生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon health健康・医療

  1.  
  2.  
  3.  
  4. すぐにできる!「ゴッドハンド輝」が教える寝違えの治し方

すぐにできる!「ゴッドハンド輝」が教える寝違えの治し方

2015年03月12日更新

 views

お気に入り

(image by ゴッドハンド輝)

ヤバイ、寝違えたかも!?

「朝起きたら、背中から首が痛くてたまらない」「昼までねちがえが治らない」なんてことありませんか?首を揉んだり徐々に回してみたり…恐る恐るやっている方が多いと思います。

でもその寝違え、実は首がポイントではないってご存知でしたか?

ここでは、「意外なのにすぐ効く!」とネットでも話題になった、人気コミック『ゴッドハンド輝』の「寝違えの治し方」をご紹介します。

他にも「関節の不調時」に役立つこちらのハウツーもチェック!
骨・関節の不調のハウツーまとめ

寝違えの原因

(image by ゴッドハンド輝)

首じゃなくて脇が原因?!

寝違えは、脇の内側を通る「腋窩(えきか)神経」が圧迫されて起こる現象です。腋窩神経は首を支える筋肉に繋がっているので、血行不良でしびれると首に痛みがでてきてしまうのです。

そのため、脇の下神経「腋窩神経」を解放することで症状がよくなります!

人気コミック『ゴッドハンド輝』

神の手を持つ外科研修医が活躍する人気コミック『ゴッドハンド輝』で紹介された「寝違え治しストレッチ」が「笑えるほど効く」と、ネットで話題になっています。

今回は、コミック中にでてくる例を具体的に実践してご紹介します。

1:腕を後ろにあげる運動

STEP1:腕をひきあげる

寝違えた方の腕を、少しずつ後ろに引き上げていきます。自然に止まったところで20秒キープしてください。

無理をしないように、ゆっくり引き上げるがコツです!

STEP1:腕をゆっくりおろす

20秒たったら、腕を下ろします。これを2セット繰り返しましょう。

2:肘を後ろに引く運動

STEP1:ベルト位置をおさえる

寝違えた方のてのひらで、真後ろのベルトの位置を軽くおさえるようにします。

STEP2:肘を後ろにひく

そのまま、肘を後ろに引くようにして20秒キープしましょう。これを2セット繰り返します。

肩甲骨を寄せて、胸をはるような感覚でキープするといいですよ。

3:120°バンザイ運動

STEP1:肘角120°バンザイをする

寝違えた方の手を、肘角120°にしてバンザイをします。

STEP2:腕を後ろにひく

その角度のまま、腕を軽く後ろに引いて20秒キープします。これを2セット繰り返しましょう。

痛めないように、加減してストレッチをしてくださいね。

寝違えの予防もしてみよう

『ゴッドハンド輝』の寝違えを治す方法は、全部で3種類です。1人で簡単にできるのでぜひ覚えておきたいですね。

寝違えを頻繁に起こしてしまうという人は、枕が合っていない可能性もあります。タオルやバスタオルを折って枕にし、寝違えない高さにして寝るのもオススメです。ぜひ、試してみてください。

週刊少年マガジンで10年以上連載された人気コミック『ゴッドハンド輝』は、若き天才外科医の活躍を描いたマンガです。マガジンコミックス全62巻に加え、文庫版なども発売されており、テレビドラマにもなりました。本格的な手術シーンや病院経営の裏側も楽しめるコミックはこちら!

ゴッドハンド輝(46) (講談社コミックス)

Amazon.co.jp: ゴッドハンド輝(46) (講談社コミックス): 山本 航暉: 本

www.amazon.co.jp
こちらの記事は、講談社の許可を得てご紹介いたしました。
マガジンコミックス 46巻より画像を引用しています。

(image by 筆者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140416161659 534e2e6bae57e
  • 20140411175343 5347ad9794ddf
  • 20140411180314 5347afd295a62
  • 20140411180332 5347afe4ed975
  • 20140411180354 5347affac7bc9
  • 20140411180412 5347b00ca1045
  • 20140411174652 5347abfc17008
  • 20140411180438 5347b0266a2ce
  • 51pj0mtoqal
  • Favicon?domain=http%3a%2f%2fwww.amazon

本記事は、2015年03月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る