生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7.  
  8. 新一年生用には机代わりのものを!ジュニア用収納家具の選び方

新一年生用には机代わりのものを!ジュニア用収納家具の選び方

2014年03月14日作成

 views

お気に入り

収納家具を選ぶときは、収納以外にも用途があるものを選ぶと、色々と便利です。特に、勉強机は狭い家だとなかなか買う踏ん切りがつかないため、収納家具を勉強机代わりに使えたらラッキーですよね。

今回は、主人の考えた、勉強机代わりにもなる収納家具の選び方をお伝えします。

著者が導入した収納家具について

  • メーカー:無印良品
  • サイズ:幅50cm×奥行40cm×高さ130cm
  • 素材:スチール
  • 価格:25000円
  • 購入時期:2013年12月

収納家具の選び方

ポイント1:フレキシブルに使いまわせる家具であること

いずれは子どもそれぞれに机をと思っていますが、低学年時にリビングで勉強を見てあげるのに、机を置くスペースはありません。

ですので、あくまで暫定ですが、机としても使えるものとして、この家具を選びました。中学年になって自分の勉強机を買ったら、本来の用途の収納棚として使うつもりです。

ポイント2:アレンジがいろいろ出来る

スチールなので、磁石でいろいろ引っ掛けることができます。いずれ収納棚として使うことを考えて、木製などアレンジしにくいものより、簡単にアレンジできて元に戻しやすいものがいいでしょう。

スチールパネルを机の突き当りにつけることで、学用品が落ちることもありませんし、磁石でいろいろ貼って自分のスペースに仕立て上げています。

ポイント3:コンパクトなもの

筆者宅では、子供部屋ではなく、親の目の届くリビングの一角に勉強スペースを設けたいと思っていました。そのため、リビングに置いても、また将来ほかの部屋に置いても邪魔にならない、コンパクトなものを選びました。

小さい子ども用の机として使うのであれば、身体も小さいので、コンパクトなものでも意外に大丈夫です。

ポイント4:子供が気に入ったもの

使う本人が気に入ったものを使うのが大事だと思います。著者の子どもは、自分のスペースが出来たことが本当に嬉しいようで、よく机に座っています。

親も子供もよかった!と思えるセッティングで、今回はばっちりでした!

おわりに

家に人が多ければ多いほど、収納には頭を悩ませます。でも、色々考えるとナイスアイデアが生まれたりするので、ぜひ諦めずトライしてみてください!

(image by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140305152207 5316c28fa5ce1

本記事は、2014年03月14日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る