生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. ほおずき市に来たらぜひ寄ってもらいたい!神楽坂のおすすめ甘味処10選

ほおずき市に来たらぜひ寄ってもらいたい!神楽坂のおすすめ甘味処10選

2014年05月13日作成

 views

情緒にあふれ、国際色ゆたかなグルメ街として有名な神楽坂は、多くの甘味処が立ち並ぶスイーツの街としてもまた広く知られています。

ほおずき市や阿波踊りに参加できる「神楽坂まつり」の開催を7月下旬に控えた神楽坂で、お祭りを楽しみつつ、おいしい甘味を頂く…。そんな風流な夏を味わいたいあなたにおすすめのステキな甘味処をご紹介します!

目次

1:紀の善

まずは「神楽坂といえばココ!」という人も多いであろう有名店「紀の善」。神楽坂下に位置しており、JR飯田橋駅西口・東京メトロ飯田橋駅B3出口からスグの場所にあります。

抹茶の苦味とクリーム・あんこのバランスが絶妙な抹茶ババロアやあんみつ・おしることいった甘味が看板商品ですが、お雑煮や釜めしなどのお食事も用意されているので様々なタイミングで利用することができますよ。

店内は広く2階席もありますが、人気店なのでたいていの場合は少し並ぶことになります。お時間には余裕をもって訪れたいですね。

2:梅花亭

神楽坂に2店舗を構える老舗の和菓子屋「梅花亭」は、紀の善と同じく神楽坂を代表するお店のひとつです。

時期ごとに季節感あふれる生菓子を提供し、保存料や添加物を一切使用しないというこだわりの姿勢から生まれる上品な和菓子たちは素朴ながら魅力たっぷり。

ショーケースではなく、塗り盆や竹かごに和菓子が入っている陳列スタイルがワクワク感をさらに増してくれます。

最中や季節の生菓子は美味しさだけでなく見た目も非常にキレイなものが多いため、おみやげにもおすすめです。

3:不二家・飯田橋神楽坂店

飯田橋駅すぐそばの神楽坂下にある「不二家・飯田橋神楽坂店」は、スイーツ好きとしては外せないお店のひとつ。

なぜならこちらの不二家は、日本で唯一「ペコちゃん焼き」を販売しているお店だからです。

季節に合わせて限定商品を展開したり、ペコちゃんのボーイフレンド・ポコちゃんがたまに焼きあがったりと、イベント感がたっぷりで、話のネタになること間違いなし。一度は試してみないと損ですよ!

4:五十鈴

神楽坂のランドマーク・毘沙門天善国寺そばの老舗「五十鈴」にはいつも行列ができています。

「甘露甘なっと」「神楽坂饅頭」「三色もなか・華車」がこちらの三大銘菓。小豆に非常にこだわっているお店ですので、あんこ好きの方にはたまらないお店ですね。

5:神楽坂 茶寮

一軒家をまるごと使ったおしゃれな内装から「和カフェ」という言葉がピッタリの「神楽坂 茶寮」は、ボリュームたっぷりのスイーツとお食事で連日賑わっています。

甘さ控えめな和のスイーツや、趣向を凝らした飲み物のラインナップが豊富なのが特長です。店内の雰囲気が非常に良いため、ランチ・ティータイム・ディナーと様々なシーンで使うことができそうです。

早稲田通りから一本入った場所にあるため、少しわかりづらいかもしれませんが、ほっと一息つきたい方におすすめしたいステキな和カフェです。

6:あかぎカフェ

地下鉄東西線神楽坂駅から徒歩1分、赤城神社の敷地内に併設されている人気のカフェが「あかぎカフェ」です。神社の境内を眺めながらゆっくりとくつろげる「神社カフェ」という新たなアプローチが斬新ですね。

モーニング・ランチ・ティータイム・ディナーと、時間ごとにセットメニューがこまかく変わるシステムになっており、お食事やデザートのおいしさはもちろんアルコール類まで充実しています。

おいしいメニューに新しくオシャレな室内、そして境内に面したガラスから神社の静謐な情景を楽しめるあかぎカフェで、神楽坂散策の合間にのんびりとお茶してみては?

7:くりこ庵

横浜発祥の人気たいやき「くりこ庵」は、「梅花亭」のお隣、神楽坂下にあります。パリっと薄いサクサクの皮の中にぎっしり詰まったあんこのおいしさが光っており、人気店と呼ばれているのもうなずけます。

飲み物とたいやきのセットを頼むと、お店奥にあるイートインスペースが利用できます。たい焼きの種類も豊富で、おしることいったメニューもあります。

飲み物と一緒に一息つくもよし、店頭で買って食べ歩いてもよし!気軽に入れるおいしい甘味処です。

8:マンヂウカフェ ムギマル2

非常にレトロな建物の壁にびっしりと這ったツタ、店先にあるたくさんの鉢植え、一見どこが入り口なのかわからないような店構え。そんな独特すぎる雰囲気を醸し出しているカフェが「ムギマル2」です。

こちらのお店の主役は小麦まんじゅう!注文を受けてから作られるおまんじゅうはふっくらあつあつです。

他にはない雰囲気を持ったゆるさが魅力のお店で、時間をわすれてのんびりまったり過ごしてみては?

9:和菓子 浅田家

神楽坂から少し歩き、江戸川橋近くの地蔵通りにまで足を伸ばしてみると、老舗中の老舗といった風情の和菓子屋「浅田家菓子舗」があります。

和菓子・洋菓子ともに扱っていますが、中でもお餅のおいしさが有名です。お餅がもつ甘みや粘り・歯ごたえがよく、人気商品も大福やお団子といったお餅系だそうです。

筆者おすすめは甘さ控えめな豆大福と、程よい味付けのタレが絶品のみたらし団子です。どちらもお餅の味をしっかり楽しめます。

10:花

とても元気な女将さんが切り盛りする甘味処「花」。多くのお客さんで連日賑わっている人気店です。女将さんの人柄、店内の清潔かつレトロな雰囲気、そして女将さんのこだわりが詰まったすばらしい甘味の数々に再訪する人が後を絶たないんだとか。

これでもかというほどフルーツがギッシリ詰まったあんみつや、自家製の白玉・じっくり煮詰めたあんずがふんだんに使用されているかき氷「氷あんず」に、お抹茶を点ててつくる宇治金時のかき氷など、ステキな甘味が目白押しです。

うだるような蒸し暑い日には、風情ある昔ながらの甘味処「花」へ、涼みに行きたくなりますね!

神楽坂で甘味巡り!

今夏の「神楽坂まつり」は、7月23日・24日に「ほおずき市」、25日・26日に「阿波おどり大会」が開催予定です。お祭り見物のついでに、甘味処へ足を運んでみては?

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140508113604 536aed942d032

本記事は、2014年05月13日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る