生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 県下一の夏祭り!5日で70万人を動員する、「熊谷うちわ祭り」の楽しみ方

県下一の夏祭り!5日で70万人を動員する、「熊谷うちわ祭り」の楽しみ方

2014年05月13日作成

 views

お気に入り

例年猛暑で話題になる埼玉県・熊谷市。その熊谷で、県下最大のお祭りが催されているのをご存知でしょうか?

その名も「熊谷うちわ祭り」!!!

ここでは、全国区での知名度が上がりつつある熊谷うちわ祭りの魅力について、たっぷりご紹介します。

目次

熊谷うちわ祭りの概要

熊谷うちわ祭は、毎年7月20日から22日の3日間に開催される、熊谷に鎮座する愛宕八坂神社の例大祭です。例大祭とは、神社で催される、その神社で最も重要な祭事のことを指します。

実際は7月19日と23日にも祭事が行われていますが、ほぼ未公開となっています。

山車6台・屋台6台が賑やかな熊谷囃子を鳴らしながら、熊谷市内を練り歩きます。

2012年には70万人もの観客を動員し、埼玉県下では最大規模のお祭りの一つです。その歴史は江戸末期からと古く、2013年には熊谷市の指定無形民俗文化財に指定されました。

また京都とゆかりのあることから、「関東一の祇園祭」との異名をとります。

熊谷うちわ祭りについての、おもしろ予備知識

どうしてうちわ祭りというのか?

江戸時代から続く風習では、お祭りの時期には多くの家や商店で赤飯を配っていました。この「熊谷の赤飯振る舞い」は祭りの名物にもなっていたのですが、ある年、泉屋横町にあった料亭「泉州」の5代目主人が、赤飯に代わって渋うちわを配りました。

その後、各商店でも買い物客、取引商人にも渋うちわを配るようになり、「うちわ祭」という名前が誕生しました。なんと、3銭の買い物にも5銭のうちわを振る舞っていたそうですよ。

現在もお祭り会場では、協賛企業のうちわが配られています。

愛宕八坂神社について

江戸時代に京都の八坂神社から祭神の分霊を迎え、現在の鎌倉町の愛宕神社に祀ったのが愛宕八坂神社の始まりです。

ご祭神は素戔嗚尊(すさのおのみこと)と火之迦具土神(かぐつち)で、嵐・暴風雨(で大事に至らないようにとの願いが届くのでしょうか?)・厄除け・縁結び・安産・防火などの祈願にご利益があると言われています。

大総代という存在

熊谷うちわ祭りには大総代という存在がいます。

うちわ祭りには弥生町区・本石区などの12の区が参加していて、その町の長が持ち回りで大総代の役目を務めるのですが、この「大総代」という存在を立てるお祭りは、全国的に見てもこの熊谷うちわ祭りだけです。

そして毎年7月22日の夜にお祭り広場で行われる、「年番送り」という大総代の引継ぎを行う儀式があります。この「年番送り」はお祭りの締めとしての意味も持つ、とても重要で感動的な儀式です。一連の流れがある儀式なので、去年の模様を動画でご紹介します。

年番送りは一般公開されています。

信号や縁石は可動式

山車が練り歩く道路の信号機は山車と接触しないように可動式になっており、祭が開催されている時間には上に上げられるようになっています。また、市役所通りの縁石も取り外し式になっています。

うちわ祭りあっての熊谷市なのですね。

うちわ祭りの目玉!叩き合いとアンダーパス越え

叩き合い

叩き合いとは、山車・屋台が交差点などでお囃子を演奏しあうことをいいます。昔は、リズムが狂ったほうが負けとされ、道を譲ったともいわれています。叩き合いは期間中に5回行われます。

  • 20日19時~:JR熊谷駅北口ロータリーで全車が集結して初叩き合い
  • 21日20時~:12台の山車屋台が市内で東西に分かれて叩き合い
  • 21日20時半~:八木橋前交差点で曳っ合わせ(引き合わせ)叩き合い
  • 22日20時~:コミュニティー前の交差点で曳っ合わせ(引き合わせ)叩き合い
  • 22日20時50分~:お祭り広場で曳っ合わせ(引き合わせ)叩き合い

中でも最終日のお祭り広場での曳っ合わせ(引き合わせ)叩き合いはお祭りのクライマックスということもあり、最大の盛り上がりを見せます。

曳っ合わせ(引き合わせ)叩き合いは全車を引きあわせて戦わせるという意味です。

アンダーパス越え

アンダーパス越えは、20日午後に行われるイベントで、電車の高架下の「アンダーパス」を、山車が演奏を止めずにくぐり抜けるというものです。

叩き合いと比べると少々地味ですが、高架の下スレスレを通る様子はなかなか見応えがあります。

アンダーパス越えをする区は、毎年変わります。今年の出場区はまだ決まっていないそうです。

熊谷うちわ祭りに行く上での注意点

露店は21・22日のみ

一般向けの催しは3日間ですが、露店が出るのは21・22日のみです。露店を楽しみにお祭りに行く人も多いと思うので、気をつけてくださいね。

大幅な交通規制に要注意

熊谷駅正面ロータリーおよび県道熊谷停車場線などが大幅に通行止めになる時間帯がありますので、車を利用する人はこちらの交通情報でチェックしてから行きましょう。

うちわ祭りで夏を満喫!

熊谷は関東圏からなら意外と近く、都心からでも1時間ちょっとで行くことができます。

ぜひうちわ祭りも夏のイベントに入れてみてくださいね!

(image by flickr)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140513124914 5371963a5bf63

本記事は、2014年05月13日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る