生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. アジアン&大人なインテリアコーディネートのポイント

アジアン&大人なインテリアコーディネートのポイント

2014年03月10日作成

 views

著者は2年前に新築マンションに引っ越した際、アジアン家具で部屋のインテリアを統一しました。その際の”大人”インテリアコーディネートのポイントをご紹介します。

著者の場合、アジアン家具の購入は全て同じショップでしました。同じショップで購入すると部屋に統一感が出ますし、まとめて買うので割引にもなります。

目次

著者が購入した家具について

著者が家具を購入したショップは、アジアン家具専門の”a.Flat"です。ベットやチェスト、キッチンボードやダイニングセットも全て”a.Flat”にて購入しましたが、インテリアの”軸”として購入したのはソファーとローテーブルです。

ソファー(大)

  • サイズ:幅140センチ×奥行75センチ×高さ66センチ
  • 素材:ラタン
  • 価格:92400円

ソファー(小)

  • サイズ:幅75センチ×奥行75センチ×高さ66センチ
  • 素材:ラタン
  • 価格:65100円

ローテーブル

  • サイズ:幅100センチ×奥行55センチ×高さ38センチ
  • 素:アッシュ
  • 価格:48300円

「大人スタイル」なインテリアの選び方

著者は新築マンションに引っ越したため、この先少なくとも10年はこの家に住むと考え、10年後にも飽きないインテリアコーディネートにしたいと考えました。今はカジュアルでポップな部屋に住みたい!と思っても10年後には「若過ぎる」と思う可能性があるからです。

そのように考えた結果、アジアンテイストであれば10年後も飽きないインテリアコーディネートになるのではと思い部屋のテイストを決定しました。その際の家具購入にあたるインテリアコーディネートのポイントを点をいくつか紹介します。

ポイント1:統一感

ベースの色の好みは人それぞれだと思いますが、ベースの色が少しでもちぐはぐになると部屋に統一感は出ません。著者の場合はベースを”こげ茶”にして、全ての家具を同じこげ茶に統一しました。

ポイント2:さし色は2色まで

著者の場合はベースをこげ茶にしました。そのぶん部屋の雰囲気が暗くなりがちです。そこでさし色として、グリーンと赤を使いました。グリーンはメインのさし色としてソファの布やクッションカバーなどに、赤はサブのさし色として加湿器や暖房器具などに使いました。

さし色を2色までにすると、部屋の”ポイント”にはなりますが、部屋の統一感を乱すほどではありません。その際、メインとサブのさし色の「明度」は統一したほうがいいと思います。明度は低い方が落ち着いた雰囲気、高いほうが若い雰囲気になります。

明度の見極め方が難しい場合は、商品を同じお店で色違いで購入する(クッションやベッドスプレッドなど)、またはインテリアショップの店員さんに相談してみるものいいと思います。

ポイント3:長く使うことを考えれば金額が高くても購入

部屋をまとめてコーディネートしたいとなると、いくつかの家具をまとめて買うことになるかと思います。なので少しでも安い物を……と思いがちですが、長い目で考えて「安い物を短い期間」使うか「多少高価でも長い期間」使うかを考えた結果、著者は「多少高価でも長い期間」使いたい、と思いました。

家が満足のいくインテリアでくつろげる場所になれば、多少高い家具でもコスパが高いと言えます。この点は価値観により違いがあると思いますが、著者は今のインテリア家具にとても満足しています。

コーディネートのポイント

「アジアンスタイルで大人」なインテリアコーディネートのポイントは、さし色の明度を低めにすることだと思います。可愛らしい元気なコーディネートにしたいならば、ランチョンマットやテーブルランナーなどに明度の高いものをその都度取り入れてみるといいと思います。

その他に睡蓮の葉や花の造花、アジアンテイストの置物などを飾ると、アジアン度が上がります。

おわりに

インテリアコーディネートは楽しいですが、何も考えずに気に入った物ばかり購入してしまうとごちゃごちゃしてしまい、後悔するはめになります。購入前に自分の部屋をどのようにしたいかじっくり考えて、大人なアジアンインテリアコーディネートを楽しんで下さい。

(image by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140304130812 531551ac405fc thumbnail

本記事は、2014年03月10日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る