生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon moneyマネー

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 「スベったらペナルティー貯金」?!楽しみながら長く続けられる貯金6種類

「スベったらペナルティー貯金」?!楽しみながら長く続けられる貯金6種類

2014年02月28日作成

 views

最近は日常生活の中でできる、こじんまりとした貯金が密かなブームになっているそうです。ですが我慢ばかりだと長く続かないので、できれば楽しくできるものが良いですよね。

貯金術には「ポケットの小銭貯金」「~したつもり貯金」など、面白いものがたくさんありますが、ここではあまり聞いたことがない、オリジナリティ溢れるものをご紹介します。

目次

同居人がいる人向け

早起きしてくれてありがとう貯金

同居人が早番の時などに一緒に起きてあげたら、「早起き手当」をもらって、それをそのまま貯金箱に入れるという方法です。起きてもらう方も「悪いなあ」と思っているはずですから、わだかまり解消に良いですよ。

夜バージョンの、「遅くまで起きててくれてありがとう貯金」も良いかもしれません。お互いが気持ち良くできるように、無理の無い金額で続けるのがおすすめです。頑張りを認められて、お金も貯まるなんて素晴らしいですよね。

料理が好きな人向け

ランチ代が浮いちゃった貯金

ランチは外食で済ませる事が多い人がお弁当を持っていった時に、浮いたランチ代を貯金します。その溜まったお金で後日豪華ランチなんて良いですよね。

いつもよりお昼を少なめに食べた時に、浮いた分を貯金するのもおすすめです。安く済ませようと我慢するのではなく、「たまたま出費がなかったから」と気楽に貯めるのが長く続けるポイントです。

めんどくさがり屋さん向け

出すのが面倒だから貯金

お金を何枚かの封筒に入れて、家のどこかにしまいこみます。あまり開けない引き出しや、脚立に上らないと取れないような高い場所がおすすめです。出すのが面倒な場所ほど、効果が高いです。

同居人がいる場合は、どこかに隠してもらって、内緒にしてもらうのも良いかもしれません。つい散財してしまう人におすすめのやり方です。

自分に厳しい人向け

スベったらペナルティー貯金

面白い話をしたつもりが完全にスベってしまった時に、小銭を貯金箱に入れます。お金が貯まった時に「こんなにスベって来たのか…」と複雑な気持ちになりそうですが、自分に厳しい人ほど貯まりそうですね。

ちょっとしたミスをした時にペナルティーをもうけるのは、戒めのようになって良いですね。「寝坊していつもの電車に乗れなかった時」「この作業が3時までに終わらなかった時」など仕事や家事に関係することに決めれば、お金が貯まると同時にステップアップもできそうです。

恋人がいる人向け

割り勘にしたつもり貯金

デートした時に、おごってもらった金額を割り勘したことにして貯金します。恋人がこんな風に考えていてくれた事を知ったらたまらなく嬉しいですね。その貯金で一緒にどこかに出かけたり、将来のために使えたら素敵です。

恋人がいない人は、誰かにごちそうしてもらった時やお得な割引を受けた時に、浮いた分を貯金すると良いかもしれません。思いがけず出費が少なかった時に使える方法ですね。

おしゃれさん向け

いつかルブタンの靴を買うぞ貯金

女性の憧れのシューズブランド、クリスチャン・ルブタンの靴は、6~10万円くらいします。その憧れの靴を買うために、1年計画で毎日300円ずつ貯金するというものです。

ルブタンじゃなくても、ちょっと無理をしないと買えない値段のものを目標にして貯金するのは、前向きな感じで良いですよね。苦労して貯めた分、大事にできそうです。

おわりに

自分の生活習慣や性格に合った貯金なら、長く続けられそうですね。

従来の方法ではうまく貯められなかったという人は、ぜひここで紹介したものを試してみてくださいね。

(image by amanaimages)
(image by amanaimages)
(image by amanaimages)
(image by amanaimages)
(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140228155647 5310332f58c3b
  • 20140228165659 5310414bbda38
  • 20140228165809 531041913e960
  • 20140228170417 53104301abc59
  • 20140228171246 531044fe60d49

本記事は、2014年02月28日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る