生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 昔は「みりん」で暑気払いをしていた!みりんを使った粋なドリンクレシピまとめ

昔は「みりん」で暑気払いをしていた!みりんを使った粋なドリンクレシピまとめ

2014年05月26日作成

 views

「暑気払い」という言葉をご存知ですか?現代では、「ビールを飲んで身体を冷やそう!」という飲み会の口実になることが多いようです。ビアガーデンがいい例ですね。

実は暑気払いは古くから行われており、地域によって飲むものが違いました。江戸時代の関東地方では、みりんを使った飲み物が好まれていたようです。現代では、みりんといえば調味料のイメージが強いですが、実はもち米を熟成させてアルコールを加えた「お酒」でもあるのです。

いつものビールもいいですが、粋な江戸文化に敬意を払い、本みりんで暑気払いをしてみませんか?ここでは暑気払いにオススメのみりんドリンクレシピをご紹介します。

目次

粋のこころを味わう「本直し」

江戸時代、上方では「柳蔭(やなぎかげ)」、関東では「直し」と呼ばれていた本直しは、冷酒として暑気払いの時期に親しまれていました。みりんだけでは甘みが強く飲みにくかったため、焼酎で甘さを抑えて「手直し」したことから「直し」と呼ばれているのだそうです。

用意するもの

  • 本みりん
  • 焼酎

作り方

本みりんと焼酎を1対1で割ります。飲みやすい味になるよう、割合は味を見ながらお好みで調整してください。

初心者でも挑戦しやすい「本みりんソーダ」

「いくら江戸時代には高級酒でも、みりんを飲むなんてちょっと・・・」という方は、まず少なめの本みりんをサイダーで割って飲んでみてください。誰もが一度は飲んだことのある三ツ矢サイダーで割るので、挑戦しやすいですよ!

用意するもの

  • 三ツ矢サイダー(100cc)
  • 本みりん(30cc)
  • 氷(適量)
  • レモン・シナモン・生姜

作り方

  1. グラスに氷を入れ、みりんを注ぎます。

  2. そこにサイダーを加えます。

  3. そのまま飲んでも、ステアしてから飲んでもOK。

  4. レモンなどはお好みで入れてみてください。

梅シロップなどを入れても美味しそうですね!

甘味を楽しみたい大人の「みりんロック」

「オレはみりん本来の甘さをじっくり味わいたい!」という上級者の方は、堂々とロックで飲んでください(もちろんストレートでも)。飽きてきたらレモンやライムを入れて、甘味を少し中和してみてもいいですね。

用意するもの

  • 本みりん(10cc)
  • 氷(適量)
  • レモンやライム

作り方

1.グラスに氷を入れ、そこにみりんを注ぎます。

  1. お好みでレモンやライムを入れます。

女性にオススメ「みりんカルーアミルク風」

女性を中心に人気の高いカルーアミルク風ドリンクも、みりんを入れると暑気払いカクテルになります。上品に甘いみりんカルーアミルクをささっと作って、夏のお部屋女子会にいかがですか?

用意するもの

  • 豆乳(150ml)
  • コーヒー(大さじ1)
  • 本みりん(100ml)
  • 湯(大さじ1)

作り方

  1. コップにコーヒー、お湯を入れて溶かします。

  2. そこにみりんと豆乳を加えて混ぜれば完成です。

爽やかカラーで視覚でも暑気払い「夕涼み」

鮮やかなブルーがとても美しく、見るだけでさっぱりできるカクテルです。グレープフルーツジュースの酸味がみりんの甘味を抑えてくれそうですね。「夕涼み」と名づけられたのも頷ける、夕暮れ時に風鈴の音を聞きながら飲みたい一杯です。

特別な手順は必要ありませんが、ブルーキュラソーが色の決め手!ソーダの割合はお好みで調整してみてください。

用意するもの

  • 白みりん(30ml)
  • ブルーキュラソー(15ml)
  • グレープフルーツジュース(15ml)
  • ソーダ

作り方

  1. 白みりん、ブルーキュラソー、グレープフルーツジュースを混ぜます。

  2. ソーダをお好みの量だけ注ぎ入れて完成です。

塩が甘味をひきたてる「みりん塩ウォッカトニック」

お酒が得意なら挑戦してみてほしい「みりん塩ウォッカトニック」のご紹介です。自家製塩ウォッカの塩味がみりんの甘さをひきたてます。少し部屋を暗くして、大人のリラックスタイムを過ごすのにぴったりですね。

用意するもの

  • 自家製塩ウォッカ(40ml)
  • 本みりん(5ml)
  • ライムジュース(1tsp)
  • トニックウォーター(適量)

作り方

  1. シェーカーに自家製塩ウォッカ、みりん、ライムジュースを入れてシェークします。

  2. 氷を入れたタンブラーに注ぎ、トニックウォーターで満たします。

自家製塩ウォッカは、適量のウォッカに塩をウォッカの3%分加えて溶かしたものです。

甘くて優しい味わい「和心地」

抹茶好きの方に飲んでほしい抹茶みりんカクテルです。浴衣を着て「和心地」を片手に、和のひとときを過ごしたくなりますね。

用意するもの

  • 白みりん(10ml)
  • 抹茶リキュール(10ml)
  • ミルク(40ml)

作り方

グラスにすべての材料を入れ、混ぜます。

みりんドリンクを作る際の注意事項

「みりん風調味料」はNG

本みりんとは別に、みりん風調味料というものがあります。本みりんがアルコール14%程なのに対し、みりん風調味料はほとんどアルコールが含まれていません。ですから、ドリンクを作るときは本みりんを使わないと、「暑気払い」のお酒にはならないので気をつけましょう。

果実酒を作るのは違法

「みりんに梅を漬けて梅酒にしたらどうかな?」と考えた方がいるかもしれませんが、実はそれ、違法行為なのです。法律には「酒税法」というものがありまして、その法律によると、自己消費だろうとなんだろうと個人で酒を作っちゃダメなのだそうです。

また、「20度未満の酒に果実などを漬けてはいけない」とも決められています。みりんは14度なのでアウトですね。そういうわけで、梅みりんを手作りしてはいけないのです。十分気をつけましょうね。

今年はみりんで粋に暑気払い

いつもは料理に使うだけのみりんですが、「これはお酒だ」という視点で考えるとさまざまなドリンクに応用できますね。自分に合う飲み方をいろいろ研究してみるのも粋です。

かき氷を食べたりビールを飲んだりするのもいいですが、今年は「お米のリキュール」と言われているみりんで、和の伝統に親しみながら暑気払いをしてみてくださいね!

(image by PresenPic)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140522185958 537dca9ed8f08

本記事は、2014年05月26日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る