、現金を現金書留で当日までに届くように送ります。その際、現金を香典袋に入れ、表書きを通常の不祝儀袋と同様に書きます(例えば上段を御供物料、下段を佐藤一男)。

便箋におわびとお悔やみの手紙を書き、これも現金書留の封筒に入れ、郵便局の窓口などから送ります。

おわりに

初盆に招かれたとき恥ずかしくないように、これらのマナーをしっかり身につけておきましょう。

(image by 写真AC)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140709174346 53bd00c2e8f60 thumbnail

本記事は、2014年06月30日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る