生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 「コンロだけ用意すればOK」ではなかった!快適にBBQを楽しむためのオススメ用具6選

「コンロだけ用意すればOK」ではなかった!快適にBBQを楽しむためのオススメ用具6選

2014年06月11日作成

 views

夏といえばバーベキュー!みんなでワイワイ、外で焼いて食べるお肉は最高ですよね。太陽の下で飲むお酒もまた格別です。

しかしバーベキューには、

  • 日差しがキツい
  • 地べたには座りづらい
  • 荷物を地面に直接置きたくない
  • 水道が遠いと手をすぐに洗えない
  • ゴミが沢山出るのにゴミ袋を掛けるところがない
  • 駐車場からバーベキュー場まで荷物を運ぶのが大変

などの難点がつきものです。せっかくバーベキューをするなら、不便な点を少なくして快適に楽しみたいですよね。

そこでここでは、アウトドア大好きな筆者が、バーベキューを少しでも快適に楽しむためのオススメ用具をご紹介します。

筆者は河原やキャンプ場でのバーベキュー経験が多いので、そのような場所でのバーベキューを考えている方には特にオススメします。

オススメ用具6選

タープ

初心者の方や面倒くさがりの方はあまり使わないかもしれませんが、日差しや雨を遮るための屋根となるのでおすすめです。

ひし形や四角形など形はいくつかありますが、いずれも日陰を作ってくれるので、日焼けが気になる方や少し涼みたい方にはもってこいですよ。

また、タープが2つあれば、テーブルとイスを置いた場所だけでなく、レジャーシートを敷いた場所も日陰にすることができます。休憩するときやちびっ子の面倒をみたいときにも大変重宝しますよ。人数に合わせて、サイズや数を調整してみてください。

チェア

バーベキューが手軽に楽しめる都内の施設などにはイスが用意されていることが多いですが、河原などには当然ありません。河原は砂利や大きな石ばかりで地べたに座るとお尻が痛くなるので、イスは必ず持って行きましょう。

筆者はいつも親戚と大勢でバーベキューに行くため、イスは多めに用意しています。標準的なもの、ハンモックのようにゆったりと座れるものなど、種類も様々です。

中でもオススメは写真のような、座る部分がぴんと張ったガッチリとしたものです。座っていて安心感、安定感が非常にあるため、個人的に一番快適さを感じるタイプです。大柄な男性の方でもへっちゃらですよ。

逆に、座る部分が弛んだタイプもあります。お店でいろいろなイスに座ってみて、自分が気に入ったものを見つけて下さい。

レジャーシート

当たり前すぎるかもしれませんが、レジャーシートも持って行きましょう。荷物の置き場ができますよ。もちろん、座ったり寝転がったりするのにも使えます。

筆者の親戚の中には横になって一寝入りする人もいるくらい、レジャーシートは活躍しています。

タンク

河原など自然の中でのBBQだと、近くに水道がない場合もあります。川の水で野菜も手も洗えばいいのですが、その度に移動するのも少し面倒だという方もいらっしゃいますよね。

そんな方にはタンクをオススメします。蛇口が付いていて、水道のように水が出せるタイプのものが便利です。一度水をたっぷり汲んでおけば、その場ですぐに洗うことができるので、とても楽チンですよ。

これ、実際に使ってみると本当に便利です。バケツと違い水が常に清潔な状態であるため、とても気持ち良く野菜も手も洗えます。

ダストスタンド

バーベキューをするとゴミがたくさん出ます。分別もしっかりとしなければなりません。でも、ゴミ袋を掛けるところって意外とないものです。

地面に置いておくのは汚らしいですし、テーブルなどに掛けられたとしてもゴミが目の前にあるのは嫌ですよね。

そんなときにはダストスタンドを使いましょう。これがあればゴミをしっかりと管理できます。複数あれば分別もバッチリです。

かさばるようなものでもないので、持って行って気持ちよくバーベキューを楽しみましょう。自宅用にも使えますね。

キャリーカート

場所によっては駐車場からバーベキューをするところまで遠いことがあります。しかし、大荷物を全て手で持って運ぶのは大変ですよね。そんな手間を省くためには、キャリーカートが大変便利です。

イスや食器類を入れたケースなどは手持ちの方がむしろ運びやすいですが、クーラーボックスやコンロなど、大型で重いものを運ぶ際には大変重宝します。1つで十分ですので、ぜひ購入しましょう。

荷物をキャリーに固定するためのゴム紐が付属品としてあることが多いと思いますので、それを使ってしっかりと固定して運びましょう。

アドバイス

不便な点や疑問な点があれば、アウトドア用品店の店員さんに相談してみましょう。わからないことは詳しい人に聞くのが一番です。きっと親身になってアドバイスをしてくれますよ。

おわりに

バーベキューをより快適に楽しむための用具を今回ご紹介しましたが、これらがなくてもバーベキューは楽しめます。

普段とは違う環境だからこそ、それに伴う不便な点すらも醍醐味と捉えて、楽しむ姿勢を持つことも大切だと思います。

あまり気にしすぎず、純粋にバーベキューを楽しんでくださいね。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140513105412 53717b44c3044

本記事は、2014年06月11日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る