生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 喜ばれること間違いなし!孫から祖父母に届ける「敬老の日」の手作りプレゼントのアイディアまとめ

喜ばれること間違いなし!孫から祖父母に届ける「敬老の日」の手作りプレゼントのアイディアまとめ

2014年06月20日作成

 views

お気に入り

毎年9月の第3月曜日は敬老の日。「お年寄りを大切にして、知恵を借りましょう」という意味を持つ敬老の日は、かつて「年寄りの日」と呼ばれていたそうです。「その呼び方はよくない」という声のもと、「老人の日」という呼び方を経て「敬老の日」と改定されたのは1966年の話。

国外から輸入された母の日や父の日と違い、「敬老の日」は日本にしか存在しない特別な記念日。そんな日に、子どもと一緒に手作りのプレゼントを贈ろうと考えている人もいるのではないでしょうか?

ここでは「敬老の日」に孫から贈る手作りしたいプレゼントをご紹介します。

目次

「敬老の日」の手作りプレゼント:図工編

鉛筆立て

牛乳パックを使って作る鉛筆立てです。牛乳パックのまわりに、可愛い布や紙をはりつけるだけで簡単にアレンジができます。牛乳パックとは思えない出来栄えに、おじいさんもおばあさんもびっくりしそうですね。ヘアブラシ入れや花瓶としても使えそうです。

「子どもがまだ小さいから、きちんとした鉛筆立ては難しい……」という人も、折り紙を使えば安心!糊やボンドを使ってぺたぺた貼り付けるだけです。子どもの想像力にまかせて、好きなように作ってもらいましょう!

詳しい作り方を知りたい人は、「簡単手作りおもちゃの作り方」もチェック!

写真立て

ダンボールで作った写真立て。ダンボールの風合いがいい味を出しています。一緒に撮った写真を入れてプレゼントすると喜んでもらえそうです。気持ちのこもった、あたたかい贈り物になりそう。

ボンドを使って貝殻や小石、ビーズなどを乗せてアレンジするのも◎。マジックで線を引いたり絵を書いたり、好きなように作ってみましょう。マスキングテープやシールを活用してみるのもいいかもしれません。

詳しい作り方を知りたい人は、「ダンボールで遊ぼう!」もチェック!

キャンドル

簡単なのに凝っているようにみえるのが手作りキャンドル。特に2色キャンドルは、難しそうに見えますが、ほとんど失敗せずに作ることができます。おじいさんやおばあさんのイメージカラーや、好きな色を選んで作るのも面白そう。アロマやお花を入れて、ひと工夫してみるのもいいですね。

ころんとした手のひらサイズの可愛いエッグキャンドルは、生卵があれば簡単に作れます。エッグスタンドを使えば、お洒落なインテリアにも。スタンドとセットでプレゼントするのもいいですね。

お花

紙で作ったお花。お遊戯会や運動会で作ったこともあるのではないでしょうか?花紙とゴムがあれば簡単に作れますよね。生花と違い、紙で作った手作りのお花は枯れません。長い間飾ったり、取っておいたりできるのは嬉しいですね。

子どもの小さな手で一生懸命に作ったのだと思うと、嬉しさもひとしお。花紙を用意できなくても、色水につけたカラフルなティッシュでも作ることができます。たくさん作って、ティッシュの花束をプレゼントするのも素敵ですね!

「敬老の日」の手作りプレゼント:食べ物編

べっこう飴

お砂糖さえあれば簡単につくれてしまうべっこう飴。クッキーの型や食紅を使えば自由自在にアレンジ可能です。駄菓子屋さんで売られていたべっこう飴。昔ながらの懐かしい味に、思い出の花を咲かせるかもしれません。

爪楊枝をつかってペロペロキャンディに、紐をつければ糸引き飴に。カラフルにしても可愛いですね。ひと手間の工夫でべっこう飴の印象ががらりと変わります。見て楽しい、食べて美味しいプレゼントです。

ゆで卵

「時間がない!」という人にぴったりなのが、ゆで卵にイラストを書くという方法。ゆでた卵にマジックで絵を書くだけという簡単・早い・安いの三拍子が揃ったプレゼントです。これならハサミを持ったり火を使う年齢に到達しないお子さんでも気軽に試せそうですね。可愛い孫が絵を書くことで、ただのゆで卵も大事に食べたくなります。

蒸しパン

紙コップで作る蒸しパンは、ホットケーキミックスと牛乳を混ぜ、ラップをしてからレンジで1分半チンするだけ。とても簡単に作れます。ひとつずつ可愛くラッピングすれば立派な手作りプレゼントに。紙コップに「ありがとう」「これからも長生きしてね」などのメッセージを書き込んでもよさそう。

かぼちゃやチョコチップを入れても◎。食べるときは紙コップをやぶればいいだけ。洗い物も手間もありません。簡単で、なおかつお洒落に見えてしまう嬉しい贈り物です。

詳しい作り方は「OKガイド」もチェック!

芋巾着

幼稚園や小学校のころに作った人も多いのではないでしょうか?口のなかでほろほろと崩れる芋巾着は、とても美味しいですよね。さつまいもをつぶして、牛乳とお砂糖を混ぜてからラップで包むだけ……という簡単レシピも魅力のひとつ!

小さな子どもの手のひらサイズの芋巾着が可愛いです。ラップの上からイラストを書き込んだり、ラップにリボンを結んでもよさそう。

「敬老の日」の手作りプレゼント:気持ち編

肩たたき券

父の日や母の日にもプレゼントされる「肩たたき券」。お気に入りのシールやイラストを書き込んで、世界にひとつしかない特別な肩たたき券をプレゼントしましょう!

子どもの字で一生懸命に書かれているチケットだけでも充分に嬉しいもの。小さなこぶしで一生懸命に肩をたたく姿もたまりません。

手紙と似顔絵

素直な文章を書く子どもの手紙は胸が打たれますね。心の通った手紙は一生の宝物になります。自分のために書いてくれたのだと思うと、生きる活力も湧いてきそうですね。

「ありがとう」「だいすき」「長生きしてね」の言葉を使うのが定番のようです。似顔絵やイラストを書くとぐっと華やかに。どんなプレゼントにも負けない最高の贈り物です。

「物」より「気持ち」が大事!

敬老の日に高価なものを贈る必要はありません。年齢や経験を重ねてきたお年寄りにとっては、あたたかい気持ちが何よりのプレゼントになるはずです。日頃の感謝の気持ちを大切にして、笑顔でプレゼントを贈りましょう!

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140611122130 5397cb3abe685

本記事は、2014年06月20日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る