生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3. 懸賞応募をするときの3つのコツ

懸賞応募をするときの3つのコツ

2010年12月07日作成

 views

はじめに

懸賞に応募して欲しいものを手に入れることができれば、本当にラッキーです。

でも、応募しても応募しても全然当たらないと感じられている方は必見です。懸賞の狙い目をご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

懸賞応募の3つのコツ

マイナーな懸賞に応募する

懸賞サイトなどで紹介されているものは、皆が目にする機会が多いので競争率が高くなります。

当選数がその分多くなるわけではありませんので、限られた商品をたくさんの人で競うことになってしまいます。

そこで、懸賞サイトや懸賞本に紹介されていない穴場を見つけるのです。例えば、市町村のWEBサイト、水道局、近所の商店、地域密着の店舗などで懸賞を行っているところが結構ありますので応募してみてください。

ハガキ限定に応募する

昨今ではネットが普及しており、文字を書いて応募することを面倒に感じる人が増えています。

懸賞中には応募の条件としてハガキ応募のみと言った条件があったりします。

この様な条件付きの懸賞は、応募する時点である程度篩いにかけられています。面倒くさがりの人は応募を避ける傾向にあるのです。

過去当選した懸賞は応募しない

これは絶対というお話ではありませんが、媒体よっては当選者をチェックしているところがあります。

同じ商品に応募して当選した時に「前回も当選しましたよね?」という連絡がくることが稀にあります。

筆者は1度、連続で当選した物について前回の当選者であるか確認の連絡がきました。

おわりに

懸賞は楽しみながらされるのが1番で、血眼になって当選させようとすると疲れだけが残ります。

懸賞に応募するために多額のお金を掛けるのは、本末転倒な印象を受けますので、家計を圧迫するまで応募するのは控えた方が良いでしょう。

また、欲しいものと当選するものは必ずしも同じではありません。それだけに、当選したいのか欲しいものを貰いたいのかを切り分けて楽しむのも一つのコツです。

本記事は、2010年12月07日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る