生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 2014の冬至はいつ?今年の「朔旦冬至」とは

2014の冬至はいつ?今年の「朔旦冬至」とは

2010年12月07日作成

 views

2014年の冬至がいつかご存知ですか?冬至が近くなると、ゆずやかぼちゃ、あずきなどほっこりと美味しい食べ物が出回りますね。

冬至は日照時間が一年で一番短い日ですが、それ以外にもいろいろな習慣や言われがあります。今回は、冬至の基礎知識についてご紹介します。

目次

冬至とは?

冬至とは、太陽が上って一番高くなったときの位置が最も低く、一年で昼が一番短く、夜が一番長い日のことを言います。

昔は冬至は日照時間が短く、太陽からの恵みを受ける時間が短いことから、「死に一番近い日」と言われていました。そんなこともあり、その厄払いの意味を込めて、体を温め、無病息災を祈っていました。

2014年の冬至はいつ?

  • 2014年12月22日(月曜日)

2014年冬至の日の出と日の入りの予想時間は?(東京)

  • 日の出…6時46分頃
  • 日の入り…16時32分頃

冬至といえば「あずき」「かぼちゃ」「ゆず」!

「冬至がゆ」と呼ばれる、あずきのおかゆやかぼちゃを食べて、ゆず湯に入るのが日本の主な習慣です。寒い季節に体を温めることは、体調管理にもいいですね。そうすることで、風邪をひかないと言われています。

冬至がゆ

冬至がゆはあずき入りのかゆのこと。疫病神が赤い色を恐れることから、あずきの赤色で、疫病神を遠ざける意味があります。

かぼちゃ

かぼちゃは、野菜の少ない季節に栄養を補給をするのに、ちょうどいいとされていました。かぼちゃは、脳卒中を予防する、風邪をひかないと言われて、また、金運を祈願する意味もあるそうです。実際、かぼちゃはカロチンやビタミンがたっぷり入った緑黄色野菜です。

ゆず湯

ゆずを浮かべたお風呂です。ゆず湯は血液の流れをよくする効果があり、冷え性や神経痛、腰痛などに効きます。ひび・あかぎれを治し、風邪を予防する働きも。また、その香りに邪気を払う力があると言われています。

かぼちゃを食べる時間がある?独自の習慣

地方によっては、かぼちゃを食べる時間が朝と決まっていたり、こんにゃくを食べる独自の習慣がある地方もあります。また、「ん」がつく食品を食べると幸せになると言われている地域も。特に、「ん」が2つつく七種として、

  • なんきん(かぼちゃ)
  • にんじん
  • れんこん
  • ぎんなん
  • きんかん
  • かんてん
  • うんどん(うどん)

を食べると病気にならないと言われます。特に、うどんは、うん(運)、どん(鈍)、こん(根)に通じるので出世すると言われていますよ。

2014の冬至は特別!

2014年の冬至はとても特別だったりします。実は、今年は冬至の日と新月が重なる日なのだそうです。しかも、19年に1度しかないそうで、この珍しい冬至のことを「朔旦冬至(さくたんとうじ)」と言うそうですよ!

冬至の知識が増えたことで、今年の冬至への考え方が変わってくるかもしれませんね。ぜひ2014年は「朔旦冬至(さくたんとうじ)」を楽しんでみてください。

(image by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20131212164551 52a969af5a78e

本記事は、2010年12月07日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る