生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 初心者必見!ボディーボードを始めるときに必要な道具まとめ

初心者必見!ボディーボードを始めるときに必要な道具まとめ

2014年06月06日作成

 views

お気に入り

「今年の夏はボディボードに挑戦したい!しかし、何を持っていけばよいか分からない……」という方は多いのではないでしょうか。

実際、ボディーボードとウエットスーツだけでは波乗りを楽しむことができません。なぜなら、ボディーボードには、波乗りに向かう前に必要なもの、ライディング中に必要なもの、波乗りを終えた後に必要なものなど、細かい用具があるからです。

そこで、安全かつ楽しく波乗りを楽しむために、今回の記事では「ボディーボードを行う際に必要なもの」についてご紹介したいと思います。

厳選!ボディーボードに絶対必要な道具

ウェットスーツ

言うまでもなくボディーボードに必要な用具です。

実は、ボディーボードのウェットスーツとサーフィンのウェットスーツには違いがあります。ボディーボードのウェットスーツは、肘部分にすべり止めが付けられているなど、ライディング時の姿勢に適した作りになっています。

相場はピンキリなため、様々な価格で販売されているものの、平均すると15,000~30,000円が目安です。

ボディーボード

これがなければ波乗りを始めることができません!ボードの種類は大きく分けて「アーチテール」「バットテール」の2種類に分かれます。初めて間のない方は、安定したフォームでライディングすることができる「アーチテール」のボードで練習しましょう。

なお、ボードの種類他、ボディーボードに関する様々な基礎知識に関しては、以下の記事でご紹介していますので合わせてご覧ください。

相場は、スーツ同様ピンキリですが、まずは、ボードやリーシュコードなどがセットで販売されている「初心者用」を購入することをオススメします。相場は、10,000~15,000円前後です。

リーシュコード

リーシュコードとは、自身とボディーボードをつなぐ用具です。これにより、万が一、転倒などでボードと自身が離れてもつなぎとめておくことが出来ます。

相場は、2,000~4,000円前後です。

フィン

ボディーボードは、サーフィンと異なり、フィンが必須となります。サーフィンでは、「パドリング」という、腕を使って漕ぐことで前進する技がありますが、ボディーボードは「ビーディング」と呼ばれる、フィンを使って前進する方法を使います。

相場は、7,000~10,000円前後です。

バスタオル

シャワーで汚れや海水を軽く流したあとに使います。特にボディボード専用のタオルなどはないので、普段お使いになっているものでも構いません。

番外!ボディーボードであると助かる道具

フィンソックス

「靴ずれ」同様、フィンもサイズの関係で「フィンずれ」を起こすことがあります。そのため、フィンソックスによって、足とフィンをしっかりと固定する必要があります。

ただし、フィンずれは必ず起こるわけでもなく、ソックスなしでも十分楽しむことができます。「足に傷を付けたくない」「万が一を考えて……」という方は用意しましょう。

相場は、2,000~3,000円前後です。

ボディーボード用ワックス

ボードを滑りにくくする道具です。波に乗っている際に、「手で持つ場所」と「肘を付く場所」にワックスをかけましょう。サーフィンでは必須のワックスですが、ボディーボードに関して言えば、塗らなくても十分楽しむことができます。

万が一、塗らないままでライディングした際に、「ん?グリップに違和感を感じる・・・」という状況になったら使いましょう。

相場は、200~300円前後です。

シャワー用のポリタンク

波乗りポイントによっては、シャワールームが設けられていない場合があります。そのため、自身でポリタンクを用意することをオススメします。意外に重宝されるアイテムです。タンクとケース、さらに手動式シャワーがあると万全です。

相場は、2,000~4,000円前後です。

お着替えポンチョ

女性の方へのオススメ用具です。波乗りの世界では路上での着替えが一般的。波乗りスポットによっては、着替えするための部屋やスペースが設けられていない場合も多々あります。

タオルで隠しながらも、ふとした拍子にポロリ…なんてことも無きにしもあらずなので、準備しておいて損はありません。

相場は、3,000~7,000円前後です。

ボディーボードケース

可愛いデザインやスタイリッシュなデザインなど、個性を出せるアイテムです。また、ボード保護の役割もあるので、お金に余裕があれば揃えておきましょう。

値段は、1,500~8,000円前後とピンキリです。デザイン・ブランドを見て、お好きなものを購入しましょう。

ボディーボードでこの夏を楽しもう!

以上の用具を備えれば準備万端!後は、実際に海で波乗りするだけです。そして、どんどん経験を増やして、自分のスタイルが見え始めたら、さらに自分仕様の用具を探しましょう!

奥の深い波乗りの世界、そのスタートとして今回の記事を参考にしていただければ幸いです。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140530133432 53880a5858bcf

本記事は、2014年06月06日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る