生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 利用料金は1000円以下!安くて子供用プールがあるプール施設まとめ(関東版)

利用料金は1000円以下!安くて子供用プールがあるプール施設まとめ(関東版)

2014年05月16日作成

 views

夏休みにはやっぱりプール!暑い日には家族でプールに行って泳ぎたいですよね。でも、レジャー施設のプールは料金は高いし人は多いしで、子ども連れではいけない……なんて思っていませんか?

ここでは、関東近郊にありながらほぼ1000円以下で利用できる、低価格かつ、遊具が豊富で、小さいお子さま向けの子供用プールを完備したファミリー向けプール施設をご紹介します。

目次

東京都

アクアブルー多摩

完全屋内型なので1年中使えるのがこのプールの魅力。流れるプールにリラクゼーションプール、ウォータースライダーも2種類もあってとっても充実しています。

キッズプールはもちろんのこと、プールに入れない子どものためのキッズルルームも完備。お母さん目線なプールです。

2時間まで大人600円、小・中学生300円、小学生以下無料

羽村市水城公園

西多摩地域最大級の敷地を誇る広大なプール施設。解放感があり、家族でまったり楽しみたいときはここがおすすめ!なんといってもコスパが最高です。

2時間まで大人(高校生以上)300円、子ども100円/1日券大人600円、子ども200円

すみだスポーツ健康センター

屋内プールですが、180度パノラマビューのガラス壁に囲まれているので、天気がいい日は明るい陽光がふんだんに差込み、まるで屋外にいるかのような気にさせてくれます。

施設の中も外も南国風の植物が植えられ、オアシス気分が味わえます。なんと毎月25日はプールの無料開放日となっているそうなので、ぜひ行ってみましょう!

2時間まで大人400円、子ども(小・中学生)200円/1日券大人700円子ども350円

北区立元気ぷらざ

区立のプール施設ですが、25mプール・流れるプール・ウォータースライダー・幼児用プール、おまけにサウナまでついているという充実さとコスパの良さが自慢です。

完全屋内型の温水プールなので、年中通えます!

2時間まで大人400円、子ども(3歳~中学生)100円

神奈川県

こどもの国プール

こどもの国は地域のレジャースポットとして人気の場所で、7月から9月の間、プールが開園されます。

入園料とセットになるので価格は少々高めですが、牧場やバーベキュー場、キャンプ場、テニスコートなどの豊富な園内施設も一緒に楽しめるので、ある意味1番コスパがいいといえるかも。

大きな屋根付きの休憩所がプールサイドにあり、疲れたお母さんたちも日差しを避けて休憩しながら子どもたちの様子を見ていられるので安心です。

プールセット券:大人(高校生以上)1100円、子ども(小・中学生)450円、幼児(3歳以上)350円

横浜プールセンター

別名マンモスプールと呼ばれるほどの大型プール。中学生以下の値段が一律200円と、非常にリーズナブルな施設です。

毎年非常に混雑するため、早い時間帯から行くことをおすすめします。

大人800円、子ども(3歳以上中学生以下)200円

さがみはら北の丘センター

屋内型なので通年使えるプール。ループ式のウォータースライダーが人気で、子ども用レジャー設備もばっちりです。

バリアフリー設計なので、わんぱくなお子さんの怪我の心配もあまりしなくてすみますよ。

2時間で大人400円、子ども(中学生以下)200円

県立辻堂海浜公園 辻堂ジャンボプール

子ども用の幼児プール、水遊びプールも含めた6種類のプールがあり、ファミリーで楽しむのにおすすめです。

ボーイズシンクロや水の安全教室といったプールイベントなども毎年盛んに行われています。

おとな(高校生以上)830円、中人(中学生)520円、子ども(小学生以下)210円

埼玉県

しらこばと水上公園

幼児向けの輪投げ、小学生向けの忍者水上走りなどの子ども向けイベントが盛んです。9種類ものプールがあり、1日いても子どもは飽きずに遊んでくれそうです。

2013年にはホワイトビーチがオープンし、ビーチスポーツや、砂あそびもできるようになり、確実に値段以上に楽しむことができそう。

大人720円、小人210円、ファミリー券(大人2名小人2名分が1枚になっている入場券)1650円

川口市立グリーンセンター 流水プール場

冬のスケート場が夏にはプールに様変わり!1周200mの大きな流れるプールが魅力です。

隣接する植物園には滝や噴水、季節の花々を楽しめる花壇、大温室などがあり、プールのついでに緑も楽しんで帰れそう。

大人520円、高校生310円、子ども100円

川越水城公園プール

45万平方メートルの広大な公園の一角にあり、幼児用プールから飛び込みプールまで、多目的に使える施設です。

長さ148メートルのチューブスライダーが子どもに大人気なようです。

大人720円、小人210円、ファミリー券(大人2名小人2名分が1枚になっている入場券)1650円

ニューサンピア 埼玉おごせ

リゾートホテル施設に併設されたプールで、子ども用遊具が豊富!水遊び用おむつも販売しており、年齢制限が一切ないため、おむつのとれない子どもがいても安心して家族でプールを楽しめます。

帰りに併設された天然温泉で汗を流せば、日帰り旅行気分満点!

大人1000円、小人500円、未就学児(4歳未満)無料

千葉県

千葉県南房パラダイスプール

通称「ナンパラ」と呼ばれる千葉県最大の動植物園で、夏休み中のみ開かれる屋外プールです。

ヤシの木に囲まれたプールサイドには焼そば、イカ焼き、カキ氷、ポップコーンなどの売店もあり、小腹を満たしながら南国気分を味わえます。

入園料金だけでプール、動物園、植物園が楽しめるので、1日中楽しめます。

大人800円、中学生400円、小学生200円、幼児無料

市川市市民プール

千葉県にたくさんある市営のプールの中でもプールの種類が豊富な施設です。夏が待てない人のために、6月1日から7月1日の間、太陽熱を利用した室内プールもオープンします。

7月21日の海の日は、小・中学生以下の方に限り、使用料が無料になるようです!

大人750円、高校生500円、小・中学生200円、幼児無料

こてはし温水プール

子ども用プールはもちろん、25mプール・流水プール・ウォータースライダー・ジャクジーなどが完備され、目的に合わせて楽しむことができます。

天井がガラス張りになっており、屋内にいても陽差しを感じながら遊ぶことができるのが魅力です。

2時間まで一般300円、中・高校生200円、小学生以下100円

おわりに

大型レジャー施設のプールでは料金が1人2000円以上かかるのが通常ですが、市や区の施設には低価格かつ、高いレジャー性も兼ね備えたプール施設がたくさんあります。

この夏休みは、子どもとめいっぱいプールを楽しんでみてはどうでしょうか。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140502162824 5363491854c33

本記事は、2014年05月16日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る