生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 温泉三昧!豊かな食と大自然で癒された大分県旅行の体験談

温泉三昧!豊かな食と大自然で癒された大分県旅行の体験談

2014年03月31日更新

 views

お気に入り

GWに大分県を訪問しました。さすが、「おんせん県大分」。温泉の泉質が大変良く、雄大な自然と豊かな食に癒され大満足な旅になりました。魅力的だったスポットをご紹介します。

著者が経験した大分旅行の概要

  • 旅行時期:2013年5月(ゴールデンウィーク)
  • 旅行日程:2泊3日
  • 誰と行ったか:恋人と
  • 移動手段:飛行機、レンタカー
  • 訪れたエリア:大分市、別府市、久住高原

1日目

羽田空港から飛行機に乗り、午前中に大分空港に到着しました。空港からレンタカーで大分市に向かい、昼食を食べ杉乃井パレスで遊び、夜は友人宅で過ごしました。

2日目

久住高原に湯布院経由でドライブに出かけ、帰りに長湯のラムネ温泉に寄り、夜は河豚料理を食べました。

3日目

明礬温泉に立ち寄り、空港に向かいました。

旅行詳細

杉乃井パレス 棚湯(1日目)

五段からなる湯船を棚田状に広げた解放感あふれる露天風呂です。別府湾の絶景が見渡せます。男女別の温泉と別に水着を着て混浴で楽しめるスペースがあります。カップルや家族連れでにぎわっていました。

入浴料:大人2000円(GW期間は2500円に値上がり)
杉乃井パレスのHPはこちらです。

エシェル・ドゥ・アンジェ (Echelle du Ange)(1日目)

大分県産の新鮮な食材を使ったフランス料理のレストランです。大分湾が目の前に広がり、とてもお洒落な雰囲気です。カップルなら折角ですし、こういったおしゃれなレストランもおすすめです。2000円のランチコースを注文しました。

エシェル・ドゥ・アンジェのHPはこちらです。

久住高原をドライブ(2日目)

大分市から湯布院経由で久住高原にドライブに行きました。草原に囲まれた道が大変美しかったです。ドライブの人気コースだそうでツーリングを楽しまれるライダーの方とも多く遭遇しました。

お昼はガンジー牧場で焼肉を食べましたが、味は至って普通でした。GW中ということで人が多く、ジャージー牛乳を使ったソフトクリームを買うのに20分ほど並んだと思います。

ガンジー牧場のHPはこちらです。

世にも珍しい炭酸泉「ラムネ温泉」を体験(2日目)

お湯の温度は31度と低温で入った瞬間はひんやりしますが、じっとしていると体中を銀色の泡が包み、しばらくすると体の芯からぽかぽか温まってきます。炭酸ガスが肌から吸収され肩こりや疲労回復に効果があるそうで、湯治で訪れる客も多いとか。珍しい体験ができます。

入浴料:大人500円
ラムネ温泉のHPはこちらです。

河豚料理に舌鼓(2日目)

大分に行ったら是非食べていただきたいのが河豚料理。地元の友人に勧められ大分市内にある「ふく亭」でふぐづくしコースを頂きました。ふぐ刺しから始まり、から揚げ、ふぐちり鍋、最後はうま味たっぷりの雑炊まで。コースは1人前1万円でしたが、東京で食べたら何倍するのだろうという質と量です。ふぐの厚みが違います。

ふく亭のHPはこちらです。

明礬温泉「湯の里」(3日目)

最終日の空港に向かう前にもう一度温泉に入りたいと、地元民に人気という日帰り温泉に寄りました。別府ICから車で10分かからない距離にあります。白濁した濃いお湯で肌がすべすべになりました。湯上りには温泉の蒸気で蒸した「地獄蒸しプリン」が美味しくてお勧めです。敷地内にある「湯の花小屋」で湯の花が作られる過程も見学できます。

入浴料:大人600円
湯の里のHPはこちらです。

旅行の良かったところ・イマイチだったところ

良かったところ

バラエティーに富んだ温泉です。大分県は別府市内だけでも源泉が8つあり、県内を回れば数えきれないほどの種類の温泉に出会える温泉王国です。それぞれの場所によって雰囲気も湯質も異なり、温泉好きにはたまらない旅ができます。

イマイチだったところ

ガンジー牧場の焼肉がイマイチでした。また、色んな場所を楽しもうと思うと車での移動がメインになり、GW中でしたので渋滞にも遭い、少し運転疲れをしてしまいました。

これから大分旅行に行く方へアドバイス

立寄り温泉はバスタオルが有料なところが多いので、小さめのタオルや女性の方は髪留めなど、簡単な入浴セットを持ち歩くことをお勧めします。

大分はLCCも充実して関東からアクセスしやすくなりました。旅のコストダウンに検討されると良いと思います。

おわりに

旅行先としては地味な印象をもっていましたが、魅力的な場所ばかりで大変楽しい旅になりました。グルメで温泉好きな方にこそ訪れてほしいです。

(image by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140327105053 533383fdacb14

本記事は、2014年03月31日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る