生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 恋愛運とお金の使い方は比例する?!婚活でモテるための自分磨き4つのポイント

恋愛運とお金の使い方は比例する?!婚活でモテるための自分磨き4つのポイント

2014年06月09日作成

 views

お気に入り

いよいよ夏到来。刺すような日差しに汗ばむこの季節は、必然的に肌の露出も増え、日々の体のお手入れに一段と注意を払わなくてはいけませんよね。恋活や婚活をスタートしている男女にとっては、より“外見”が気になるところ。

目次

恋をするたび増える出費

自分磨きには当然お金がかかるもの。「日本結婚相談所連盟」に登録の20~40代男女470名にアンケートをとったところ、「婚活前に比べ自己投資額が増えたか?」という質問に対し全体の70.2%が「はい」と回答しました。

その投資先の内訳を見てみると、男女とも「洋服や靴の購入」と答えた人が最も多く全体の30~40%を占め、2位以降は「美容室に行く」「エステ、ネイルサロンに行く」など美容への投資が目立ちました。美容への投資は女性だけに限った話ではなく、エステやネイルサロンを利用している男性も多くいるようです。

婚活中は、第一印象を良くするためにファッションや美容などにお金をかけ、「自分磨き」に投資する人が多い傾向にあります。

自分磨きのポイント

では自分磨きにおいて重要となるポイントを見てみましょう。

1:ファッション

服装やアクセサリーなどは、基本その人に似合っているのなら問題なし!ただし、頭からつま先までブランド物で固めているような人は「かえってセンスがない」「お金がかかりそう……」と見られ、敬遠されます。

またアクセサリーに関しても、派手でやたらとジャラジャラしているのは品がないと見られがちです。

ファッションは組み合わせが大切。全てにおいて派手な色使いは避け、ワンポイントのお洒落を楽しむと◎

2:髪型

ファッションと同様に気になるのが髪型。人は第一印象が肝心!とよく言いますが、その第一印象で大きなウェイトを占めているのは「髪型」です。いかにも不潔そうで、ボサボサ・パサパサの手入れが行き届いていない髪型はNGです。

定期的に美容院へ通い、髪の長い女性は毛先、男性は年齢と共に気になるフケに注意しましょう。

3:ボディ

薄着になるこの季節。さらに海やプールなどで水着になることを考えれば気を付けておきたいのがボディライン。たるんだ体を引き締めるため、ジムに行って汗を流したり、休日や早朝にマラソンしたりする人も増えています。

また女性の場合ムダ毛の処理は気になるところで、エステや美容外科に通う人も多いです。

ただしお金をかけなくとも、自宅でトレーニングを少しずつ始めてみたり、日ごろから鏡で自分の姿をチェックしたりするなど、日々の気配りとコツコツした努力の積み重ねで改善可能です。

年齢を重ねるごと、ボディラインは変わってくるもの。特にヒップラインは普段見えないからといって油断大敵です!

4:爪や歯など目に付きにくい箇所

上記アンケート結果で「ネイルサロンに行く」と答えた人がいるように、意外にも髪型や服装に比べ目につきにくい箇所にお金をかけている人も大勢います。細かいパーツのケアができている人ほど、「細かいところに気を配れる」「自己管理がしっかりしている」と見られ好印象を与えます。

思わぬ落とし穴。自分「磨きすぎ」に要注意

自分磨きにたくさんお金をかけることは決して悪くないことですが、自己アピールばかりに気を取られ過ぎ、周りに悪印象を与えてしまうケースも・・・。

特に女性の場合、ファッションや美容にお金を浪費し、かえって「お金がかかる女かも」と思われることや、「私、こんなに頑張っているからもっといい人と巡り合えるはず!」と理想が高くなることもしばしば。

また、男性は「もっと若い女の子からモテるはず!」と芸能人と同じような年の差婚を狙って、さらに年齢を重ねてしまうことも。そのような行動ばかりしていては、近くのご縁を見過ごしてしまいます。

自分磨きは「よく見せる」ことよりも「悪く見られない」ことを第一優先とするのが基本です。

おわりに

お相手からの第一印象を良くして恋愛運をアップさせるためにも、ある程度お金をかけて、自分磨きをすることは大切だと言えるでしょう。特に男性は外見で女性を選ぶ生き物だとされています。

しかし齢を取れば嫌でも外見は衰えていくもの。付き合いが長くなれば、外見だけでは量ることのできないその人の優しさや、ものの考え方などがわかってくるはずです。

もちろん外見は大切ですが、外見の美しさばかり追い求めて、相手への「気遣い」や「配慮」を忘れてはいけません。何事もバランスが大切です。“自分を磨く”ということは、常に外見と内面、両輪で成長が伴っていくものと心得ておきましょう!

(image by 足成)
(image by amanaimages 1 2 3 4)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140603195053 538da88d58a14
  • 9c003f8e ac4d 4b83 be18 90e171f6da9c
  • 7613a0a6 d4b0 470d b399 105c840e0dff
  • 970fab32 1f05 4211 b9bf 0e9d58491925
  • Bc9150a2 325e 42bb 9b81 0784a88260b3

本記事は、2014年06月09日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る