生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 今までの方法が間違っていた?豆乳の正しい注ぎ方がTwitterで話題に

今までの方法が間違っていた?豆乳の正しい注ぎ方がTwitterで話題に

2014年03月13日作成

 views

お気に入り

目次

なんで豆乳ははねるの!

豆乳の1000mlの紙パックを使っていて、「ドッポドッポ」と跳ねることありますよね。「構造に問題があるだろ!」と思っている方もいるかもしれません。

しかし、私たちが正解だと思っていたことが間違いだったかもしれないのです。

話題のツイートはこちら

漫画家の鈴木健也(@suzuki_kenya)さんが投稿した、豆乳の注ぎ方に関するツイートが、Twitterで話題となっています。

牛乳のように紙パックの端を外に出して注ぐタイプと異なり、多くの豆乳の1000ml紙パックは、注ぎ口を挿して注ぐタイプのものがおおくなっています。

豆乳を注ぐ時に、開封したばかりのパックから「ドッポ ドッポ」と豆乳が跳ねてしまったいう経験はありませんか?

実はそれは、注ぎ方が間違っていたからかもしれません。

メーカーによって正しい注ぎ方は異なる場合があります。

メーカーサイトでは上手い注ぎ方の説明が

豆乳を販売しているメーカーの一つであるマルサンアイのWebサイトでは、豆乳の注ぎ方のコツが紹介されていました。

できるだけ注ぎ口から空気が入るよう注ぎ口を大きくしていますが、内容液で注ぎ口全体を塞ぐ場合もあり、この場合、内容液はスムーズに出ません。
通常は注ぎ口を下側にしてパックを持つと思いますが、注ぎ口の位置を下ではなく上側にすることにより、空気が入りやすくなるため、豆乳がスムーズに注げるようになります。

豆乳が「ドッポ ドッポ」と跳ねてしまうのは、パック内の豆乳が、空気の入ってくるスペースを埋めてしまっていたからだったんですね。

注ぎ口を上にして、コップのふちに近づけて注ぐと、空気も入りやすく、豆乳は跳ねにくいそうです。

Twitterユーザーもびっくり

多くのTwitterユーザーがこの方法に驚きのツイートをしていて、実際に上手く注げたという人も見られます。

失敗している人も

中には注ぐのに失敗している人もいるようです。注ぎ方にコツがあったり、メーカーによって違いがあるのかもしれません。

さらに応用できる

実はこの仕組は他の液体物にも応用ができるそうです。たとえば、お茶など四角くなっている2リットルペットボトルも、縦に広く持って注ぐと「ドッポ ドッポ」となってしまいます。横に広く持てば、空気が入りやすくなり、キレイに注げます。

他にも、一斗缶の油などを扱う時もこれを意識すると注ぎやすくなります。

これでスッキリ豆乳が飲める!

Twitterで話題になった、跳ねない豆乳の注ぎ方を紹介しました。今までイライラしていたものがこれで一個解決出来ましたね。生活のためになる知識でした。豆乳だけに。

(image by amanaimages)
(image by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140313175338 53217212d207a
  • 20140313183115 53217ae335cad

本記事は、2014年03月13日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る