生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 日本より安く買える?アジアのアキバ的電気街まとめ

日本より安く買える?アジアのアキバ的電気街まとめ

2014年03月05日作成

 views

日本の電気街と言ったら秋葉原ですよね。秋葉原を回ればどんな電化製品も手に入ります。

しかし、アジアには秋葉原に負けず劣らずの電気街はたくさんあります。

今回はそんなアジアの電気街を紹介しようと思います。

東アジア

中国の「華強路」

中国の経済特区深圳市にある「華強路」は、今となってはすっかり「萌え」の街となってしまった秋葉原と違って、完全にデジタルものの商品が多く販売されている街となっております。

テレビなど日本に比べたらかなり安く売っているものが多く、さらに値切ることも可能なようです。中にはパクリ商品も多くあるようなので純正だとダマされないように気をつけてくださいね。

中国の「中関村」

「中関村」は中国のシリコンバレーと呼ばれている場所です。

この地域は北京市内でも不動産価格が高いことでも知られていて、lenovoやファウンダーなどのIT企業が集積しています。

この街も秋葉原のようにアニメ系のお店が増え始めて来ているみたいなので、そのあたりも必見です。

台湾の「光華商場」

「光華商場」は、台北の秋葉原と呼ばれている場所です。

かつては古書や骨董を主に扱う場所だったのですが、国立台北科技大学が近くにあったため電気部品やパソコン、周辺機器を扱う店舗が増え、今に至っています。

AcerやASUS、SAMSUNGなどのメーカーのお店をはじめ、PCやタブレットを売っているお店がたくさんあります。

また、現在でも古書店や骨董店が多くあり、日本の統治時代のものも売っているようなのでそちらも必見です。

香港の「高登電脳中心」と「黄金電脳商場」

「高登電脳中心」と「黄金電脳商場」は香港の電気街です。名称は別ですが同じビルの一角にあります。なので、電気街と言うよりは電脳ビルとでも言ったほうが正しいかもしれません。

「高登電脳中心」には、マザーボード専門店、メモリー専門店、ストレージ専門店・・・など、小さな店が密集しています。ゲーム専門店では、昔のゲーム機やソフトも手に入れられます。

「黄金電脳商場」は地下にあるということもあって、怪しい物がおいてある店もあります。どんなものがあるか実際に見に行ってみると面白いかもしれません。

香港の「旺角電脳中心」

「旺角電脳中心」は香港の商業ビルです。ビルの2階から4階にコンピュータ関連ショップが集合している電脳ビルです。以前は海賊版のソフトが多く売られていましたが、取り締まりのせいか最近では激減しているようです。

詳しくは下記のリンクを参照して下さい。
旺角電脳中心

韓国の「龍山電子商街」

「龍山電子商街」は秋葉原と同程度の規模の電気街です。

龍山電子商街の面白い点は、同じ種類の店舗が連なって並んでいるところです。例えば、ひとつの通りに携帯電話販売店しかないというようなこともあります。

韓国は値札の掲示が少ないので実際に買いに行くならば、韓国語を多少覚えて行くことをおすすめします。英語はあまり通じないことが多いそうです。

南アジア

タイの首都バンコク

バンコクには電気街がいくつかあります。

全体的に秋葉原と比べると品揃えなどは見劣りしますが、携帯電話を販売する店舗が多い点に関しては勝っています。

もし、日本の人ががバンコクの電気街で何か買うとしたらSIMフリー版(国際版)の携帯電話が良いでしょう。他にもAdobeの海賊版ソフトが格安で売っていますが、日本にそれを持ち込むことは法律で禁じられているので注意しましょう。

インドの首都デリー

インドはIT大国であることを知っている方ならば、インドにも電気街があることが納得できますよね。

しかし、デリーの電気街は普通の電気街とは環境が全く違います。パソコンショップと普通の買い物客に混じってゴミを食べる野良牛がいたり、野良犬、物乞いもいます。

そんな中で、PCショップも多数あり、中でもPCパーツを販売するショップが多く見られます。観光のついでに寄ってみるのもいいかもしれません。

おわりに

アジアの電気街はどうでしたか?

記事を読んで気になったところには旅行のついでにでも見に行ってみるといいかもしれませんね。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140305112002 531689d20a4ab

本記事は、2014年03月05日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る