生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 苦手な人とうまく付き合っていくためのコツ

苦手な人とうまく付き合っていくためのコツ

2010年12月07日作成

 views

はじめに

義理の家族や同僚、友人など、頻繁に顔を合わせる人の中に、自分の苦手なタイプの人がいる場合、気が重いかもしれません。

「個性の違い」という一言で割り切れないことも、多々あることでしょう。

その壁を乗り越えるためのコツをご紹介します。

苦手な人と上手に付き合っていくコツ

相手の良いところを探す

個性が合わない人と接していると、どうしても自分の気に障るところばかりが目につきます。

でも、写真のデザートプレートのように、それぞれ全く違う味でも、どれにも美味しさがあるのです。

意識して、その人の良いところや、自分にない性格など、尊敬できる点を探す努力をしてみましょう。

「長所は短所」という言葉があるとおり、自分からすると欠点に思える点が、実はその人らしさだということもあります。

決め付けない

先入観が強くなりすぎると、「あの人はいつもああする」とか「言っても仕方がない」などと考えてしまいます。

そうすると、うまくやっていくどころか、ますます相手から遠ざかることになります。

話す前からこちらがあきらめモードを出してしまうと、それは相手にもはっきり伝わるものです。

「今回は、分かってくれるはず」という前向きな気持ちで接してみましょう。

話をする度に議論になってしまう、という場合は、可能ならしばらく距離を置くことも必要でしょう。

自分に置き換えて考える

もしかしたら自分も、気付かないうちに相手の気に障る言動をしているかもしれません。

そして、相手はそれを表に出さず、水に流してくれていることもありえます。本当はお互い様なのです。

そう考えるだけでも、多少の性格の不一致は大目に見ることができるようになるはずです。

おわりに

個性が違うからといって、必ずはじき合ってしまうわけではありません。

相手の良さを認めて協力していくと、ひとりでは達成できなかったことをやり遂げることができ、自分も成長できます。

苦手だ、と思う人にこそ、いつも笑顔で明るく接してみましょう。きっと何かが変わるはずです。

(Photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20101207131901

本記事は、2010年12月07日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る