生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 時速30kmに南極観測隊まで!進化を遂げているオモシロ流しそうめんまとめ

時速30kmに南極観測隊まで!進化を遂げているオモシロ流しそうめんまとめ

2014年05月21日作成

 views

最近では夏の風物詩として定着した流しそうめん。普通の流しそうめんは数メートルの竹のレールにそうめんと水とをゆっくり流すものですが、一部ではその流しそうめんがすごい変化をとげているのです。

それはそうめんをハイスピードで流してしまったり、すごい高さから流してしまったりというもので、なんとその中にはギネス記録を持っているものまであるのです!

そこでここでは驚いてしまう事間違いなしの、進化系流しそうめんについてご紹介したいと思います。

目次

長さがすごい部門

2011年に京都の上田悠貴さんが中心となり、500本もの竹を使って3216,7mの長さに挑戦し、見事ギネス世界記録を更新しました。

山手線の2駅分がだいたい3.3kmですから、それと同じ距離を竹で作ったと思うと驚いてしまいますね。

そしてこの記録が参加メンバーのやる気に火をつけ、2012年の世界流しそうめん協会発足のきっかけとなりました。なお、上田悠貴さんは現在世界流しそうめん協会の会長を務めています。

スピードがすごい部門

京都駅での時速30km

2013年7月、世界流しそうめん協会による新たな試みがありました。

京都駅の傾斜角21度の長い階段に、25mのプラスチック製の流しそうめん台を設置し、流しそうめん世界最速記録に挑戦したのです。これまでの国内最速記録は時速14.5kmで、この記録を打ち破るため、同協会は高圧洗浄機を利用して水を高速で流しました。その結果は……

そうめんが流れるスピードは最速で時速30キロを超え、新記録を樹立しました!素晴らしい!公共の場である駅が会場として提供されるなんて、京都全体で流しそうめんを盛り上げようという気持ちが無いとできないことですよね。

とにかく個性的部門

3500人で流しそうめん

この写真は、岐阜県の「めいほう高原パノラマ流しそうめん大会」で撮影されたものです。

高原内のめいほうスキー場には斜面を利用した長さ約100mの巨大そうめんレーンがあり、毎年8月下旬に流しそうめん大会が行われています。いつも3500人位の人出があるそうで、この写真も例年どおりの光景とのことです。

きれいな空気や水を味わいながらの流しそうめんは格別でしょうね。なお、今年の大会の日時はまだ決まっていないようです。

もはやアートな流しそうめん

この写真は詳細が不明なのですが、屋内で流しそうめんをやろうとしたらこうなったという感じでしょうか。ピタゴラスイッチみたいですね。

個人的には、手前左をもう少し高くした方がうまく流れるのでは?と思います。

高低差がすごい流しそうめん

これは武蔵野美術大学の学生達の力作で、レールの長さに対しての高低差は日本一、いえ世界一かもしれません。2階に届く高さの足場も写っているので、色々試行錯誤しながら作ったようですね。

一見スピードがつき過ぎてそうめんが飛んでいってしまいそうですが、無事ゴールまで流れついたそうです。さすが美大生!発想が面白いですね。

そうめんが川を渡る流しそうめん

こちらは兵庫県の戸倉峠にある「滝流しそうめん」というお店で体験できるもので、なんとそうめんが川を渡ってやってきます。なお「滝」はあくまでも店名であって、滝でそうめんを食べるということではないようです。

川原に下りられるので、頭の上をそうめんが通過するという貴重な経験もできますよ。

南極観測隊の流しそうめん・発端はあの人のお父さんだった!

南極は年中銀世界なので四季を感じられません。そこで季節の移り変わりを感じるために、毎年日本の夏に合わせて流しそうめんをするようになったそうです。

そしてその発起人が、あの小堺一機さんの父・小堺秀雄さんなのです。秀雄さんは日本で寿司職人をしていて、民間人初の南極越冬隊員となった人物です。

南極で行う流しそうめんは盛況で、皆そうめんを食べながら日本へ思いを馳せているそうです。ただすくい残したそうめんを南極に残してはいけないので、一本残らずきれいに拾い集めるのが大変とのことです。レールは雪でできているので、白いそうめんを流したら見えづらくて苦労しそうですね。

さらに南極には海外の観測隊もいるそうで、彼らはこの光景を「ランニングヌードル」といって面白がり、流しそうめんならぬ流しスパゲッティをやってみたそうです。スパゲッティだとつゆはミートソースでしょうか。

変わった流しそうめんに挑戦して、SNSなどで共有してみよう!

流しそうめんは無限の可能性を秘めています。発想が自由な子供達の意見を反映して、オリジナリティー溢れる装置を作っても面白そうですね。

ぜひまだ誰もやっていない流しそうめんを試してみてください!写真や動画の共有サイトに投稿してみたら、思わぬ人気者になれるかもしれませんよ…!

(image by 写真AC)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140702102714 53b35ff2d8447

本記事は、2014年05月21日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る