生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. 覚えておきたい所作!納棺の際の釘打ちの方法

覚えておきたい所作!納棺の際の釘打ちの方法

2014年04月04日更新

 views

お気に入り

過去4回ほど親族として葬儀に出席しました。基本的に所作は同じですので、葬儀屋の指示に従えば難しいことはありません。著者が参加したうち、最近の葬儀について紹介します。

葬儀・告別式について

  • 故人:母
  • 喪主:父
  • 場所:葬儀会場
  • 参列者:親族・会社関係・友人関係・近所の方

出棺前の釘打ちのやり方

STEP1:棺のふたをしめる

遺体を棺に納め、供花や故人の遺品を棺に入れてからふたを閉めます。

STEP2:釘を打つ

手のひら大くらいの小石で、棺の上部(頭の方)の角に釘を打っていきます。喪主が左右の角に釘を打ち込み、次いで家族→親族→故人とのゆかりがある方の順で左右どちらか一か所を2回ずつ打ちます。

喪主は棺に釘が刺さるように打ち込む必要がありますが、他の方は儀式ですので軽く打ち込むだけで構いません。

STEP3:葬儀屋が最後まで打ち込む

参列者が釘を打ち終えると、後は葬儀屋が金槌で釘を最後まで打ち込みます。

おわりに

石は三途の川の石を意味するとされています。故人が無事、冥途にたどり着けるよう願い、打ち込んであげてください。

(image by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140402114818 533b7a7244f3d

本記事は、2014年04月04日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る