生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4. チワワ×プードル=チワプー?今話題のきゃわわ~なミックス犬15種

チワワ×プードル=チワプー?今話題のきゃわわ~なミックス犬15種

「ポメプー」という犬を知っていますか?ポメラニアンとトイプードルを交配させたミックス犬のことで、ハーフ犬とも呼ばれています。成犬の姿が想像できない面白さがある上に、純血種特有の遺伝性疾患などの病気にかかりにくいとも言われています。さらに、2種類の犬のいいとこ取りをした姿は非常に愛くるしいもので、短い足やフワフワの毛を目にしたら、思わず「かわいい~」と言ってしまうこと間違いなし。チワワやダックスフント、マルチーズなど人気のミックス犬をまとめてみました。

2014年03月26日作成

 views

ミックス犬、ハーフ犬、F1などとも呼ばれるワンちゃんたちの特徴と性格をまとめてみました。

「街でまだあまり見かけない種類の犬を飼いたい」「ミニチュアダックスとトイプードルと迷ってるんだよね」という人はぜひチェックを!

目次

ミックス犬って?

純血同士を掛け合わせたハーフ犬のこと

雑種といわれる犬の中でも、たとえば、チワワとトイプードルの純血同士を交配させ、それぞれのいいところを引き出すブリーディングを行ってきたワンちゃんたちを、特別に「ミックス犬」などと呼んでいます。

ミックス犬には、成犬になったときにどのような顔つき、毛色、体格になるのかが予想できないおもしろさがあるほか、純血種の犬種固有の遺伝疾患などにかかりにくくなるため、身体が丈夫ともいわれています。

1:チワプー

チワワとトイプードルのミックスで、ミックス犬の中でも人気を誇る犬種。

特徴

チワワに比べると少しサイズは大きくなるものの、ミックス犬の中では小ぶり。トイプードルのたれ耳とクリクリの巻き毛、チワワの尻尾の遺伝子を引き継ぐ子が多いようです。抜け毛が少ないのも特徴です。

ミックス犬ではどんな組み合わせでも成長過程で変化するものなので、毛質が変わることもあります。

性格

チワワの警戒心を持ちながらも、トイプードルの人懐っこさがあります。また、頭がよく、しつけがしやすいといわれています。

2:ダップー

ダックスフントとトイプードルのミックス犬です。兄弟犬でも、毛質、毛色、体格など全く異なるタイプの子犬が生まれます。

特徴

体型はダックスフントの遺伝子を強く受け継ぐようで、胴長短足なのが共通しています。毛質はトイプードルの遺伝子が強く、クリクリのウェーブヘアの子が多いそう。抜け毛は少ないのですが、トイプードルと同様に定期的なトリミングが必要になります。

どちらの遺伝子が強く出るかで「トイプードルに似ている子」「ダックスフントに似ている子」に分かれます。そのため、飼いたいと思っている人はブリーダーさんに前もって希望を伝えておくと◎。

健康面

ダックスフントの純血種は腰が弱く、トイプードルは足関節が弱い子が多いのですが、ミックスすることでこの欠点は補われているケースが多いといわれています。

ミックス犬は、他の犬種でもこのような健康的なメリットが出る場合が多いようです。

3:パピプー

パピヨンとトイプードルをミックスした犬種。

特徴

子犬のうちは毛が短いのですが、成長していくにつれて飾り毛が生えそろい、パピヨン特有のゴージャスな耳になります。ただし、立ち耳になる子もいればたれ耳になる子もいます。成長段階でも変わるので、どちらかに固執して探すのは避けたほうがベター。

顔は、比較的トイプードルを強く受け継ぐ傾向にあります。毛質も、トイプードルのようなクリクリした毛になる子が多いそう。抜け毛は少ないのですが、毛玉になることがあるので日常のブラッシングが必要になります。

性格

パピヨンの性格を強く受け継ぐと、吠えて知らせる特徴が出ます。また、人懐っこいのに他の犬は得意ではないといった難しい性格の子も多いようです。

4:コッカープー

アメリカンコッカースパニエルとトイプードルのミックスで、ミックス犬の中でも人気が高く、アメリカでは血統種よりも高いとも!ブリーディング基準も定められていて、AKC(American Kennel Club)公認犬種になる日も近いのではないかと言われています。

特徴

比較的トイプードルの性質を強く受け継ぎ、一瞬トイプードルと見間違うほど。顔周りの緩やかなカーブの被毛が、コッカースパニエルらしさをのぞかせます。大きさは6kgまで成長すると言われていますが、中には10kgを超えて大きく成長する子もいるそうです。

抜け毛は少ないですが、毛が絡まないようブラッシングとトリミングがこまめに必要です。たれ耳で被毛が多いので、耳のお手入れも欠かせません。

性格

コッカースパニエルの陽気さと、プードルの利口でフレンドリーな性格が掛け合わさっています。好奇心も旺盛で、子犬のうちはいたずらっ子。上手にしつければ良い子に育ってくれます。

5:チワックス

チワワとダックスフントをミックスした犬種です。

特徴

体は、ダックスフントのような胴長短足タイプが、顔は、ダックスのような長いたれ耳と、チワワのパッチリした目を持つ子が比較的多く産まれます。

毛質は、ストレートか少しカーリーヘアが混ざる程度で、一般的なダックスフントとそれほど変わりません。おしりや足裏の毛などを自宅でカットすれば、トリミングもそれほど必要ありません。抜け毛も普通で、比較的扱いやすいといわれています。

性格

人懐っこく、小さな子どもがいる家庭にも適しています。チワワの警戒心が強く出る場合もあるそうですが、飼い主によく懐き、甘えん坊になるケースが多いようです。

6:チワマル

チワワとマルチーズのミックスで、希少のタイプになります。

特徴

見た目はほぼマルチーズのようですが、少し体が小さいのが特徴。マルチーズのように涙やけする子もいるので、日々のケアが必要になる子もいます。

毛質は、マルチーズのように白いふんわりした手触りのいい毛質になる子が多く、マルチーズのシングルコートを受け継ぎ、抜け毛は少ないようです。ただし、伸びるのが早いので定期的なトリミングが必要。

性格

マルチーズのように愛嬌のある子もいれば、チワワの性格を受け継いで警戒心の強い子もいます。飼い主には甘えたり強気な一面も見せますが、初対面の相手には吠えてしまうことも。どちらに寄るかは、生まれ持った性格もありますが、しつけ方でも変わるそうです。

7:チワニーズ

チワワとペギニーズのミックス犬です。チワペギ、ペギチワなどとも呼ばれます。

特徴

頭、耳、目、鼻、体と、それぞれどちらかの特徴が現れ、「これぞミックス犬!」といった感じの犬種です。比較的子犬の頃から特徴がしっかり現れ、どんな風に育つのか想像しやすいといえるでしょう。

ただし、大きさは、世界最小犬種のチワワに似て2kg台の超小型犬になるか、ペギニーズに似て6kg台の小型犬になるかは、育ってみないとわかりません。絶対に超小型犬じゃなきゃ嫌という人には向かないでしょう。

お手入れは、週に数回、毛が絡まないようにブラッシングしてあげれば大丈夫です。

性格

家族への忠誠心は強く、優しい性格です。両親に似て、人懐っこく甘えん坊で、おねだり上手。わがままに育ってしまう子も多いといえます。また、人見知り・犬見知りをしたり、チワワの性質を強く受け継いだ場合はキャンキャンと吠える場合もあります。

8:マルックス

マルチーズとダックスフントのミックス犬。

特徴

胴は比較的どの子も長くなるようですが、胴が長い分、足が短く見えるものの、実際はさほど短くないことが多いようです。耳は完全に垂れ耳、顔はマルチーズ寄りですが、ダックスっぽさが入る中間的な顔になる傾向があります。

毛質は、マルチーズゆずりの柔らかいシングルコート。カールした子や、癖っ毛になる子もいます。お手入れは簡単な子もいますが、すぐに絡まってブラッシングが欠かせない子が多いようです。

性格

普段の性格はマルチーズ寄りで、穏やかです。甘えん坊なところもあり、どちらかというとインドア派が多いでしょう。そうかと思えば、ダックスの基質も時に顔を出し、穴に入りたがったり、地を掘るしぐさをすることも。しつけはしやすいですが、意外とよく吠えたりもします。

9:マルプー

マルチーズとトイプードルのミックス犬。人気が高い上に数が少なく、子犬を見つけるのが難しい状況です。

特徴

マルチーズの白いふんわりした手触りのよい毛質と、プードルのクリクリの毛質がブレンドされた独特の毛並みが特徴です。両親ともシングルコートなので抜け毛は少ないのですが、毛の伸びるスピードは早いのでトリミングは欠かせません。

性格

両親の賢さや人懐っこさ、明るい性格や社交性を受け継ぎ、子犬の頃から飼いやすいでしょう。比較的トイプードルよりの性格になる子が多いようです。

10:ポメプー

ポメラニアンとトイプードルのミックス犬です。

特徴

耳の形、体格や足の長さ、毛質・毛並みなど、生まれてくる子犬によってポメラニアンとトイプードルのどちらかに顕著に似るようです。平均的な体高は28cmで、平均体重は3kgほど。

毛質はモコモコとしているのが特徴。ただし、子犬の頃はストレートでも成犬になるとクリクリ感がでてくるなど、ミックス犬特有の変化があります。その変化を楽しめる人が◎。

性格

人や犬に対してはじめからフレンドリーにできない子もいるものの、明るく、甘え上手で従順な犬種。ただし、親であるポメラニアンは警戒心が強いため、ポメプーもちょっとした物音などで吠える傾向にはあるようです。

11:ポメチワ

ポメラニアンとチワワをミックスした犬種。

特徴

毛がふわふわで大きく見えますが、小さい犬種同士の掛けあわせなので、ポメチワも体が小さめです。耳は立ち耳で、ややポメラニアンに似る傾向があります。

毛質は、どちらもストレート系なのでストレートに。毛が伸びるのが早く、抜け毛もやや多いのが特徴です。柄はその子犬によって様々で、チワワのような柄を持つ子もいれば、ポメラニアンにしか見えない子もいます。

性格

両親の特徴を受け継いで、比較的気の強い性格になります。気が強いと言っても攻撃的になるわけではなく、他の犬などにも物怖じしない大胆な性格になる子が多いようです。

両親ゆずりの甘えん坊気質もあり、人にも犬にもフレンドリーでとても飼いやすいタイプの犬種。小さな子どものいる家庭でもオススメです。

12:ポメマル

ポメラニアンとマルチーズのミックス犬です。

特徴

一見マルチーズのようですが、細い足や体格はどちらかと言えばポメラニアンよりになります。

毛質は、マルチーズの白いふんわりした手触りのいい毛質になる子が多いのですが、ポメラニアンが抜け毛の多い犬種のため、こまめにブラッシングが必要です。伸びるのも早いので、月イチ程度のトリミングが必要でしょう。

性格

マルチーズのようにおとなしいタイプや、ポメラニアンのように好奇心旺盛で元気な性格の子もいます。どちらになるかは、元々の性格もありますが、しつけにもよるところ。基本は甘え上手な犬種なので、しっかりとしつけることが重要です。

13:ヨーシーズー

ヨークシャテリアとシーズーをミックスした犬種。

特徴

見た目、毛質はほとんどヨークシャテリアですが、耳や尻尾、歯のかみ合わせがアンダーショートだったりと、よく見るとシーズーの個性も見受けられます。サイズもそれほど大きくならないでしょう。

ヨークシャテリアは生涯七色に毛色が変化すると言われていますが、ヨーシーズーも子犬から成犬への成長過程で毛色が変化します。シングルコートのヨークシャテリアが入っているので、シーズーほど抜け毛はありません。

性格

シーズーの穏やかな性格と、ヨークシャテリアの活動的な性格との両方を持ちます。普段はおとなしいのですが、いざ遊びだすと元気に飛び回る子が多いようです。

14:シープー

シーズーとトイプードルのミックス犬です。

特徴

両親のいいところをしっかりと受け継ぎ、目や耳、鼻などのパーツごとにどちらかの特徴がよく現れます。毛質は、毛量の多いシーズーとトイプードルのカーリーヘアを受け継ぐ子が多く、こまめにお手入れしないと毛玉ができて大変なことになる傾向に。抜け毛は少なめです。

性格

両親の性格を見事に受け継ぎ、とにかく人懐っこいのが特徴。ただし、犬仲間と仲良くなるには時間のかかる子もいます。陽気で明るいタイプの子が多く、俊敏な動作で家族の人気者になるでしょう。子犬のころもあまりいたずらをせず、利口です。

15:パグル

パグとビーグルをミックスした犬種。アメリカでミックス犬ブームに火をつけたのがパグルだったと言われています。

特徴

後ろ姿はビーグル、顔はパグといったおちゃめなミックス犬。比較的、ビーグルの特徴が強く出るようで、ベースはビーグルになるようです。体型は、パグのような丸みのある子もいれば、ビーグルのようにシャープになる子もいます。耳はビーグルの特徴でもある大きなたれ耳。

性格

パグの陽気さがしっかり受け継がれていて、エネルギッシュなビーグルの凶暴性を抑えてくれている印象があります。時に唸ることもあるけれど、穏やかさのある犬になるでしょう。

どんな子に育つかわからない!

ミックス犬は、見た目も性格もどんな子に育つのかわからないところに魅力があります。逆に言えば、そこが飼うところの難しさとも。

よく考えてから、お家に迎え入れてあげてくださいね。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140326141515 5332626368d74

本記事は、2014年03月26日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る