生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 「まるでジオラマ…」とテレビやネットで話題沸騰!1864の島々からなる「サウザンド諸島」に行ってみた

「まるでジオラマ…」とテレビやネットで話題沸騰!1864の島々からなる「サウザンド諸島」に行ってみた

2016年11月21日更新

 views

お気に入り

「サウザンド諸島」って知ってます?

テレビやネットで紹介され話題となった、1864の小島からなる「サウザンド諸島」をご存知ですか?

「まるでジオラマ」「ファンタジーの世界から出てきたよう」と評される、可愛らしくロマンチックなサウザンド諸島…。さっそく、筆者自身が現地へ行ったときのレポートをご紹介します!

サウザンド諸島とは?

サウザンド諸島は、北米の五大湖のうちのひとつ・オンタリオ湖の北東端からセントローレンス川にかけて広がっている1864もの島々のことを指します。

島の大きさは岩1つに木一本のものから、立派な一軒家やお城が聳えるものや1400人以上の人が済む大きな島まで大小様々。各界の著名人や富裕層たちが別荘として利用するコテージは豪華かつそれぞれの色が出ています。

また、このサウザンド諸島における「島の定義」が面白く、

最低1平方フィート以上(およそ30cm x 30cm)の陸が常に水面の上にあり、かつ、生きた木が一本立っていることが「サウザンドアイランド島数」に入れる条件になっています。

というようなことになっているんです。「生きた木が一本」という定義に笑いつつ、たしかにそういう島いっぱいある…と頷けてしまいます。ちなみに2002年にユネスコの「世界生物圏保護区」に指定されたそうです。

島々の間にアメリカ-カナダ間の国境が通っているそうです。国境って意外と自由。

トロントからガナノクへ

筆者が滞在していたカナダ最大の都市・トロント。地下鉄のヤング・ユニバーシティー・スパダイナ線の「Finch」駅から、バスに揺られること約4時間!

微妙に褪せた街並みが可愛い町「ガナノク」へ到着しました。ここはサウザンド諸島観光の入り口となっているようで、周りには観光客がたくさんいました。

ボートに乗り込み出発

到着後30分くらいで、前のツアーを終えたボートが着港。降りてくるお客さんと入れ替わるようにして「ガナノク・ボート・ライン」と書かれたボートに乗り込みます。

そもそも筆者は「島見るツアー行かない?」と友人に誘われ、何も知らずにホイホイついてきたという前情報ゼロの観光客だったので「島がいっぱいあるサウザンド諸島」というもののイメージが全く湧いていない状態でした。

が、ボートが動き出すに連れてだんだんその意味を理解していくことになりました。

船がだんだん進んでいくと…

島!

また島!

…島?

なにはともあれ、島がめちゃめちゃいっぱいある!!ということをここにきて理解!

小さい島に小さいコテージがひとつあるかと思えば、木1本だったり、豪邸が何件も建っていたり…まるでファンタジーの世界のような可愛らしさと興味深さに大興奮です。

個性豊かな島々

カントリー風のロッジから豪邸まで、とにかく「リゾートの間にやってくる別荘」ばかり。当然、ベランダでお昼寝をしている住人たちに遭遇しつつ「この人達も全員超リッチなんだな…」と遠い目になります。

島と島の間に大きな橋がかかっている場所もありました。手前には優雅に水上スキーを楽しむ住人さんも。気さくにハーイ!と挨拶してくれました。

水上に浮かぶお城

そして更に進むと…

し、城!!!

RPG!!隠しダンジョン?!?!とゲームに出てきそうな気しかしない島がお目見えし、筆者含む観光客のテンションは爆上がり。

この島は「ハート島」、このお城は「ボルト城」というそうで、サラダにかけて食べるとおいしい「サウザンドレッシング」の発祥地だったりします。

このボルト城は、ニューヨークのホテル王であったジョージ・C・ボルト氏が奥様への愛の証として贈るべく、ドイツのラインラント地方の城を模して作られたものだそうです。しかし、ボルト氏の妻ルイーズさんは、城の完成を待たずしてお亡くなりになられたため、全ての建設が中止されました。

その後ハート島が別組織によって買収し修復が行われるまで、ボルト城は73年間にわたって建設途中のまま風雨にさらされていたという、切ない歴史があるそうです。

サウザンド諸島を楽しむ

昼食などもはさみつつ、約2時間ほどのクルーズを終えました。日本ではまず見ないようなファンタジーさながらの光景に大満足!

筆者がサウザンド諸島を訪れたのは6月中旬でしたが、紅葉の季節などもまた非常に美しい景色が見られることと思います。また、この島々を上空から見る気球ツアーなど様々な楽しみ方があるようです。

もしサウザンド諸島に足を運ばれる方は、こちらのサウザンドアイランズ観光局Webサイトと併せて参考にしてみて下さいね!

周辺の観光

クルーズが終わり、このままトロントへ帰るのかと思いきや、バスツアーはまだ続いていました。着いた先はまさかのカジノ。

まさかの人生初カジノに腰が引ける筆者でしたが、こちらの「サウザンドアイランド・チャリティーカジノ」内では、昼からじゃんじゃんやっているおじいちゃんおばあちゃん達がたくさんいらっしゃいました。

そして日も暮れかけた頃、バスが最後に立ち寄ったのがBig appleという道の駅のような場所。外には子供用のアスレチックやふれあい動物園のような場所もあり、なんなんだここは…と中に入ると、りんごの香りが!

どうやらその辺りはりんごが名産らしく農家産直所といった趣で、店内にはアップルパイやりんごあめ、シードルやチョコレート、シュトゥルーデルなどとにかくりんご尽くしのおみやげだらけ!

筆者はアップルブレッドを一斤買って帰りましたが、素朴な優しい甘みががやたら美味しかったです。

まるでファンタジー!

サウザンド諸島があるオンタリオ州は、カナダの最大都市トロントからナイアガラの滝など様々な観光地が目白押しです。

カナダへご旅行の際は、このファンタジー気分溢れる島々への観光も考えてみてはどうでしょうか?

(image by 著者)
(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140310165836 531d70ac18fb0
  • 20140310170013 531d710dbc273
  • 20140310164718 531d6e0651e5a
  • 20140310165142 531d6f0e17428
  • 20140310170646 531d72967ec06
  • 20140310170758 531d72ded9383
  • 20140310170722 531d72baeea13
  • 20140310171109 531d739d871f6
  • 20140310171251 531d74039012d
  • 20140310171427 531d74634660f
  • 20140310174244 531d7b04da686
  • 20140310174518 531d7b9e888f5

本記事は、2016年11月21日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る