生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 1回の参拝で46000日分のご利益!知っておきたい「ほおずき市」の由来と豆知識

1回の参拝で46000日分のご利益!知っておきたい「ほおずき市」の由来と豆知識

2014年05月13日作成

 views

浅草寺の参道に並ぶ屋台も赤い実で一気に華やぐ「ほおずき市」。毎年初夏に全国のお寺で開催され、風情ある町並みに夏を感じられる「江戸の夏の風物詩」として毎年大盛況なイベントのひとつです。

このほおずき市の賑わいには、とある理由があることをご存知でしょうか。実は、ほおずき市の開催される日に参拝をすると、実に46000日分(約126年分!)の参拝と同じご利益を得られるといわれているからなんです。

江戸だけでなく日本中の人々が、1年に1度しかない大きなご利益を求め、浅草寺にやってきた…そんな文化と歴史を感じる「ほおずき市」について、ご紹介します。

目次

ほおずき市の発祥の由来

「縁日」と「功徳日」

現在は「屋台や出店がでるお祭りの日」という意味の方が広まっている「縁日」という言葉ですが、もともとは、「寺社で祀っている神様や祭祀具に『縁』のある『日』」「その日に参拝すればいつもより多いご利益を得られる日」という意味の言葉でした。

浅草寺を始めとし、全国各所で祀られている観音菩薩の縁日は毎月18日とされています。

室町時代以降には「功徳日(くどくび)」と呼ばれる縁日が新たに定められました。この功徳日に参拝すれば、百日分・千日分のご利益を得られるとされたのです。

そんな功徳日のなかで最もご利益が多いのが7月10日のお参りで、千日分のご利益が得られるとされ「千日詣」と呼ばれていたのですが、1700年代前半ごろから「四万六千日(しまんろくせんにち)」と呼ばれ、46000日分のご利益が得られるといわれるようになったそうです。

今なら「いや、一気にご利益増えすぎだろ」というツッコミが入りそうですが、当時の江戸っ子には「ご利益めっちゃ増えた!ラッキー!」とあっさり受け入れられたようですね。

もともとは浅草寺ではなかった

そもそも「ほおずき市」とは、東京都港区の愛宕神社における千日参りの縁日に開かれていたものが発祥とされています。

「ほおずきを水で鵜呑(うの)みにすると、大人は癪(しゃく)を切り、子どもは虫の気を去る」

というように、当時ほおずきは薬草として重宝されていたんだとか。愛宕神社での千日参りのあとに、子どもや奥さんへのおみやげとしてほおずきを買って帰るというスタイルが一般的だったそうです。

そんな愛宕神社では、縁日のことを、観音功徳日にならって「四万六千日」と呼んでいました。すると「四万六千日の本家本元といえば浅草寺でしょ!」ということで、ほおずき市が浅草寺の境内にも並ぶようになり、本元の愛宕神社を凌ぐ勢いで賑わうようになったそうです。

雷除けのおまもり

四万六千日で有名なのはそのご利益とほおずきだけではなく、赤トウモロコシもまた有名だったのをご存知でしょうか?

はじまりは江戸時代、雷の被害にあった農村で、軒先に赤トウモロコシを吊るしてあった農家だけが落雷を免れたという話から、1800年代初頭より赤トウモロコシが雷除けのお守りとして親しまれていたんだとか。

しかし明治のはじめに不作のため赤トウモロコシの出店がなかったことで、雷除けのお守りを手に入れられなかった民衆はあわてて浅草寺に「雷除けのお守り」を作ってくれるよう頼んだそうです。

そこから雷除けのお守りの授与がはじまるとともに赤トウモロコシの屋台は減っていき、お守りだけが今なお残っているようです。

都内近郊の有名なほおずき市

売られるほおずきの鉢や屋台に多くの風鈴が飾られ、涼しげな音が広がるほおずき市は、「江戸の夏の風物詩」として江戸っ子に広く親しまれていました。

その伝統と歴史は今なお受け継がれ、浅草寺だけでなくさまざまな寺社でほおずき市が開かれ、街を賑わせています。

  • 浅草寺:四万六千日のお参りと、毎年約120もの出店で賑わうほおずき市です。開催日は7月9日・10日。
  • 毘沙門天善國寺前:グルメの街・神楽坂も、商店街をあげてほおずき市を開催。近隣の飲食店が出す屋台で舌鼓を打ってみては?開催日は7月24日・25日。
  • 愛宕神社:ほおずき市の発祥とされる愛宕神社で、茅の輪をくぐって千日詣り!開催日は6月23日・24日。

四万六千日へ出かけよう

あなたのお家の近くのお寺も、四万六千日や千日詣り・ほおずき市をやっているかもしれません。「夏の風物詩」であるほおずき市に参加して、日本の夏をじっくり味わってみてはいかがでしょうか。

(image by amanaimages 1 2)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140501172446 536204ce2feef
  • 20140501184538 536217c205b28
  • 20140501184335 53621747de820

本記事は、2014年05月13日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る