生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7.  
  8. 真夏日におすすめ!東京から1時間で行ける「奥多摩」でのラフティングツアーの選び方

真夏日におすすめ!東京から1時間で行ける「奥多摩」でのラフティングツアーの選び方

2016年11月18日更新

 views

お気に入り

夏も近づき、めっきり暑くなってきましたね。暑さに耐えられない……という休日は、東京から1時間で冷え冷えのキレイな水辺で遊べる、奥多摩のラフティングがおすすめです。

都内とは思えない大自然の中、東京の山が育んだ澄んだ水の上を専用のゴムボートで川下りするアクティビティです。

意外と近い東京・奥多摩

電車なら

新宿からJR中央線で青梅まで50分強。青梅から10〜15分青梅線で西へ。そこはもう多摩川上流の大自然の中、御嶽エリアです。

クルマなら

新宿から中央道八王子ICまで35分。御嶽エリアまで45分。圏央道なら青梅ICまで1時間、御嶽エリアまで20分。窓から見える景色は、東京とは思えないほど自然がいっぱいです。

ラフティングの申し込み

各社WEBサイトから申し込めるようになってます。「奥多摩 ラフティング」で検索すればラフティングサービスをやっている会社がたくさん出てきます。まずどの会社にするか選びましょう。

ツアー会社選びのチェックポイント~アクセス編~

奥多摩のラフティングは、川下りするコースは全社まったく同じなので、選ぶポイントは3つ。アクセス、施設、サービスです。

まずアクセスについてご紹介します。電車の場合、青梅線の東青梅、日向和田、御嶽あたりにラフティング会社が集まっていますが、駅から徒歩で歩ける会社は数軒しかありません。

駅から遠いツアー会社の場合、送迎があることもあります。

車の場合は駅からの距離は関係ありませんが、渋滞に巻き込まれないような位置にある会社を選ぶといいでしょう。

ツアー会社選びのチェックポイント~施設編~

ツアー会社の施設のよさも大切。特に女子は、更衣室にドライヤーがあるか、トイレが水洗かなど、細かいところが気になるものです。

シャワー

川の水は都内のプールより冷たくてきれいなので、シャワーを外に設置しているだけの会社が多いようです。暑い時期以外は、希望すればお風呂にも入れるラフティング会社もあります。

「コンセプト」の運営するラフティングツアーなら、シャワー・浴場が用意されています。

多摩川ラフティングツアー/コンセプト

ラフティング多摩川。東京奥多摩でラフティング・カヌーするなら多摩川ラフティングツアー/みたけカヌー教室へ。御岳渓谷は東京から一番近いラフティングゲレンデです。ラフティングの他にもカヌー・カヤック体験ができます。

www.canoebar.jp

更衣室

ツアー会社の中には、屋外のテントやエアコンのないプレハブを更衣室としている場合が多いようです。夏は暑くなるのではないでしょうか。

着替えやすい服装で行き素早く着替えるか、しっかりした施設内の更衣室のあるツアーにしましょう。

「グランデックス」の更衣室は、夏でも涼し気な、おしゃれな作りになっていますよ。

埼玉・長瀞、東京・奥多摩でラフティング、キャニオニング、SUP、MTBとアウトドア三昧! Grandex グランデックス

東京から一番近いアウトドアスポット 埼玉・長瀞、東京・奥多摩でラフティング・キャニオニング・SUP・MTBを楽しむならグランデックスへ!明るく愉快なスタッフたちがお待ちしております。

www.gdexr.com

トイレ

奥多摩エリアでは、屋外の簡易トイレなどを使用しているところも多く、夏は中が暑い上に衛生的とはいえない場合もありますので、よくチェックしておきましょう。

「クルーソーラフティング」のトイレは、新しく清潔なので、女性でも安心です。

奥多摩・クルーソーラフティング

奥多摩エリアで都心から一番近い親子一緒にラフティングツアー、クルーソー。新宿から1時間強で奥多摩の大自然の中へ。手ぶらでも参加できる6,500円からのツアー。

crusoe-raft.com

休憩スペース

夏の屋外は思っているより暑いもの。ツアー会社では休憩スペースを用意していることも多いですが、屋外やテントだけという場合も多いので、脱水症状に注意です。特にお子様連れの方は水分補給に注意してください。

「キャニオンズ奥多摩」の休憩スペースは屋内にあり、落ち着いてラフティング前後の体を休めることができます。

キャニオンズ奥多摩でできるアクティビティ | キャニオンズ

キャニオンズ奥多摩では新たなコースのキャニオニングツアーを開催しております。

canyons.jp

ツアー会社選びのチェックポイント~サービス編~

食事

バーベキューとセットになったプランを用意しているツアー会社が多いです。バーベキューコンロを貸してくれるだけのものから、森の中のバーベキューガーデンに斡旋してくれるものまで様々です。

河原や屋外のバーベキューは、照り返しもあり予想以上に暑いので、脱水症状等に注意が必要です。

保険

傷害保険だけでなく賠償責任保険に入っているかどうかもポイント。ラフティングは自然の中で遊ぶので、予想外の怪我をすることもあります。

傷害保険では治療費しか出ないことも多く、仕事を休んだり、後遺症を負ったりしたときのために賠償保険に入っているかどうかも、よくチェックしましょう。

まとめ

単に奥多摩に行くだけじゃなくて、できれば快適に楽しみたいですよね。たった1時間強でこんなに楽しめる奥多摩のラフティング、今年のオススメです!

(image by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140615163117 539d4bc506529

本記事は、2016年11月18日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る