生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 今年の夏のイベントどうする?手作り「流しそうめん」を成功させるヒント

今年の夏のイベントどうする?手作り「流しそうめん」を成功させるヒント

楽しい夏の思い出に流しそうめん。やったら盛り上がるんだろうけど、面倒臭そう....。実際にやったことがある人は意外と少ないのではないでしょうか?「やってみたいけどどこから始めていいか分からない」という人のために、必要なものから、道具を揃える方法、そしてちょっとしたこだわりポイントまで、手作り流しそうめんを成功させるイロハを一からご紹介します!夏のイベントを成功させてみんなをあっと言わせてみませんか?

2014年05月19日作成

 views

竹を割って、中に水を流し、そこに次々とそうめんを流していく…終わりの合図はサクランボ!小さなイベントとしても大きなイベントとしても、夏といえば「流しそうめん」、一度はやってみたいですよね。

でも、ただ流してそうめんを食べて終わり…となるとイベントとして大成功するかどうか心配!という人もいるかと思います。ちょっとした工夫をすれば、みんなで盛り上がれる夏ならではの最高のイベントに変身しますよ!

ここでは、流しそうめんを気軽に楽しめ、イベントとして大成功させるヒントをご紹介します。

流しそうめんに必要なものと場所について

流しそうめんを実際に行うには、いろいろと準備が必要です。当日になって「あれがない!」「この場所では無理…」ということのないように、事前準備をしっかりとしておきましょう。

流しそうめんに必要なもの

  • 流し台
  • 流し台を支える脚(脚の長さは参加する人の身長を考慮しましょう)
  • 水を流すためのホース
  • 最後にそうめんを受けるザル
  • そうめんを入れておく器

これらのセットがあれば、流しそうめんの土台が出来上がります。流し台は「竹」が理想的ですが、プラスチックのものもありますよ。

雨どいのある場所に土台を組むといざと言う時に助かります。ビニールシートで屋根をつくるなど、状況によって雨よけを用意しておくのも手ですね!

その他の必要なもの

  • そうめん
  • つゆ
  • 薬味と薬味入れ
  • お椀
  • コップ

実際に食べるものや、食べる時に必要なものです。薬味や飲み物も意外に忘れがちなので気を付けましょう!

流しそうめんができる場所

流しそうめんには、割と広めのスペースが必要です。町内会や幼稚園のイベントなど、ある程度の規模で開催するなら、広場を確保するのがよいでしょう。もちろん、そうめんを流すための水をどこから出すかしっかり検討して、水場を確保することも必須です。

もしご自宅で開催する場合は、卓上レベルなのか、部屋を横断するのか、規模のイメージをしっかり作っておくことが大事です。

ロフトから流すという強者もいるようですが、あまりに角度がつきすぎると、そうめんがすごい勢いで流れ去ってしまいますので注意が必要です。角度も大切なポイントです

流しそうめんイベントを大成功させるコツ

せっかくの流しそうめんイベント、ただ食べて終わりでは勿体ないもの。それなりの楽しませ方をするのもイベントを成功させるコツですよ。みんなで、流しそうめんの組み立てから始めたりするのも、面白いかもしれませんね!

コツ1:そうめんにこだわる!

そうめんと一口にいっても、いろいろなそうめんがあります。その中でもオススメしたいのが、カラーそうめんです。カラーそうめんを普通のそうめんの中に時々混ぜるだけで、特別感が増して楽しさがアップしますよ。

イベントなら、ピンクのカラーそうめんをゲットした人に賞品!というのも盛り上がりますね!

コツ2:そうめん以外もこだわる!

流しそうめんだからと言って、そうめんだけ流さなくてもいいんです。例えば…

  • キュウリ・プチトマトなどの夏野菜
  • 缶詰みかん・さくらんぼ・ゼリー・寒天・アイスなどのデザート
  • 途中からつゆを変えて、うどんやラーメン
  • イカそうめんなどネタ的なもの
  • 薬味も流しちゃう

流して面白いものは無限大です。たくさん意見を出し合ってみてくださいね。ラストに流すのは「アヒル」や「ボート」など、食べ物じゃないと面白くてわかりやすいですよ!

コツ3:物にこだわる!

用意する竹は、ぜひ本物にしましょう。プラスチックの竹も売っていますが、本物の竹でしか味わえない良さがあります。器も竹のもので食べた方が、本格的で香りもよく味わい深いものになりますよ。

例え流し台がプラスチックでも、器やお箸が竹だと雰囲気があってとても素敵ですよ。

コツ4:雰囲気作りにこだわる!

ただ流しそうめんセットを組み立てて食べるだけでは勿体ない!

場所を河原にしてみたり、時間帯を夕方以降にして、花火ができるようなところなら線香花火をやってみたり。家の庭でやるなら、風鈴や灯篭風照明を置いて雰囲気づくりをしてから楽しみたいですね。スイカを川で冷やしてスイカ割りなんて、とっても盛り上がれますよ。

しっかり浴衣を着て挑むのもいいかもしれません。日本の夏を満喫しましょう!

日本らしい涼しげなイベントを満喫してみよう!

流しそうめんは、日本ならではの面白いイベントです。ポイントをおさえれば簡単に実施することができますよ。いろいろなアイディアを持ち寄って、楽しさを倍にしてみてくださいね。

関連記事はこちら!

(image by PIXTA 1 2)
(image by amanaimages 1 23)

この記事で使われている画像一覧

  • 40c50f76 4765 4ec3 ae36 234791b39a0a
  • 8c6cf12e 46f6 409e b9fb 900a719b189a
  • 98a03e42 2078 4d1f 8d3d 8875c698c1a3
  • 8c5ae372 2f46 43c7 9e27 69fdfbc299ed
  • 16d9d297 67e5 4415 803e 013c32f0ff8e

本記事は、2014年05月19日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る