生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon learn語学・学習

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 楽しんで英語力アップする方法

楽しんで英語力アップする方法

2010年12月06日作成

 views

近ごろ、英語を社内公用語とする企業が出てくるなど、何かと気になるのが英語のスキルアップ。

学生時代の受験勉強のようなことをしなくても、お金をかけずに楽しんで英語が学べ、さらにTOEICのスコアアップまで期待できる、そんな勉強方法をいくつか紹介します。

目次

英語の読み方

まず、たくさんの英語に触れるためには、多読をおすすめします。

多読と言っても、学校での英語の授業でやったように、英文をひたすら日本語に訳して読むのではなく、英語を英語のまま読むクセをつけることが大切です。

初めは、英文をひとつ、ピリオドまでそのまま目を通します。分からない単語に下線を引き、辞書で意味を調べます。ここまでは学校と同じですね。

次に、意味を書き込んだ英文を、もう一度頭から読んでみます。この時、どこに動詞があるのかさえ掴んでいれば、文意はだいたいわかるはずです。

まずは多読

自分の好きなジャンルの洋書を1冊読んでみると、リーディングスピードが格段に速くなります。

大きな書店や、インターネットショッピングサイトでは、洋書を取り扱っていますよね。特にショッピングサイトでは、ペーパーバッグで700~800円台から販売されています。

新書を1冊買ったつもりで、教科書代わりに購入してみましょう。

レビューをチェックして、退屈しない、面白いと思える内容がベターです。ビジネス書や専門書でも良いですが、やはり日常の描写が多く書かれたフィクション等の方がイメージも掴みやすいので、初めの一冊にはおすすめです。

洋書を1冊読むとなると、分からない単語に下線を引いて、意味を書き込むのは大変な作業になります。

慣れてきたら、分からない単語は調べて頭にイメージするだけにして、文章を読み返す、という風にステップアップしていきましょう。

ポイントは、音読をしないことです。日本語の文章でもそうですが、朗読しようとすると、リーディングのスピードが上がりませんので、注意が必要です。

さらにPodcast・DVDでリスニング力アップ

インターネットやスマートフォンの普及で、英語の音源を入手することが簡単になりました。

iTunesでBBCやABC放送のニュースのPodcastをダウンロードしたり、洋画のDVDを英語字幕で視聴するなど、教材は身の周りにたくさんあります。

リスニング力は、必要なボキャブラリーと英語での理解力が無ければ上達が難しいです。この基礎になるのが、先に紹介した多読というわけです。

TOEICに向けて

TOEICテストは、ビジネス英語にかなり偏った内容の試験です。そのため、800点以上の高得点を目指す場合は、文法・ビジネス関連語彙のブラッシュアップが必要です。

English Grammar in Useは、ネイティブが使うニュアンスまでしっかり学習できる文法の教材です。内容は難しくありませんので、初心者から上級者まで幅広い層にお勧めします。

良く使う言葉から覚えられるということ

洋書にしても、DVDにしても、英語圏の方が実際に触れている素材を使うということは、彼らが良く使う言葉から効率よく覚えられるということです。

教科書が教えてくれなかった多くの表現に触れると、好きな映画も、音楽も、もっと好きになりますよ!

本記事は、2010年12月06日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る