生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. おしゃれに体型カバー!レディース水着「タンキニ」のおすすめポイント

おしゃれに体型カバー!レディース水着「タンキニ」のおすすめポイント

2014年04月30日作成

 views

皆さんは「タンキニ」というレディース用の水着をご存知でしょうか?

上下セパレートタイプですが、トップスがタンクトップやキャミソールのような形をしている水着で、通常のビキニに比べて露出度が低いという特徴があります。

そのため、最近お腹まわりが気になるという女性や、若い時に買ったビキニを着るのに抵抗がある方などにとてもおすすめです。

この記事では、体型をカバーしながらおしゃれに着こなせるタンキニについてご紹介します。

タンキニの魅力とは?

ほかの水着に比べてお腹まわりのお肉が気にならない

お腹が丸見えになってしまうビキニはもちろんのこと、ぴったりと水着が貼り付くワンピース型の水着を着ても意外に目立つのが、お腹まわりの贅肉です。

タンキニならば、きちんとお腹を覆いながら、ウエスト部分での切替があるのでぽっこりお腹も上手くごまかすことができます。

「脚が短い」「胸が小さい」なども上手くカバー

贅肉だけでなく色々な体型のコンプレックスがあらわになってしまいがちな水着。でもタンキニならば上手く隠せるかもしれません。

例えば

  • ウェストの位置をデザインによってごまかせるので、脚長に見える
  • ハイウェスト切替のデザインを選べば胸の大きさもカバーできる

などの効果が期待できます!

コーディネートを楽しめる

多くのタンキニは、

  • ビキニ上下
  • タンクトップ型のトップス
  • スカートやショートパンツ

のセットで販売されていることが多く、普通の水着よりもコーディネートを楽しむことができます。

例えば、プールや海に入る時はビキニで、売店や海の家での買い物・食事の時はタンクトップを着る、など、場所や時間帯に合わせて組み合わせを替えることもできます。

ほかの手持ちのビキニと組み合わせても楽しいですね。

脱ぎ着が楽

体型カバーをしたい人やビキニに抵抗がある人が選びがちなワンピースですが、トイレのたびに全部脱がないといけなかったり、着る時も服を全部脱いでから着ないといけなかったり、面倒な面があります。

それに比べタンキニはセパレートタイプなので、ビキニのような脱ぎ着の楽さがあります。

洋服っぽいから恥ずかしくない

体型にコンプレックスがなくても「ビキニって下着みたいで恥ずかしい」「ワンピース型の水着は体のラインがはっきり分かるからちょっと…」という方も多いと思います。

タンキニならば、タンクトップやショートパンツ・スカートなどの普通の洋服に似た形なので抵抗が少ないのではないでしょうか。

体型が気になる方はもちろんのこと、初めて水着を買う10代の女性にもおすすめです。

ポロリの心配が少ない

小さいお子さんを連れて海やプールへ行くと、お子さんが元気に動きまわったりして「ポロリしてしまうんじゃ…」と不安になったことがある方もいると思います。

そんな方にもタンキニはおすすめです。多少動いても水着がずれたりする心配はありません。

今年おすすめのタンキニ4選

おしゃれに決まる!ボタニカル柄

洋服でも注目を集めているボタニカル柄のタンキニです。露出が少なくても大人っぽく着ることができます。

二の腕をカバー!キャップスリーブ風タンキニ

気になる二の腕をカバーするのにぴったりなのが、キャップスリーブのような袖が付いたタンキニ。袖がフレアになっているので、目の錯覚で二の腕を細く見せることができます。

より今年っぽく!ロンパース型タンキニ

今年はタンキニにロンパース風が登場。ビキニ上下の上からロンパース風の水着を着ることができます。お腹がちらっと見えたりすることもなく、おしゃれに着こなすことができます。

また全体的にふわっとしたシルエットなので、華奢に見せることもできます。

ハイウェストタンキニ

ハイウェストで切替が入ったタンキニは小さい胸やメリハリのない胴体をカバーするのに適しています。

幅の違う段レースが入っているので、気になるお腹も一緒にカバーできます。

おわりに

体型が気になってなかなか水着姿になれなかった方、小さなお子さんがいるママ、水着に抵抗がある方はぜひ一度試してみてください。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 5700cae0 461b 40fe ab83 952016870dd6 thumbnail

本記事は、2014年04月30日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る