生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon moneyマネー

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 100万円を貯めるコツ!「見える化」で楽しく貯金を続ける方法

100万円を貯めるコツ!「見える化」で楽しく貯金を続ける方法

2016年11月21日更新

 views

お気に入り

「お金が貯金できない」「貯金したくても貯まらない」といった悩みを抱えている人、なぜでしょうか?「節約術も貯金術も色々試したけど続かない…」そうです!実はお金を貯められない人は「モチベーションが続かない」という方がほとんどなのです。

今回ご紹介する「見える化」貯金の方法は、モチベーションを高くキープできるところがポイントです。この方法で、1000万円貯めた夫婦もいるんですよ。簡単な方法なので、今日からさっそく始めてみましょう!

「見える化」の効力ってなに?

そもそも「見える化」というのはどういうことかというと、お金が「いくら貯まっていて、あとどれくらい貯金すればいくら貯まるか」が明確にわかる状態にすることです。

見えることに「脳」は反応する!

例えば、透明な扉があったとしましょう。開ける時、向こう側に誰かが歩いてきたのが見えたら、きっと危険を避けて事故が起きにくくなると思います。脳は、見えることで未来を予想して「こうしよう、ああしよう」と考えるようになっているのです!

また、仕事も「TO DOリスト」で「見える化」すると効率がよくなりますよね。これは、今日やることが何か、いつまでにどのくらいやればいいのかがすぐにわかり、やる気が湧くからです。

貯金を普段から「見える化」することで、脳が刺激を感じ、モチベーションを維持することができます!

「見える化」で貯金を楽しく続けよう!

「見える化」のやり方は簡単です!ラジオ体操のスタンプシートを思い浮かべてください。あの要領で、紙にマスを書くだけで完成です。携帯などのアプリでは毎日目に入ってこないため、画像のように簡単に手作りして、コルクボードなどに貼っておくといいでしょう。

「見える化」成功のポイントは5つ!

  • 目標金額を決めてシートをつくる
  • 毎日マスを埋める
  • 埋めるのが楽しくなる工夫をする
  • 見えるところに貼っておく
  • はじめにいくらか貯金してマスを埋める

透明な扉の話のように、脳は「目標の到達地点」がわかる「結果」を自然と予測します。そのため目標金額を決めると「あともう少しで達成!」とモチベーションを維持できるのです。

その効力を高めるのが「はじめにいくらか貯金してマスを埋める」ことです。すでに一部が埋まっているので、目標までの到達が近くなりやる気が湧いてきます。

また、毎日見る・毎日マスを埋めることで、絶えず脳を刺激し、継続力をアップします。これを機会に「貯金して塗る」の1分間を習慣化してしまいましょう!

楽しく続けられるように一工夫!

「貯金する=楽しい」を関連づけるため、色で塗りつぶすのが好きな人は、マスを毎日塗りつぶしたり、シールが好きな人は好きなシールを毎日はって貯まる様子がわかるようにするといいでしょう。

例えば、塗り絵を用意して、塗る箇所を数えておきます。1日1回○円貯金したら、1カ所色を塗ると決めておきましょう。「1ページ、または1冊塗り絵が終わったらいくら貯まる」と金額を記しておけば、完成した達成感も貯金を貯められた達成感も両方楽しむことができますよ。

はじめようと思っても、なんだか面倒…という方は、カレンダーをそのまま利用してみましょう!シールを貼ったり、ペンでマークをつけてもいいですよ。

まずは3か月半の小銭貯金から試してみて!

まずは小銭というのには、理由があります。小銭を貯めることで「貯まる」ことが実感しやすくなるからです。大きなお金ではないので、増やすことを意識できるようになります。細かなお金にも気を配れるようになり、お金を大切にする習慣がつきますよ。

100円マスを100個つくれば、1万円シートの出来上がりです!1日1マスで、3ヵ月半後には1万円貯まることになります。1年続けたら36,500円ですね。少ないと思うかもしれませんが、全然貯められない人は、まずこのくらいの金額で続ける習慣をつけましょう。

貯められたら、次はステップアップして200円マスにすればいいのです!習慣づいてきたら、10万円を目標に、1週間で1,000円×100マスにチャレンジするのもいいかもしれませんね。

脳が貯める習慣を楽しみ始めるようになれば、あとはもう貯まって行くのを楽しみ続けるだけ!貯まったら何を買おうか悩んでくださいね。

もっとたくさん貯めたい人の「見える化」

「もっとたくさん貯めたい!」と考えている人は、貯金口座の中身を「見える化」しましょう!

ポイントは、もし目的別に口座が分かれていれば、全部の銀行の貯金額を合算して「見える化」することです。お金を引き出す口座を一緒にしてしまうと困るので別にしておきましょう。

「見える化」成功のポイントは同じですが…

100万円の目標であれば、10,000円のマスを100個です。10×10のシートをつくれば完成です。

小銭貯金の「見える化」と違うのは、「毎月貯金」であることと、「決められた期間」を目標にするのではなく、「金額に達すること」を目標にすることです。貯金する金額も3万円~5万円としておくといいでしょう。

「100万円が長い道のりだな…」と感じたら、10万円ごとに色を変えたりご褒美を用意しましょう。無理なくお金を貯めること、楽しく貯金することが続けていくためのコツです。

貯金箱も工夫すると更にモチベーションアップ!

今は、ユニークな貯金箱がたくさんありますね。貯金するのが楽しくなるような貯金箱を使えば、もっともっとモチベーションが上がります。

ぜひ「面白い貯金箱」と「見える化」を合わせて実践してみてくださいね!

(image by amanaimages)
(image by 著者)
(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140303171757 53143ab549fa0
  • 20140303155423 5314271f0abd2
  • 20140305150137 5316bdc1a4490

本記事は、2016年11月21日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る