生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 意外になじみやすいかも!家庭で楽しむロシア料理レシピまとめ

意外になじみやすいかも!家庭で楽しむロシア料理レシピまとめ

2014年04月21日作成

 views

お気に入り

ロシアはソ連だった頃の名残もあって、今では様々な国の料理に分類されるようになったものもロシア料理に含まれています。

そんなロシア料理のうち、自宅で楽しめるロシア料理ということで、ロシア人の友人にアンケートを行いました。普段のロシアの食卓に並ぶものを中心に、日本でも楽しめそうなものをご紹介します。

目次

ロシア人が進めるロシアの家庭料理・スープ編

オクローシカ

冷製スープなので、火を使わず、夏場は作る人にも食べる人にも嬉しい一品です。ヨーグルトの代わりに生クリームを使うとリッチになります。材料を混ぜるときに生クリームやヨーグルトを加えてしまったほうがより滑らかなスープに仕上がります。

ウハ―

ウハ―はお魚のスープです。出汁を取るのもお魚、具の中にもお魚で、日本人にはなじみやすいスープかもしれません。メインになるスープです。お魚は骨などとってあるものを使った方が本場に近い味になります。

友人たちが教えてくれたのは最後に入れるのは川魚で、他のお魚でだしを取って丁寧に作るものでしたが、このレシピでもおいしいです。

シチー

キャベツのスープです。著者の友人やその周りの人たちにはとても人気です。ひと手間が必要ですが、キャベツ類はピクルスとしてそのまま食べることもできます。生のキャベツでもOKです。

ソリャンカ

冬が寒いロシアではスープがメインとして登場するとこも多いそうです。ソリャンカもメインになるスープです。とても濃そうな見た目ですが、レモンやピクルスを使用するので、案外さっぱりと頂けますよ。

お肉を使ったロシアの家庭料理

ハラデェーツ

お肉のゼリー寄せです。特別な日のお料理なのだそうです。

ザペカーンカ

オーブンで焼く料理です。お肉を使わなくてもおいしいですよ。様々な材料で試してみても楽しそうですね!

ロシアのパイ料理

クレビャーカ

ロシアではよくパイを食べます。クレビャーカもパイの料理です。引用のレシピは鮭を使ったものです。見た目もとても素敵ですが、意外に作り方は簡単ですよ。

フォルシュマーク

ロシアの料理ですが、フィンランド料理として表示されているのは、フィンランドのマンネルヘイム元帥が気に入って自国にレシピを持ち帰ったためです。お肉と魚、そして野菜をペースト状にした料理で、そのまま食べてもよし、パンなどにつけて食べてもよしの万能レシピです。

ロシアのおいしいスイーツ

ババ

パンのようなお菓子です。イタリアにもありますね。パンの材料で作れるので、パンをよく作る方なら手軽にチャレンジできます。

スィルニキ

チーズケーキを焼いたようなパンケーキで朝食にも登場します。チーズケーキが好きな方にぜひ試してみてほしい一品です。

クリーチ

説明するなら、甘いパンのようなお菓子というところでしょうか。著者は自分用にはお酒なしで作るので、本場の味は実は知りません。ラム酒をたっぷり効かせる本場の味もおいしそう!

焼リンゴ

これは著者が好きなデザートです。焼リンゴはバターなしにしてもおいしいと思っています。寒いロシアならではの、ほっこり暖まるスイーツですね!

他国でもロシアでも長く食されているもの

パロフ

パロフとは日本人にもすでになじみのあるピラフのことですが、ロシアでよく食べられています。今はウズベキスタンの伝統料理となりますが、ロシアでもっともポピュラーなお米を使った料理です。

ボルシチ

赤ワインで作る、お肉と野菜たっぷりの有名料理です。今はウクライナの料理と分類されますが、ソ連のころは包括されていたのでロシア料理としても食べられ続けています。バルシュといわれるのが最もボルシチらしいスープです。

おわりに

ロシアは宗教の影響でお肉を食べる日が限られていたことから、お肉を使ったレシピはあまり多くない気がします。その点で、日本人にもなじみやすいレシピが見つけられると感じています。

ご自宅でいろいろな国のお料理を楽しむのもいいものです。ぜひその1品にロシアの料理も加えてみて下さい。

(image by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140406194908 5341312483e01

本記事は、2014年04月21日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る